BLOG

Martin Faizey(マーティンフェイジー)の1 inch Quick Release Buckle Belt

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「世界骨粗しょう症デー」だそうです。

それに合わせたわけではないですが、3日ほど前に骨折をしてしまいました!!!!!

もうすぐに分かったね。折れたって。尋常じゃない痛みだったもん。

これでも骨折するのは人生3回目。前の2回は中学のサッカー部で。(骨折りすぎ)

でもね、部活中ってアドレナリン出てるから、あまり痛みを感じないんですよ。

だから本当の骨折の痛みを体験したのは今回が初めて。

もうあれだよね。声が出ないの。っっっっっ・・・・・って感じ。

 

それにしても大人の骨折ってシャレになんないわ~。業務に支障でる!自営業ヤバイ~!

洋服が限られてしまうのがヤバいね。

 

ちなみに何で骨折したかっていうと、家の中で犬を追いかけてましてね、

ほら、ウチの犬って早いでしょ?結構本気で追いかけてしまったんですが、

曲がり切れなくてダイニングテーブルの脚にガツーン!ていうかドゴーン!いやバゴーン!といってしまったわけです。

 

来月に迫ったつくばマラソンも棄権ですね。

俺の2015年は終わった・・・

 

もうね、仕事の鬼になりますよ!

ゴリゴリ接客するからヨロシク!!!

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

M.faizey narrow (1) M.faizey narrow (2)

【ブランド】Martin Faizey(マーティンフェイジー)

【アイテム】1 inch Quick Release Buckle Belt

【価格】¥17,280-(税込)

【コメント】

今季もおなじみのクイックリリースバックルベルトが届いております。

久々の紹介なので、まずはブランド紹介からどうぞ。

M.faizey narrow (4)

—–

Martin Faizeyは、イギリス人の革職人。自らの名を冠したブランドは2011年秋冬から始まりました。
革職人として40年近いキャリアを持つ彼の代表的な作品が、
ヴィクトリア朝時代の消防隊員が使用していたバックルをデザインソースに使った「Quick Release Belt」。
クイックリリース=読んで字のごとく「素早く取り外し」できるベルト。
マーティン氏が「DAINES & HATHAWAY」(デインズ&ハザウェイ社)と共同制作し、世に送り出しました。
現在は、Martin氏がQuick Release Beltの全てを管理し、
英国ウォチェスター州の工房で、数名のスタッフと共に、オールハンドメイドにて制作しています。

—–

実はもうどこのブランドでも同じバックルを使ったベルトをリリースしてますし、
マーティンフェイジーより安いベルトも高いベルトもありますが、
私としては、このバックルを最初にデザインしたマーティンのクリエイティブに敬意を表す意味で、
このMartin Faizeyのベルトをセレクトし続けています。
どうせ使うなら最初に作った人のものを、という理由だけではありません。
私も様々な展示会でたくさんのベルトを見ますが、Martin Faizeyのベルトには、
オリジネーターの意地というかプライドというか、
そういった「気持ち」がベルトを通して伝わってくるような、そんな気がするのです。

 

そしてマーチンさんのオリジナリティは何かというと、ベルトというからにはやはりバックルのデザイン。

M.faizey narrow (5)

ブランド説明にもある通り、もともとはヴィクトリア朝時代(1837~1901年)の消防隊員が使う備品の1つとのこと。
恐らくホースか何かの消防道具をまとめるために使われていたそうで、
普段はガッチリとホールドしつつも、緊急時には簡単に外せるようになっているのでしょう。
それをベルトに初めて応用したのがMartinだったというわけです。
何か緊急でベルトを外さないといけない時でもあったのでしょうか?俺もよく腹痛くなるし!

ちなみにすぐに外れるとはどういうことかというと、

a0136223_18401186

ここを親指でカチャっと押すんですよ。

a0136223_18403142

革がなじんでくれば、これでパチーンと外せるようになります。

つまりクイックリリース。

 

シンプルなデザインながら最小限のギミックが施されており、尚且つ機能的。

 

またいくら良い洋服を着ていても、靴は当然として小物まで気を配れているかどうかで、

その人の人とナリがある程度は分かってしまいます。

そういう意味でも、やたら派手なベルトで自己顕示欲をアピールするわけでもなく、

(俺もとりあえずHTCのスタッズベルト付けてる時もあったな・・・)

どうせ見えないからといって、適当に選んだ物を付けるわけでもなく、

非常にバランスが良いのがこのベルトなんです。

 

