Blog

フランス・イギリス買い付けレポート㉔&TENDER Co. TRESTLE SHOP POP UP!!! & 2020 AUTUMN&WINTER Exhibition


TENDER Co. TRESTLE SHOP POP UP!!!

&

2020 AUTUMN&WINTER Exhibition

3/20(fri)~3/22(sun) 12:00~20:00


洋服をメインとしたTENDER Co.とは別に、

デザイナー・ウイリアムと彼の妻・デボラによりプロデュースされる

彼らのライフスタイルに基づいたプロダクト開発。

それがTRESTLESHOP。

この度TRESTLE SHOPのポップアップストアを、

3日間の期間限定で行うことになりました。

TENDER Co.のコレクションを考えている時に浮かんだ実験的なアイデアや、

製品化には至らなかった型破りなデザインが並びます。

それはまるでウイリアムの頭の中を覗いているような感覚。

TRESTLEとは、トレッスル(鉄道架台)橋を意味します。

蒸気機関車時代の機械やユニフォームから

インスピレーションを得るTENDER Co.ならでは。

その架台の上で無邪気な子供のように作り上げられた数々のプロダクトを、

是非ともご覧ください。

また2020年秋冬にリリースされる、

デニムジャケットとジーンズの受注会を同時開催いたします。

TENDER Co.が2010年秋冬に発表したファーストコレクションが

10年ぶりに復活。

さらに10周年を記念した特別なディテールになっています。

(詳細は店頭にてご確認下さい。サンプルをご覧いただけます。)

メールでもご注文を承っております。お気軽にお問合せください。

またこのオーダーフェアを最後に、ジーンズの生産は一時中断致します。

是非ともこの機会にご発注ください。


―注意事項-

※デポジット(保証金)として、1アイテム毎に10000円を頂戴いたします。

キャンセルは不可。

万が一キャンセルとなった場合、いかなる理由においても返金は行いません。

何らかの事由により、製品がご用意できなかった場合のみ返金致します。

※WOADは天然染料を手作業にて行うため、染めムラがございます。稀に染まってないように見える場合でも、現状でのお渡しとなります。

※生産に大変手間のかかる製品ですので、納期は2020年8月~2021年頃までとさせていただきますが、

 納期遅れによるキャンセルはお断りいたします。

※上記注意事項にご理解いただける方のみ、ご注文を承ります。


―期間中の店舗運営に関して―

期間中はドアを開放し、換気を十分に行います。

入店の際は、手のアルコール消毒をお願い致します。

(アルコールはご用意いたします。)

熱がある方のご来店は、お断りいたします。

混雑した場合は、入店規制を行う場合もございます。

何卒ご理解の程、よろしくお願いいたします。


ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「精霊の日」だそうです。

グラストンベリー中止になっちゃった。。。ぴえん。

てかぴえんって何?




というわけで、マンチェスターくらい遠くまで行けば、

グラストンベリーも行ける気になってたので、いつかは以降と思います。

ちょっと画像はアレですけど、すっごく古いサッカースパイク。

これ、このまま革靴にしてもカッコいいなって思って。

さらにスパイクでもこの紐の結び方やるんだ???って思って。

違うかな?ディスプレイ用かな?

ドクターマーチンでサッカーやるの?????と思ったら、

こちらは悪名高いフーリガンの資料でした!!!!!

今じゃフーリガンはストーンアイランドを着る時代ですが、

やっぱり個人的にはスキンズ寄りのドンキーやハリントン着てるのが好きですね。

だってさ、フーリガンのルーツってスキンズじゃなかったっけ?

あ、まあ老害みたいなこと言っちゃった。。。

それ以外にもなんだかよく分からない服も置いてありました。

でも今見ると、ジョージ・ベストの私服かな?オシャレな人だったんでしょう。

なんかスタートレックみたいだけど?

でもこれエアロジッパーですからね。古いですよ。60年代。

でもサッカー博物館で、こんなに洋服見れるとは思わなかったですね。

洋服ってこうやって何にでも関連してくるので、興味が尽きないんですよね。

だから服は面白い。





そして、今週末はいよいよTENDER Co.のポップアップ。

本日商品が届きまして、本日中に検品を終え、

明日の休みを利用してレイアウトを整え、

なんとか金曜日にはオープンできそうです。

さらに金曜日にもサプライズ的な入荷もあったり。

半信半疑なので、届くのを確認してからインスタにアップします。

ウェアもラック1本分はあり、十分トランクショーと呼べます。



というわけで、本日はポップアップのためにテンションを挙げていく意味で、

また受注会用の商品はアップできませんが、それに近いデニムを用意したので、

ご覧いただきたいと思います。


ドウゾ!

