BLOG

Schiesser(シーサー)のKarl-Heinz Shorts

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「日光の日」だそうです。

今は日光よりも苗場にいぎだいッッッ!!!

 

昨日お客様から、やっぱり俺の妄想フジロックは面白いということで、

お言葉に甘えどっぷりとイマジネーションに浸らせていただきます!

※フジロックにご興味のない方は、華麗にスルーしてください!

え~っと昨日はどこまで書きましたっけ。あ、ハンバートハンバートか。

そんでゲスの極み乙女。をチラ見しつつ、オアシスで腹ごしらえ。

ゲスの極みなんて2年前にはつくばロックフェスに来てたんだけどな~

あん時は200人くらいで見れたのに、今年のフジでは5000人以上ですよ!レッドマーキーがパンパン!

そして星野源からの岡村ちゃん!

星野源もフジロックに戻ってこれて良かったな~。戻ってきたどころかグリーンステージっていうビッグな舞台で!

デッドマウスとクラムボン(その後メイシーグレイのおしゃれコース)と悩むけど、たまには踊らないとなっていうのと、

日本ではなかなか見れませんからねdeadmou5!

デッドマウスを流暢に発音するとデデマウスにしか聞こえません!

ハピマン→MUSEでこの日は体力の限界!寝る!

 

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

IMG_8065

【ブランド】Schiesser(シーサー)

【アイテム】Karl-Heinz Shorts

【価格】¥8,640-(税込)

【コメント】

先日のヘンリーネックのご紹介以来、大変ご好評をいただいておりますシーサー!

当初は最高のヘンリーネックをということで、このブランドに白羽の矢を立てましたが、

様々なお客様にご意見を伺うと、すでにシーサーをご存じの方には「パンツが有名ですよね」とのこと。

なんでも先日テレ東で放映されていた「男のダンディズム」でも紹介されてましたとか、

あの松浦弥太郎さんも本で紹介されてたそうです。

そこまで評価されているならと思い、値段が値段なのでまずは自分で買って履いてみました。

(さすがに試着はできませんのでね!)

 

例えば、diariesの下着といえばイタリアのGicipiがございますが、

そのGicipiのショーツと比べると約3倍の価格となります。

ですので、Gicipiの3倍の満足感を得ることができればお客様にお勧めできるなと思ったわけです。

 

そして1か月ほど履いてみた結果・・・(決して1か月履き続けたわけではない)

 

当ブログでご紹介しているということは、つまりそういうことです!!!

いやはやこれは素晴らしい。

今までも当然Gicipiで満足していましたが、こちらは感動するレベルです。

決してGicipiを否定してるわけではないですよ!

最初はGicipiも素晴らしいと思い、現在の私の下着ワードローブはほとんどがGicipi。

基本的に毎日履いています。

でも人間ってダメですね。

良い物も毎日履いているとそれが当たり前のように考えてしまうんだなあ。。。

そしてより良い物を求めてしまう。

それは幸か不幸か・・・

 

とはいえ、シーサーの下着はポイポイ買えるものではないですからね。

毎日これを履くというよりも、次履くのを楽しみにしているくらいでちょうどいいと思います。

また、「なかなか自分では買わないけど気になっている・・・」という部分では、プレゼントとしては最高ですね!

 

それでは詳しく見ていきましょう。

IMG_8067

まず目が行くのは股間の部分。

下着なのに貝ボタンを使用する贅沢さ。コカンニカイボタンコカンニカイボタン・・・

そして気が付けば、ボタン以外のパーツも全てヘンリーネックと同じ素材が使われていました。

IMG_8070

マーセライズ加工された前立てをめくると、例のリボンテープが。

IMG_8071

そして耐久性において最も重要なウエストのゴム部分にもブルーのステッチが!

私のはネットにも入れずガンガン洗ってますが、伸びる気配はありません。

良い物といえどあまり神経質にならない主義です。(ズボラなだけ)

大事に扱って長持ちするでしょなんてのは当たり前ですからね。

ハードな環境でどれだけ耐えられるか。

 

そしてフィット感において最も重要なのは、ここのパターンでしょう!