さらに実は今季だけ、そのバランスを変えてみました。

M.faizey narrow (3)

左が今季入荷してきたもので、右が今まで取り扱ってきたもの。

ベルトの太さが違います。細い方が1インチ=2.5㎝で、太い方が1.25インチ=3㎝。

 

実は、これまで5年間マーチンフェイジーのベルトを取り扱ってきましたが、常に1.25インチの方でした。

基本的にベルトは3㎝が標準ですからね。

 

ただ、このベルトを使いたいんだけど、どうにもバックルのボリュームが気になる、

かといってシンプルすぎる普通のベルトでは物足りないというワガママこだわりのあるお客様もいらっしゃいました。

そんな方のために、これならいかがでしょうか?という思いで、今季は1インチタイプをセレクト。

 

また、最近のdiariesのラインナップを見ても分かるように、

例えばarbreのパンツのようなドレッシーなシルエットのパンツも扱うようになってきました。

そのようなパンツに合わせることも考えてです。

ちなみにフォーマルなベルトの太さとは、2.5~3.2㎝くらいですかね。

2㎝までいっちゃうと、それはもうモードファッションでしょう。

 

バックルを比べてみると、線もやや細くなるので、女性にもオススメしたいですね~!

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

HENRY HAT WORKS(ヘンリーハットワークス)のHat

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「ドライバーの日」だそうです。

 

バスの運転手さんには感謝です!

最近は都内出張の帰りは電車でなくバス。

東京駅から高速バス。これが非常に快適なことに気づきまして。

爆睡してもちゃんと帰れる、駅の構内と違って歩かないので楽なのもそうですが、

何より嬉しいのは、東京駅のバス停近くにある「東京ラーメンストリート」!!!あと「矢場とん」!!!!!

12107262_894174697326373_8800843425844181127_n

東京ラーメンストリートには、斑鳩や六厘舎などといった有名店がありますが、

先日テレビで見かけたソラノイロへ。New Acoustic Campにも出てたのね。

で、ベジソバ。妻に注文させて、ちょっと食べさせてもらいました。パスタみたいだね!

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

henry hat (1)

【ブランド】HENRY HAT WORKS(ヘンリーハットワークス)

【アイテム】Hat

【価格】¥19,440-(税込)

【コメント】

先日のハットのご紹介ではお騒がせしました。(何が?)

こちらはまた別のブランドですがイギリスから届いております。

henry hat (4)

—–

HENRY HAT WORKSは、1867年にリヴァプールにて設立された帽子工場にルーツを持ちます。

100年以上の歴史を誇るファクトリーにより、伝統的でクラシカルなモノづくりを軸に、

シンプルでスタンダードなアイテムをリリースしています。

—–

というブランド。

 

歴史の古さもさることながら、リバプールってのがいいですね!ビートルズ!

ここの帽子をジョンやポールがかぶっていたかどうかは分かりませんが、ロマンを感じます。

なんでもリバプールの工場街でひっそりと150年近くも続いている帽子ファクトリーだとか。

本当にただの工場らしく、名もなきメーカーですが、

その歴史に裏付けされたクオリティとコストパフォーマンスは、目を見張るものがあります。

 

そして今季は、数ある形の中から、最もイギリスらしいジェントルマンテイストのモデルをセレクト。

henry hat (2)

約6㎝のブリムは長すぎず短すぎず、帽子の基本となる長さでしょう。

そして太目のグログランテープが、より一層上品にしてくれます。

 

そしてなんと驚くべきは、

henry hat (6)

こちらの素材もラビットファー。

ラビットを使ってイギリス製で伝統ある工場で2万アンダー。素晴らしいです。

 

作りの良さは、表からでは分かりにくいですが、

henry hat (5)

裏から見れば一目瞭然ですね。裏地以外にもレザーバンドなど。

 

この手のハットはキメキメになり過ぎるのが怖くてかぶれないという方がいらっしゃいますが、

henry hat (3)

帽子をかぶる角度、ツバの折り方などなど、服装に合わせてちょっと変えてあげるだけで、すんなりハマるようになります。

なにをどうやったらいいかは店頭でお答えしますので、どうぞお気軽におっしゃってください。

カッコいいかぶり方、、、ありますよ。。。

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

Daily Wardrobe Industry(デイリーワードローブインダストリー)のNew Standard Shirt -standard collar-

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「ボスの日」だそうです。

お疲れ様でしたー!オレ!

