AUBERGE

AUBERGE|CC BAGS|Natural

auberge2102-0001-30
SIZE
ラッピング
  • 商品説明

    【商品説明】
    1920年代から50年代まで、オックスフォード大学の不良が穿いていたと言われるオックスフォードバッグスというパンツがあります。
    Bag=袋の名の通り、片足づつ袋を穿いたような太さが特徴で、バギーパンツの語源となったとも言われています。
    そこからインスピレーションを得て、1940年代のディテールを再現しつつ作られました。
    オックスフォード大学があるイギリスで1940年代といえばCC41(=物資統制)の時代。
    簡略化されたデザインながら、ポイントを抑えたディテールが見どころ満載です。
    まずはウエストのボタンとテングに加えて、ウエストバンドと前身頃の間のスリット上のボタンホールが特徴です。またサイドのステッチも、織り伏せ縫いをあえて不完全な状態で仕立てたもの。履きこむとステッチ部分が浮いてきて、側章のように見えるようになります。
    素材はオーガニック茶綿。綿の原種とも言われる茶綿に一切を加えず、綿そのままの色となっております。

    【サイズ・寸法】
    38・・・ウエスト74cm、ワタリ幅34cm、裾幅25cm、股下74cm
    40・・・ウエスト80cm、ワタリ幅35cm、裾幅26cm、股下75cm
    42・・・ウエスト84cm、ワタリ幅37cm、裾幅27cm、股下76cm
    ※注意※
    家庭洗濯により、縦横ともに3%ほど縮みが生じます。すそ上げの際には数回の洗濯の後行うことをおすすめします。
    手作業採寸・素材の性質上、多少の誤差がございます。

    【色】
    Natural

    【素材・産地】
    表地:綿100%
    別布:綿85%、麻15%
    日本製

    ※商品についてご不明な点ございましたら、メールもしくは電話にてお気軽にお問い合わせ下さい。 またSOLD OUTになっている場合でも在庫確認致しますので、お気軽にお問い合わせ下さい。
    ※ご使用のOA環境により、色目が異なって見える場合がございます。
    ※店頭でも販売しているため、売り違いの場合がございます。

  • 商品説明

【商品説明】
1920年代から50年代まで、オックスフォード大学の不良が穿いていたと言われるオックスフォードバッグスというパンツがあります。
Bag=袋の名の通り、片足づつ袋を穿いたような太さが特徴で、バギーパンツの語源となったとも言われています。
そこからインスピレーションを得て、1940年代のディテールを再現しつつ作られました。
オックスフォード大学があるイギリスで1940年代といえばCC41(=物資統制)の時代。
簡略化されたデザインながら、ポイントを抑えたディテールが見どころ満載です。
まずはウエストのボタンとテングに加えて、ウエストバンドと前身頃の間のスリット上のボタンホールが特徴です。またサイドのステッチも、織り伏せ縫いをあえて不完全な状態で仕立てたもの。履きこむとステッチ部分が浮いてきて、側章のように見えるようになります。
素材はオーガニック茶綿。綿の原種とも言われる茶綿に一切を加えず、綿そのままの色となっております。

【サイズ・寸法】
38・・・ウエスト74cm、ワタリ幅34cm、裾幅25cm、股下74cm
40・・・ウエスト80cm、ワタリ幅35cm、裾幅26cm、股下75cm
42・・・ウエスト84cm、ワタリ幅37cm、裾幅27cm、股下76cm
※注意※
家庭洗濯により、縦横ともに3%ほど縮みが生じます。すそ上げの際には数回の洗濯の後行うことをおすすめします。
手作業採寸・素材の性質上、多少の誤差がございます。

【色】
Natural

【素材・産地】
表地:綿100%
別布:綿85%、麻15%
日本製

※商品についてご不明な点ございましたら、メールもしくは電話にてお気軽にお問い合わせ下さい。 またSOLD OUTになっている場合でも在庫確認致しますので、お気軽にお問い合わせ下さい。
※ご使用のOA環境により、色目が異なって見える場合がございます。
※店頭でも販売しているため、売り違いの場合がございます。