IMG_8069

本当は俺の履いたやつを見せたいところですが、(中身に自信がないので載せませんが!いやそういう問題じゃない!お食事中の方に失礼なので!)

股関節部分から太ももへの立体的なフィットと、股下の適度なフィット、これはもう本当に素晴らしいですね。

Gicipiはビタッとフィットするブリーフ寄りのボクサーショーツに対し、

こちらはやや緩めでトランクス寄りのフィットだと思います。

 

他のボクサーショーツと比べ、お尻の作りがちょっと違ってました。

IMG_8072

何が違うかっていうと、言葉では説明しにくいですが。

 

最後に、やはりディテールだけでなく圧倒的なのはやはり素材でした!

IMG_8073

先日もご説明した「エジプト綿のマココットン」。

よく汗を吸い、常に肌をドライに保ちつつ、シルクのような肌触り。

何がこんな高いんだって、結局はこの素材だと思います。

素晴らしいの一言。

 

まぎれもない一流品です。いかがでしょうか?

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

Daily Wardrobe Industry(デイリーワードローブインダストリー)の1st Standard Shirt Long

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「最高気温記念日」だそうです。

暑いだろうなぁ~・・・フジロック。。。

昨日からTwitterやインスタでフジロックのハッシュタグを検索しては、ステージの動きをチェックしておりますが、

もはや仕事に支障をきたしている状態で、それならもう行けっつーハナシ・・・

 

オープニングアクトでいきなり吉川晃司が出て来たのにはウケたね。

これから始まる祭りが最高のものになるであろうことを予感させる。

やっぱりブンブンからのハナレグミは泣けたみたい。

俺らが20代の頃、ずっと聞いてきた音楽。

その後のドレクスキップも見逃せなかったろうな~。

そしてなんといってもフーファイターズはアガります!

前回出た2005年の時も、トリのコールドプレイ前でしたが、

コールドプレイを立てつつ非常にユーモラスなデイブグロールの人柄が最高でしたね。

突き抜けるようなロックが夏によく合うんだわこれが。

その後のピラミッドガーデンのハナレグミまで距離があるけど、月100㎞を走ってる俺なら問題ないでしょう。

 

今日のベストアクトは、MUSEは当然だとして上原ひろみだろうね。

MUSEの轟音はグリーンよりホワイトがいいな~。

上原ひろみの後はケムリを見てハンバートへ。

昨日はハナレグミ、今日はハンバートと文字通りのヘヴンだわ。最高か。

 

というわけで、昨日ブログを更新しなかったかというと、

A 049

フジロック行ってた!!!(嘘)

こちらは8年前のフジロックの写真。痩せてんな・・・

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

IMG_8158

【ブランド】Daily Wardrobe Industry(デイリーワードローブインダストリー)

【アイテム】1st Standard Shirt Long

【価格】¥19,440-(税込)

【コメント】

久々のレディースアイテムのご紹介。

IMG_8159

今季初お目見えのワンピースタイプ。

個人的にも気に入って来てるデイリーのスタンダードワークシャツのロングタイプです。

当然私も気に入ってることであれば、是非とも女性のお客様にもその着心地を楽しんでもらいたいと思いまして、ご用意させていただきました。

通常こちらのブランドのシャツのサイズ「0(ゼ~ロ~)」はユニセックスサイズとなっておりますが、

こちらのロングタイプは完全に女性のみ。

素材は薄手のシャンブレーで、今からでも十分楽しんでいただけます。

 

レディースアイテムといえどヴィンテージディテールはそのままに。

IMG_8160

このシャツのお気に入りポイントである隠しボタンダウンも継続されています。

IMG_8163

男女問わず、この「ワークシャツなのに襟元がキリッとしている」のはいいですね。

本当にメンズのシャツの着丈を長くしただけなのですが、

元々が凝った作りになっているので、女性が着てもシルエットの美しさは際立ちます。

IMG_8161

この袖に設けられたガゼットはいいですよ。

普段は見えない部分にありますが、これのおかげで腕が動かしやすくなります。

通常ワークシャツを動かしやすくすれば、アームを太くするしかないですからね。

立体的なパターンがさりげなく組み込まれているんです。

 