昨日で2016年春夏の展示会日程が全て終了!!!

これにて、来年の春夏のほぼ全てのラインナップが決まりました!疲れた~!

diariesも先月で6周年を迎えたということは、ただいま7年目ということになります。

来季のラインナップを見て言えることは、「ラッキーだな」と思うことばかり。7だけに!!!

よくもまあこれだけ変わった商品に巡り合ったなと思うばかりでございます。

珍しく別注も多かったり。あとは無事に商品が届いてくれるだけ。

来年の事を鬼が笑うといいますが、私(豚)は泣き笑いでございます。

楽しみではありますが、クセがあるだけに売れるかどうか考えると吐きそう!!!

こうなりゃやけのやんぱちでございます!まあ、楽しみにお待ちください!

 

 

それよりまずは今季ですよ今季!冬はこれから!寒いね!

そんなあなたを温めてくれるアイテムをご紹介。

ドウゾ!

DWI nel (1)

【ブランド】Daily Wardrobe Industry(デイリーワードローブインダストリー)

【アイテム】New Standard Shirt -standard collar-

【価格】¥19,440-(税込)

【コメント】

先日ご紹介した極厚オックスフォードのラウンドカラーシャツ(Click!)もお陰様で好評をいただいております。

今季はいつも展開しているそのオックスフォードだけでなく、

それとは対照的な面白い素材でリリースされていたので、こちらもセレクトしてみました。

いわゆるコットンフランネル、つまりネルシャツなのですが、、、

DWI nel (4)

ご覧になった方が驚くのは、ウールでできてるのかと思うくらいキメが細かいこと。

フランネルなので当然起毛はしていますが、コットンとは思えないほど、ウールのようなフワッとしたネルなんですね。

非常に優しい感触。

まさに先日のオックスフォードとは対照的。

 

そういう意味では、襟の形も変えないとまずいですね。

DWI nel (3)

これでラウンドカラーだとかわいすぎてレディースしか着られなくなるので、こちらはレギュラーカラーにしました。

一般的にはレギュラーカラーですが、Daily Wardrobe Industryではスタンダードカラーとなります。

 

相変わらず縫製も素晴らしく、

DWI nel (5)

ドレスシャツのファクトリーで縫われたネルシャツというのも贅沢でございますね。

DWI nel (2)

先日のは、へヴィーオックスフォードに柔らかいラウンドカラーのシャツという組み合わせ。

今回のは、柔らかいフランネルにキリッとしたレギュラーカラーのシャツという組み合わせ。

結局は同じところを目指しているんですかね。

とはいえスタート地点が違えば、印象は全くことなるということを表現できているかとは思います。

 

このように、なんとなくカッコいいから選ぶのではなく、カッコ良さの理由があって商品を選んでいるのがウチの店です。

毎日毎日こんなくだらないことを書けるのは、そういう理由があるから書けるんです。

理屈っぽくて嫌になる時もありますけどね。

 

でもウチのような訳の分からないお店で、お客様に納得して買い物をしていただくには、

ただひたすらに説明していくしかないと思っています。

どうかお付き合い下さいませ。

 

それではまた。お店で会いましょう。

James Lock & Co. Hatters(ジェームスロックアンドコー)のVoyager

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「世界標準の日」だそうです。

 

標準ねぇ~

最近ホ~~~ント「スタンダード」って言葉が多い!(ウチの品揃えでそれを言うか・・・)

INDIVIDUALIZED SHIRTSとかANDERSEN-ANDERSENが2ページぶち抜きで紹介されてるってんで、

思わず今月の&Premium買って読みましたけど。

 

そりゃ当然私としては今更ですが、「スタンダードなものが流行る」という違和感を感じております。

そもそもスタンダードというものはベースとなるものであり、凪のように揺蕩(たゆた)うべき存在だと思うので、

流行=流れが起きるわけではないと思うのです。

ただ流行という側面を持つファッションからすると、やはり流れは否定できず。

そのきっかけの一つはノームコアかな~。

スタンダードが流行るからノームコアが流行る?

ノームコアが流行ったから、なんとか付加価値を付けるためにスタンダードを取り上げる?

ま、そんなニワトリとタマゴ的な話は時間の無駄!

 

もしくは、何かひねってないとデザインされていないんじゃない?というようなカウンターカルチャーから、

何もひねってないスタンダードが見直されているのかも?

