Blog

フランス・イギリス買い付けレポート㉒&KUON(クオン)|Camp Cap


TENDER Co. TRESTLE SHOP POP UP!!!

&

2020 AUTUMN&WINTER Exhibition

3/20(fri)~3/22(sun) 12:00~20:00


洋服をメインとしたTENDER Co.とは別に、

デザイナー・ウイリアムと彼の妻・デボラによりプロデュースされる

彼らのライフスタイルに基づいたプロダクト開発。

それがTRESTLESHOP。

この度TRESTLE SHOPのポップアップストアを、

3日間の期間限定で行うことになりました。

TENDER Co.のコレクションを考えている時に浮かんだ実験的なアイデアや、

製品化には至らなかった型破りなデザインが並びます。

それはまるでウイリアムの頭の中を覗いているような感覚。

TRESTLEとは、トレッスル(鉄道架台)橋を意味します。

蒸気機関車時代の機械やユニフォームから

インスピレーションを得るTENDER Co.ならでは。

その架台の上で無邪気な子供のように作り上げられた数々のプロダクトを、

是非ともご覧ください。

また2020年秋冬にリリースされる、

デニムジャケットとジーンズの受注会を同時開催いたします。

TENDER Co.が2010年秋冬に発表したファーストコレクションが

10年ぶりに復活。

さらに10周年を記念した特別なディテールになっています。

(詳細は店頭にてご確認下さい。サンプルをご覧いただけます。)

メールでもご注文を承っております。お気軽にお問合せください。

またこのオーダーフェアを最後に、ジーンズの生産は一時中断致します。

是非ともこの機会にご発注ください。


―注意事項-

※デポジット(保証金)として、1アイテム毎に10000円を頂戴いたします。

キャンセルは不可。

万が一キャンセルとなった場合、いかなる理由においても返金は行いません。

何らかの事由により、製品がご用意できなかった場合のみ返金致します。

※WOADは天然染料を手作業にて行うため、染めムラがございます。稀に染まってないように見える場合でも、現状でのお渡しとなります。

※生産に大変手間のかかる製品ですので、納期は2020年8月~2021年頃までとさせていただきますが、

 納期遅れによるキャンセルはお断りいたします。

※上記注意事項にご理解いただける方のみ、ご注文を承ります。


―期間中の店舗運営に関して―

期間中はドアを開放し、換気を十分に行います。

入店の際は、手のアルコール消毒をお願い致します。

(アルコールはご用意いたします。)

熱がある方のご来店は、お断りいたします。

混雑した場合は、入店規制を行う場合もございます。

何卒ご理解の程、よろしくお願いいたします。







ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「財務の日」だそうです。

数字? 弱いよ!




というわけで、マンチェスターはナショナルフットボールミュージアム

(国立サッカー博物館)からどうぞ!

まさかの蹴鞠(けまり)までサッカーの歴史に入っとる!?

てのを知りたかったわけじゃなくて、リサーチしたかったのは古いユニフォームでした。

こちらは100年以上前のサッカーユニフォーム

今じゃヒモなんて考えられないですね。危ないし。

昔はミサンガが流行った頃も危ないっていわれたの思い出します。

(ミサンガ付けれるほど上手くなかったけど。)

このV字デザインとか、今後の参考になったりもしますね。

でも探しに行ったのは、もうちょっと新しい年代の物。

こちらは1968年にウェンブリースタジアムで行われたヨーロッパカップのTシャツ。

マンチェスターユナイテッドが優勝した時の物。

そしてそのタグを見ると・・・

UMNRO!!!アンブロの刺繍タグでございます!

これがもし買い付けで見つかったら、個人的にはスペシャルヴィンテージだなあ。

バブアーの白タグ並みに嬉しくなると思います。それくらい価値がある。

お次は1972年のFAカップ。

アーセナルとリーズユナイテッドの試合だったんですね!

ここにもアンブロ!

60年代頃からずっと、サッカーとアンブロは切っても切れない関係なんですね!

今じゃナイキやアディダスよりちょっと安くて手軽なブランドになっちゃってますが、

プレミアリーグが好きな方は、やはりアンブロにこだわって欲しいですね!

もちろんブンデスリーガが好きならアディダス

リーグ・アンが好きなら・・・ルコック?(スパイク生産終わってた・・・)

セリエAなら、、、ロットでしょう!www(なぜ笑う)

リーガエスパニョーラはシラネ。

やっぱね、俺らの時代だとナイキにサッカーのイメージは無いんですよ。(老害)





じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】KUON(クオン)

【アイテム】Camp Cap

【価格】¥16,500-(税込)

【コメント】

KUONからも春物が届いてますよ!!!!!

ていうか今季はちょっと少な目だったので、オーダーしたやつ全部届いてます。

中でも、毎回ついオーダーしちゃうのがキャップ。

しかも5ピースのキャンプキャップタイプ。

いわゆる5ピースってやつですね。

だいたいこの手のキャップって、5ピースのキャンプキャップか

6ピースのベースボールキャップに分かれるじゃないですか?

で、私の肌感覚として6ピースのベースボールキャップの方が人気があると思ってます。

それは恐らく、頭の鉢が大きい人が多い日本人にとっては、

6ピースの丸みが強いキャップの方が相性が良いから。



ですが、KUONのキャンプキャップは違います。

アメリカ物ほど浅くなく、しっかり深さがあって非常にかぶりやすい。

そしてかなりの確率で似合う!!!!!

もちろんホールド感も抜群なんですよねぇ。

そのあまりにもかぶりやすく、且つコーディネートに変化を付けやすいあまり使用頻度が高く、

2年前に購入してからというもの、最もかぶっているキャップになってます。



またシーズン毎にリリースされる定番の形ではあるのですが、

そのシーズンで使用される生地をベースに作られるので、

毎回新鮮で楽しみにしているアイテムでもあるんです。

今回は2種類。

まずは青いタッターソールが特徴の「遠州藍織」生地。

遠州藍織といえば、当ブログをご覧の方ならおなじみですかね?

静岡のあの生地です。辻村さんとこ。

で、ポイントはやはり柄。

なんとこのチェック柄、藍染めの糸を織り込んでるんですよ。。。

その上で刺し子。ハンパないわ!

オレンジ色のスエードとのコンビも素晴らしいと思います。

タッターソールといえばイギリスの伝統柄。

それをベースに日本古来の生地で織り上げストリートに落とし込んでいる。

昨年のラベンハム以降、ブリティッシュテイストを取り入れているにもかかわらず、

あまりにも自然に製品として成立するところにKUONのセンスを感じます。

落とし処とはまさにこのこと。


だって、ブリティッシュテイストって結構押しつけがましくない?www

例えばユニクロ×JWアンダーソンのコラボ見たって、

「あ~イギリスってこうだよね」ってなるじゃないですか。



でもKUONの手にかかればあら不思議。

これイギリスの伝統柄だよ、って言われないと誰も分からないでしょ!?

それくらいさりげないのが好みなんです。


次は、昨年も出てた生地。

こちらはリネン100%に「墨汁コーディング」なるものを施したもの。

オールブラックですが、墨汁コーティングがだんだん剥がれてくると

コントラストが利いてきて、チェックも目立つようになります。

その辺の経年変化も含めて楽しめるキャップ。

またスベリと呼ばれる、帽子をかぶった時に頭に当たる部分。

こちらは柔らかいパイル生地が仕込まれているので、かぶり心地もいいですよ。


それがいっぱいかぶった私の感想です。

それがおかげさまで人気で、各色1点づつとなってしまいまいた。

お早目にお願いしまーーーす!






それではまた。お店で会いましょう。