前開きということであれば、ロングカーディガン風の着こなしも楽しめますね。

IMG_8164

ワンピースとして、ライトアウターとして、幅広く活躍してくれるアイテムです。

 

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

The Superior Labor(シュペリオールレイバー)のGarden Hat

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「ナッツの日」だそうですが、アベフトシさんの命日です。

ラストヘヴンのライブを見始めると止まりません。軽く1時間は越えます。

しかし、Mステ放送事故の動画は削除されておりました。t.A.T.u!!!

 

そういや今週末はもうフジロックですかそうですか。

今年はフジロックについてブログで触れませんねと言われますが、今年は行く予定がないからです。

悔しいので書きません・・・が、やはり7月になるとフジロックのことが話題に上がることもしばしば。

自分でも情けないのが、ついタイムテーブルを組んでしまうこと。ああ・・・

 

悲惨なことに、お店にはこんなフリーペーパーも届いております。

IMG_8074

行けねっつーの。

それでもパラパラとめくってると、

IMG_8075

エリカバドゥならぬエリカ様!じゃなく、インタビュアーの名前に釘づけ!!!

昔の仲間の活躍をこんなところで知る!やっぱり生で見るとすげ~かわいかったらしいです。

 

他にこのフリーペーパーの中でも、「フェスファッションはできるだけ普段着に近いもので」みたいな記事もありましたが、

やっぱりアパレルの方は同じように思ってるみたいですね。

基本的に「他人と違う」ことが好きな人種ですから。

まあみんなそんな風に思ってくれれば、ウチの店のフェス用にセレクトした服も、もうちょっと売れるのかもね~。

 

いやでもホント、感度が高い方は実際そうしてらっしゃいます。

実は私が個人的趣味で選んだフェス用のアイテムは、ブログ紹介前に完売してしまいました。ボディバッグ、ポンチョなどなど。

来年はもうちょっと在庫も用意して、そんで今度は俺もフジロック行けるように頑張ろっと。まずは俺が楽しまないと・・・ね。

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

IMG_8077

【ブランド】The Superior Labor(シュペリオールレイバー)

【アイテム】Garden Hat

【価格】¥8,424-(税込)

【コメント】

日差しが強くなってきた今日この頃。もはやハットは欠かせないものになってきております。

今日の午前中は、店の草刈りをしていましたが、あまりの暑さに熱中症気味に。

頭がやばいです。ぼーっとします。吐き気もしてきました。

頭と首を直射日光から守るだけで、ぜんぜん違ってくるはずです。

私もフェスでは常にハット。ハットハッターハッテスト。

凶暴な日差しを遮るだけでなく、多少の雨ならメガネも濡れずに済む。

また使わない時はクシャクシャに丸めてバッグにしまっておけるのも、コットン100%ならでは。

 

というわけで、毎度おなじみシュペリオールレイバーのガーデンハットでございます。

IMG_8078

6ピースの丸いやつ。

今季はカラーデニムを使用しています。

IMG_8080

 

夏の間中ガンガンかぶって日焼けして汗かいて洗ってを繰り返し、色を褪せさせたい生地。

シュペリオールおなじみの、手曲げプレートも付いてます。

IMG_8082

かぶってみるとこんな感じ。

IMG_7826

IMG_7831

ヴィヴィッドなTシャツに合わせ、色で遊びたくなるアイテムです。

重ね着もつらい季節。そんな時はカラーリングで気分を上げましょう。

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

GOOD ON(グッドオン)のCamo Sweat Shorts

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「自然公園の日」だそうです。

自然公園といえば、一度は訪れてみたいヨセミテ国立公園。

先日、涙がこぼれるくらい嬉しい写真が、アメリカからメールで送られてきました。

八幡さんヨセミテ

ヨセミテ公園のハーフドーム。

お気づきでしょうか?お客様(Y幡さん)のバックパックにプリントされている柄も同じハーフドームだということを。

このケルティのバックパック、実は5年前にお買い上げいただいた商品なんです。

ヨセミテが好きでいつか行ってみたいとおっしゃってたのを覚えています。

その後偶然にもY幡さんはアメリカへ移住し、カリフォルニアに旅行した際に、この写真を撮って送ってきてくれたんです。

 