調理の上手さではなく、素材の良さが見直されている。

 

まあ何はともあれ、やはりスタンダードだけにフォーカスしてしまうとdiariesみたいにつまらなくなりますね~!

スタンダードな物を多く扱うと、このブログのように頭でっかちになってしまいます。

このブログ読むことに時間をかけたり、ありとあらゆる雑誌に目を通して情報に流されてはダメですよ!

携帯なんか家に置いて、書を持って街へ出よう!

お気に入りの服を着て、お気に入りの場所へ!

 

スタンダードな服ってのは、たいていの場合トラディショナルなブランドが多くなります。

性質上しょうがないのですが。

そうすると、「知る」または「持つ」ことに夢中になってしまい、「着る」ことをおろそかにしがちではないですか?

 

キルタノシミ、ココニアリマス。

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

james lock (1)

【ブランド】James Lock & Co. Hatters(ジェームスロックアンドコー)

【アイテム】Voyager

【価格】¥52,920-(税込)

【コメント】

さて、今季はハットがすごいよ!と常々申し上げてきました。

全部で6型。

ウチみたいな小さな店で6型、さらにサイズもレディースからメンズまでやるとなると、結構大変なんです。

そんな中、先陣を切るブランドはやはりこれしかないでしょう!

james lock (6)

ロック、始めました。

というか、昨年から取り扱いを始めたのですが、昨年はブログ掲載前に完売。

私も買い逃しまして、今季やっと手に入れることができました!!!

 

いや~ホントこれを手に入れるまでの紆余曲折ったらもう~!!!

 

そろそろちゃんとした帽子が欲しいなと思いたどり着いたのが、ボル○リーノとジェームスロック。

できるだけ人とかぶらない(帽子だけに!)ブランドってのと、イタリア物あまり持ってないしなということで、

ジェームスロックの方に白羽の矢を立てました。

 

ちょうどロンドン行こうと思ってたタイミングだったので、現地で買うかー!と意気込んでおりました。

そうしたらちょうどマーケットでヴィンテージのバッキバキのボウラーハットがあるじゃないですか!

しかし、やはりそこは本場、試させてもらったのですが60㎝オーバーのサイズなんてあるわけないじゃない。

しょうがない。ヴィンテージは諦めてジャーミンストリートまで行けば本店近いし~と思ったら、

シュナイダーブーツで割と時間を取ってしまい閉店時間!!!

 

帰国後、意を決して新宿某百貨店メンズ館に行くものの、

やはりロックはたくさんのボルサに紛れて2点だけ。ニーズの差か・・・

そして俺は頭囲61のXLを下さいと言うと、女性店員は半笑いで「そのサイズは作ってないみたいです。」だってさ。

 

バ・・・バカにしやがって・・・

さっき頭でっかちって書いたけど、ものの例えじゃねーかよ・・・ブログのことだろーがよ・・・

それでも諦めきれず、有楽町の某メンズ館でも同様の結末。

 

そこで俺は決めたね。

「XLがないなら、自分の店でオーダーすればいいじゃない!」(マリーアントワネット風に)

james lock (7)

という感じで、いつもの私の逆恨みというダークサイドにより入荷してきたわけです。

商談の時、先日の経験から「XLって作れるんですか?」と恐る恐る商談でたずねたとき、

代理店の方が「普通に作れますよ~」と言ってもらえたのがどれだけ嬉しかったか!

 

やっぱり改めて個人オーナー店っていいと思うんですよ。

バイヤーと販売員が近ければ近いほど良い買い物ができるはずなんです!

 

どうです?

なかなか商品説明が始まらなくてイライラするでしょ?

すいません。俺の愚痴でした!!!

 

じゃ、改めましてジェームスロックです!

james lock (5)

—–

Lock&coは、1676年に設立されました。

世界で最も古く、また現存する家族経営企業の中でも最古の事業の一つです。

長い歴史の中においては、ネルソン提督・ウィンストンチャーチル・ボーブランメル・オスカーワイルドなど、

偉大な人物の頭部を飾りました。

そのような最良の顧客に相応しい、最高のデザイン・最高の素材・最高のサービスを心がけ、

その原則は、創業者のジェームスロックが現在と同じセントジェームスストリート6番地に店を構えた頃から始まり、

以来7世代に渡り今日まで守り続けています。

2つのロイヤルワラントは、その証です。

—–

という、まさにこれ以上ないくらいのトラディショナルでスタンダードな帽子ブランドです!!!

