Blog

ブログについて。

※9/4(水)・9/5(木)は、休店日とさせていただきます。

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「口コミの日」だそうです。

結局は、お客様に来店していただけるのは、お客様のクチコミが最も大きかったと思います。



お陰様で10周年を記念して別注をかけたテンダーも、残り少なくなってまいりました。

言ってもそんなすぐには完売しないよな・・・と残りの在庫を見つめつつ、

良い物が届いたなあ、と。

そして皆様に喜んでもらえて、本当に、本当に良かった。

忙しかった日曜日と、いつもよりちょっとだけ忙しかった月曜日があり、

驚くほど暇だった今日は、余韻に浸らせてくれる時間を与えられたのでしょう。

お陰様で、最も古くから来ていただいているお客様と、じっくりお話させていただくことができ、

今から現在と、そしてこれから向かうべき道が、うっすらと見えたような気がします。



そして9月5日。diariesは10周年を迎えます。



その前の最後のブログは、何を書こうかな。

お店ってのは10年で1割しか・・・とか、そんなことはどうでもいいや。

かといって、苦労自慢は移転の時に書いたしな。→移転のため、一時閉店致します。



やっぱりdiariesといえばブログかな?

ブログを書こう。いや、ブログを書くことについて書こう。

我ブログ書く、故に我あり。



さて、なぜこうも毎日ブログを書き始めたのか?

「diaries=日記だから毎日書かないとね」と、

千葉のandanteandante(Click!)のS藤さんに言われたのは本当のこと。

でも人に言われたからではこうは続かない。

ブログを書くにあたり、1つの目標があった。

それは「服のウィキペディア」を作ること。フクペディア。



なぜそのような目標を持ったのか?

それは「diariesがお客様にとって、無くてはならないもの」になるためだった。

具体的に言うと、例えば物を買う時にまずどするか?

リサーチしますよね?今はネットで探すのが一番早くて正確かもしれないけど、

昔は「詳しい人」に聞くしかなかった。

〇〇のことなら、その人に聞けば間違いない!ってやつね。

僕はお客様にとって、「服のことなら何でも相談できる詳しい人」になることで信用を得、

そしてその上で、diariesがお客様のおめがねにかなって信頼されればいいなと思った。

だから毎日、一生懸命書いた。



そして実はもう一つの理由がある。

さっきのは「お客様へ向けて」書いていたが、それ以外にも読んで欲しい人がいる。

それはショップスタッフの方々。



これは過去のアパレルの経験に基づいている。

僕がこのアパレル業界に足を踏み入れたのは、2000年3月の事。

下北にあったFour Cornersという小さな古着屋のバイトだった。

オーナーのF原さんは、何も分からない自分に対し、

商品から接客から一般常識から色々な事を教えてくれた。

そして「お前もっと大きなところで揉まれた方がええで。」と言われ、

言われるがまま数か所面接を受け、たまたま入社できたのがベイクルーズの

ジャーナルスタンダード。


よし、大手(その頃はまだ大手じゃなかったけどw)でのし上がってやるぞ!とはいうものの、

これがなかなかの体育会系で、商品知識を学びたくてもバイヤーに質問すると怒られる始末。

かといってインターネッツも今ほど情報が載っておらず、

かたっぱしから雑誌を読んで、色んなお店に足を運んでリサーチして、

とにかく自分から情報を取りに行くしかなかった。



こちとら良い接客をしてお客様に満足してもらいたいのに、

なんでこの会社は何も教えてくれないんだ?と、フラストレーションが溜まる一方だった。

だからいつか自分が変えてやろうと思った。



なんだけど、俺ってダサくてさ~~~!

結局バイヤーになることはできなかったんだよねー!www

上司とケンカしてばかりで全然評価されなくてさ、都落ち同然に茨城に戻ってきて、

もう自分でやったれー!ってことでお店をオープンしたんです。



そうやってね、ブログを書いて書いて、自分が見聞きした情報を一生懸命開示して、

少しでもアパレル業界の訳に立てればいいなと思ってたわけ。



お客様も、この業界の人も、みんなが少しでも「洋服が楽しい」と

思ってもらえるようになってくれたらいいな。

その思いが、10年間続けさせてくれたんだと思います。



これは俺の洋服への恩返し。

吃音症のせいで根暗でコミュ障で、自分に自身の無かった小学生の男の子が、

初めて「自分で選んだ服」を着た時に、ヤンキーの同級生から

(田舎ではヒエラルキーのトップはヤンキー)「お前それいいじゃん」って言われて変わったんです。

オシャレをするだけで、自分を見てくれるようになった。

オシャレをするだけで、人の目を見て話せるようになった。

オシャレのことを伝えたいから、吃るのも気にならなかった。



それでね、田舎育ちでファッションセンスゼロの俺でも、

ある程度の知識を得ることができれば、オシャレに見えるんです。

それも証明したかった。



ブログを書き始めた頃は、ウンチクばかりだとか、写真より文字が多いとか揶揄されたけど、

それでも俺には情報が必要だったし、センスが無くてビジュアルで伝えられないから、

言葉で伝えるしかなかった。



だからブログを書き続けた。

そしてこれからも・・・・・と言いたいところなんだけど!?!?!?



ちょっとここ数か月ブログのアクセス数が増えてなくて、ちょっぴり凹んでます!

んん~、何が悪いのか分からない。

確かにこの10年は、ブログの書き方はニーズに合ってた気がする。

だけど次の10年はやはり動画なの???分からん。

そんなこと考えてたらちょっと疲れちゃって、頭を冷やそうと思います。

多分スランプ気味。

申し訳ないんですけど、ブログ休みます。

あ、でも商品紹介はちゃんとしますよ!



と、そこで私は思いつきました。

旧ブログを公開してはどうかと!!!!!!

昔からのお客様には、たまに聞かれるんですよ。「前のブログ見れないんですか?」って。

なので、10周年ということもあり、期間限定で公開しちゃおうかなと思いました!



さっき読んでみたんですが、死ぬほど恥ずかしいです!

若い!何がって、文章が若い!

でも毎日続ければ、こうやって書けるようになったんです!



あと、昔のdiariesはこんな服を扱ってたのか~と見てもらうのもいいかも?

色んな理由で取り扱えなくなったのもあるけど、

でも基本的には昔からテイストは変わらないな~と思いました。

ホント全然ブレなくてつまらない店ですよ!wwwww


一挙公開と思ったのですが、メチャクチャ記事数あるので(1800件)

1年間づつ限定公開していきます!


お時間のある時にでも読んでください。

ではドウゾ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

https://dairies.exblog.jp/つくばのセレクトショップ「ダイアリーズ(Diaries)」のダイアリー





それではまた。お店で会いましょう。