というわけで、まずは基本の「TYPE130 Tapered(テーパード)」。

生地はアンボーン(ノンウォッシュ)。

私が10年間書き続けたブログの中で、おそらく最も多くの方に見てらってるのが

こちらのブログではないでしょうか?

TENDER Co.(テンダー)のTYPE130 Tapered Jeans -UNBORN-(Click!)

すべてはここから始まった・・・・・感が否めませんね。

前の店舗の写真もあったり。懐かしいです。

本当に苦労しました。

お店の運営も、テンダーを売ることも。

その時の血と汗と涙が、このデニムに沁み込んでると思うと・・・

早く洗濯しなきゃ!!!って思いますね!wwwww

ウソウソ。ちゃんと洗ってからディスプレイしてますから~!

あとベルトね。せっかくジーンズ買っていただいたのに、

ベルトまでって人は半年に1人くらいしかいません。

まあ両方買ったらかなりの出費だから、俺もおいそれと勧められなくてね。

でもこの極厚のベルトを通すためのベルトループなので、やっぱりいつかは付けて欲しいです。

今回のポップアップを期に。ベルト、いっぱいあるよ。



以上がマイファーストテンダー。

セカンドがこちら。

こちらはTYPE132 Wide StraightのLogwood(ログウッド)染め。

本来であれば基本のテンダーはこの132ですが、個人的に130が好みなだけです。

でもやっぱり132を履いちゃうと、「これがテンダーだよな」って思いますね。

先ほどの130は5年ほど履き、132は3,4年かな?

今じゃすっかり132ばかり履いちゃってますね!

大分ログウッドも落ちちゃいましたが、部分によっては黒(というか茶色?)が残ってますね。

色落ちした部分はアンボーンと同じような感じですが、

インディゴが残ってる部分はログウッドが残り、濃淡のコントラストが強いなと思います。

履き始めはブラックデニムみたいでしたからね!


そしてサード長嶋。

こちらは細身ストレートの129というモデルです。

そして3本目にして、私もようやくWOAD染めをゲットするわけです。

当時の私も、その価格にビビって買えなかったんですよ。www

セレクトショップのオーナーっていったって、そんなもんです。(苦笑)

さらにもっと貧乏くさいのが、お客様には「ガンガン履いて!」って言ってるくせに、

自分はけっこう大事に履いちゃってることですかね!(内緒だよ)

ただでさえ色落ちが遅いWOADなのに、なかなか色が落ちません!!!

だからお客様の気持ちもとってもよく分かるんです。

でも心を鬼にして言います。


「買って、履け。」(麻鉱)

買って 

履けえェェ!!!!!



いきなりジーンズだけ人気が出ちゃって、工場がもう限界なんです。

だから休まざるを得ない。

生産中断する前の最後のチャンスなんです。



でもね、さすがに試着しないで買うのはちょっと・・・と思うでしょ?

そのために私の私物もサンプルとして用意しているのですが、

サイズ4以上の大きいサイズだけでは、多くの人が参考になりません。

なので、当店でも国内指折りのテンダー所持者であるS藤さんにサイズ2をお借りしました。

これで準備万端。

こうして並べてみると、壮観ですね!!!

左から、濃いWOAD、3年物WOAD、4年物LOGWOOD、5年物アンボーン。

やっぱりデニムは素晴らしいね。

もし俺が明日死んじゃっても、生きた証が刻まれてる。

男達の多くがなぜデニムが好きかって、なんとなく分かるなぁ。



あ、そうだ。ジャケットもオーダーできますからね。

こちらのWOADタイプの特別バージョンがオーダーできます。

ジーンズと違って、着る機会が少なくなるので、まあ~色落ちが大変だこと。

ちなみにこのTYPE900デニムが過去に発売されたのは、

テンダーのファーストシーズンである2010年と、

DIARIESが別注をかけた2017年の2回しかありません。

個人的にも、とても思い入れがあるアイテムです。



というわけで8年間、TENDER Co.の入荷の度に、

明日くたばるつもりで紹介文を振り絞ってまいりました。

それがようやく実を結び、多くのお客様に伝わる時が来たかと思います。

この日を迎えたことに後悔はありません。(月に負け犬ぽく)






それではまた。お店で会いましょう。