AUBERGE

AUBERGE|GM CORB|Black

auberge2102-0106-20
  • 商品説明

    【商品説明】
    ドイツの某ブランドが広めたと言っても過言ではない、あの極厚生地・ジャーマンレザー。ジャーマンレザーとは本来資材用の生地で、レザーのような耐久性を持たせた綿の朱子織の生地の通称になります。
    今回は服地として最強の厚みを目指し、ダイワインターテックが持つ太番手を打ち込める機械、ベルギー製のヴィンテージ織機「ピカノール」を使用し、作ることが出来ました。
    ピカノールはエアで糸を飛ばし織っていくのですが、通常は空気が噴き出す時のシュッという音がなるはずが、異常な密度とあまりのテンションにより、金属音が鳴り響いたようです。そうして織られた生地は、ヨコ糸にスビン綿を使用した贅沢な生地。しかし綿100%で作ると、重すぎるそして硬すぎるという、服として致命的なデメリットが発生してしまうことから、ヤクを5%ミックス。ヤクはカシミアと並び称される高級素材ですが、ヤクをミックスすることで硬質な生地に動きを持たせ、より迫力を出すことが出来ました。さらに綿100%の時よりも少しだけ軽く柔らかくなり、服としての実用性も増しています。
    そしてこのジャーマンレザーを当て込んだのは、AUBERGEのレザーといえば?のコルビジェジャケット。コルビジェがアトリエで好んで着ていたレザーコートの通称です。フレンチワークらしい丸襟や、ボタン下の補強テープとダブルの前合わせが特徴です。もともとは1930年代頃から、フランスの公務員、電気水道などの職員へ支給していたジャケットになります。元々は成牛の革を用い、ワークウェア用の革のなめしたものでした。ジャーマンレザーが経年変化し白っぽくなってきた時に、レザーの経年変化と同じように楽しめることでしょう。
    素材がうっすら起毛しているので、見た目はピーコートのようにも見えます。そのため、様々な着こなしに対応できます。

    【ブランド】
    AUBERGEは、Slowgunのデザイナー・小林学氏がデザインするブランド。歴史に残る写真・アート・映画・音楽・建築など様々なカルチャーをデザインソースに、日本が世界に誇る生地・パターンメイキング・縫製を組み合わせ、服の価値を世に問い続けている。

    【サイズ・寸法】
    38・・・肩幅43cm、袖丈61cm、着丈71cm、胸囲103cm
    40・・・肩幅44.5cm、袖丈62cm、着丈74cm、胸囲106cm
    42・・・肩幅46.5cm、袖丈63cm、着丈75cm、胸囲111cm
    44・・・肩幅48cm、袖丈66cm、着丈77cm、胸囲116cm
    ※手作業採寸・素材の性質上、多少の誤差がございます。

    【カラー】
    Black

    【素材・産地】
    表地:綿95%、毛(ヤク)5%
    裏地:キュプラ55%、綿45%
    日本製

    ※商品についてご不明な点ございましたら、メールもしくは電話にてお気軽にお問い合わせ下さい。 またSOLD OUTになっている場合でも在庫確認致しますので、お気軽にお問い合わせ下さい。
    ※ご使用のOA環境により、色目が異なって見える場合がございます。
    ※店頭でも販売しているため、売り違いの場合がございます。

  • 商品説明

【商品説明】
ドイツの某ブランドが広めたと言っても過言ではない、あの極厚生地・ジャーマンレザー。ジャーマンレザーとは本来資材用の生地で、レザーのような耐久性を持たせた綿の朱子織の生地の通称になります。
今回は服地として最強の厚みを目指し、ダイワインターテックが持つ太番手を打ち込める機械、ベルギー製のヴィンテージ織機「ピカノール」を使用し、作ることが出来ました。
ピカノールはエアで糸を飛ばし織っていくのですが、通常は空気が噴き出す時のシュッという音がなるはずが、異常な密度とあまりのテンションにより、金属音が鳴り響いたようです。そうして織られた生地は、ヨコ糸にスビン綿を使用した贅沢な生地。しかし綿100%で作ると、重すぎるそして硬すぎるという、服として致命的なデメリットが発生してしまうことから、ヤクを5%ミックス。ヤクはカシミアと並び称される高級素材ですが、ヤクをミックスすることで硬質な生地に動きを持たせ、より迫力を出すことが出来ました。さらに綿100%の時よりも少しだけ軽く柔らかくなり、服としての実用性も増しています。
そしてこのジャーマンレザーを当て込んだのは、AUBERGEのレザーといえば?のコルビジェジャケット。コルビジェがアトリエで好んで着ていたレザーコートの通称です。フレンチワークらしい丸襟や、ボタン下の補強テープとダブルの前合わせが特徴です。もともとは1930年代頃から、フランスの公務員、電気水道などの職員へ支給していたジャケットになります。元々は成牛の革を用い、ワークウェア用の革のなめしたものでした。ジャーマンレザーが経年変化し白っぽくなってきた時に、レザーの経年変化と同じように楽しめることでしょう。
素材がうっすら起毛しているので、見た目はピーコートのようにも見えます。そのため、様々な着こなしに対応できます。

【ブランド】
AUBERGEは、Slowgunのデザイナー・小林学氏がデザインするブランド。歴史に残る写真・アート・映画・音楽・建築など様々なカルチャーをデザインソースに、日本が世界に誇る生地・パターンメイキング・縫製を組み合わせ、服の価値を世に問い続けている。

【サイズ・寸法】
38・・・肩幅43cm、袖丈61cm、着丈71cm、胸囲103cm
40・・・肩幅44.5cm、袖丈62cm、着丈74cm、胸囲106cm
42・・・肩幅46.5cm、袖丈63cm、着丈75cm、胸囲111cm
44・・・肩幅48cm、袖丈66cm、着丈77cm、胸囲116cm
※手作業採寸・素材の性質上、多少の誤差がございます。

【カラー】
Black

【素材・産地】
表地:綿95%、毛(ヤク)5%
裏地:キュプラ55%、綿45%
日本製

※商品についてご不明な点ございましたら、メールもしくは電話にてお気軽にお問い合わせ下さい。 またSOLD OUTになっている場合でも在庫確認致しますので、お気軽にお問い合わせ下さい。
※ご使用のOA環境により、色目が異なって見える場合がございます。
※店頭でも販売しているため、売り違いの場合がございます。