 

そのようなブランドの中からセレクトしたのはコチラ。

james lock (2)

Lock&co定番のVoyager(ボイジャー)。

Voyager=航海者・冒険家の名のごとく、あらゆるシーンにかぶっていけるよう、このタイプにしました。

しかしLock&coとしての品格・エレガントさを表現するため、ブリム(つばの部分)は6㎝ではなく8㎝を。

決してロングブリムが流行ってるからではありませんよ!!!

 

またVoyagerは折りたたみも可能。いわゆるクラッシャーハット、パッカブル、ローラブル。

その秘密は素材にあります。

james lock (3)

ラビットファーのフェルト。高い理由はまさにそれ。

しかもLock&coのラビットファーは、野生のウサギの毛を使用しているというこだわりよう。

さらにそれをグログランバンドで飾ります。

 

もちろんラビットファーを使用しているにも意味はあります。

高級なブランドだから高級素材?

確かにラビットファーの方が通常の羊毛フェルトより光沢があるので、高級ではあります。

しかし、先ほど書いたようにローラブルという点がポイント。

ラビットの方が羊毛よりも柔らかでキメが細かく、復元性が高いので型崩れしにくいのです。

james lock (8)

ちなみに昨年取り扱ったLock&coのハットは、カッチリしたタイプだったのでウールフェルトでした。

 

また、せっかくLock&coを始めたので、ボックスもご用意しました。

james lock (4)

【ブランド】James Lock & Co. Hatters(ジェームスロックアンドコー)

【アイテム】Box

【価格】¥8,640-(税込)

【コメント】

そうなんです!なんとまさかの別売り!!!!!wwww

 

でもね、ハットもボックスも現地で買うのとほとんど同じ価格なんです。

悪しからずご了承ください。

ネットショップ(通販)はこちら!
LOCK&Co.HATTERS|voyager|Black

それではまた。お店で会いましょう。

Semoh(セモー)のLeather Belt

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「サツマイモの日」だそうです。

ラグビー日本代表お疲れ様でした!五郎丸選手の男泣きには感動しました!

かくいうdiariesの方は閑古鳥が鳴いてます!俺も泣きそう!!!

 

それにしても五郎丸っ!に続き、エディ・ジョーンズって名前もカッコいいことに気づいたわ!

エディジョーンズってブランドの服あったら買うよ!

エディーバウ○ーよりカッコいいでしょ!エディジョーンズのハンティングジャケットとか!

エディブーツもカッコよさそう!それインディブーツか!

伝説のギタリスト・エディジョーンズ!これもカッコいいね!マンガの読み過ぎだな・・・BECK。。。

 

なんにせよ、エディジョーンズが出たプロフェッショナルは素晴らしかったですね。

「HAPPYにはしない」

 

思わずフラカンのビューティフルドリーマーを思い出しました。

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

semoh1502-0273-94L semoh1502-0274-94L

【ブランド】Semoh(セモー)

【アイテム】Leather Belt

【価格】¥13,500-(税込)

【コメント】

セモーより、初のレザーベルトが届きました!

これまでは希少なファブリックを使用したベルトのみでしたが、

オールレザーにすることで、今度は製法の良さが際立っていると思います。

 

今季はネイビーとブラウンの2色展開。

semoh1502-0273-94L-01 semoh1502-0274-94L-01

それぞれコンビになっております。

 

バックル部分は手縫いで仕上げ。

semoh1502-0274-94L-02

またセモーのベルトといえば、非常にフォーマルなベルトの作りをカジュアルに落とし込んでいるのがいいですね!

semoh1502-0273-94L-04

このふくらませ方が大事なのですが、もっと言うとこの膨らませるための芯材もレザーでないと!

安物は綿だなんだとチープな材料を入れますが、ベルトの穴から出てきちゃいますからね。

 

そして今回はステッチも独特。

千鳥縫い(Zig Zag Stitch)を採用しています。

semoh1502-0273-94L-03

だからなんだというわけでもありませんが、そういや最近見なくなったなと。

ステッチ一つでデザインのアクセントになるんだから、洋服ってのは面白い。

ボリュームが出て良いと思います。

 

こちらのベルト幅は1インチ(約2.5㎝)。

1.25インチ(約3㎝)幅のもあったのですが、そちらは完売してしまいました。

サイズは29~35インチの方まで対応しています。

個人的には女性のお客様に、シャツワンピとかの上にウエストマークするのに使うのを強くお勧めしたいです!!!

 

 

それではまた。お店で会いましょう。