嬉しいな~。

何が嬉しいかって、5年前にお買い上げいただいたアイテムが、まだ気に入って使ってもらえてることと、

ウチの店の事を覚えていてくれること、

そして何より人生を楽しみ、その楽しみの一部に関わらせていただいていること。

 

お客様に優劣を付けるわけではないのですが、

Y幡さんはdiariesの草創期に、最も多く足を運んでくれた方で、

つくばのロードサイドにポツンとできた、こんなわけのわからないお店の価値を早くから認めてくれたお客様の一人。

あの頃はウチの店もヒマでヒマでしょうがなくて、しかしその分色々お話をさせていただくことができました。

だから非常に印象深いお客様なんです。

(本当に1日に1人来るか来ないかだったので。。。よく続けてると思いますよホント。

誰も来ない店の中で、一人で泣きながらいらっしゃいませを連呼してた時期もありました。あん時はちょっと頭おかしかったね。)

 

今はありがたいことに、毎日誰かしらお客様にいらっしゃっていただいておりますが、

昔からいらっしゃっていただいているお客様の顔を見ると、改めて初心に帰ることができ、

自分を見つめ直すきっかけを与えてくれます。

 

初心といえば、Diaries創業当時のコンセプトはこんな感じでした。

「「一日一日を大切に過ごしてほしい」 Diaries(日記)の名前は、そんな思いから名付けました。

私たちの扱う商品は生地や縫製、飽きのこないデザインなどにこだわり、

長く安心して使える洋服や雑貨を世界中からセレクトしています。

例えば、もしあなたが日記を書いているとしたら?

私たちの扱う洋服が、その日の日記に登場するような、ちょっと特別なお気に入りの洋服であってほしいと思います。

また、その洋服に袖を通す時、前にそれを着て出かけたときの思い出が、

「日記」を読み返しよみがえるように、Diariesの服にも、たくさんの思い出を詰め込んでほしいのです。」

 

まさにこのY幡さんとの関係は、私がお店を開く時に思い描いていた光景でした。

 

これこそ、自分が仕入れて自分が売ってという、個人オーナーセレクトショップでこそ味わえる醍醐味かもしれません。

独立してよかった。セレクトショップをやっててよかった。そう思えた瞬間でした。

もちろんY幡さんだけではありません。

私の気づかないところで、まだまだたくさんの物語が紡がれているのかもしれません。

もっとお店を続けていけば、もっとこんな感動が味わえるなら、もっともっと俺は頑張れそうです。

どうかdiariesのお客様も、人生を楽しんで下さい。

 

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

IMG_8057

【ブランド】GOOD ON(グッドオン)

【アイテム】Camo Sweat Shorts

【価格】¥9,936-(税込)

【コメント】

お陰様で、先日ご紹介したタンクトップもご好評につき、メーカーさんに在庫を問い合わせたりしています。

こちらのブランドも取り扱いを始めて6年目になりますが、やっぱり夏に強いアイテム!

そしてここ2,3年で、定番のTシャツの人気を追い越しそうなアイテムがこのスウェットショーツなんです。

何が良いっていうと、やはりシルエットですかね。

IMG_8059

モーシャンもそうですが、ダボっとしない大人も履けるショーツ。

昨日ご紹介したグラミッチとは正反対!www

 

で、昨年一昨年と人気が高かったため、そうなると私のような天邪鬼バイヤーは何をするかといいますと、

人気の無地を選ばずカモフラージュ一択のみという暴挙にでます。

IMG_8058

 

いや実際売れる売れるとかどうでもよくて、このハンターカモがね、好きなんですよ。この柄のコンバースとかね。

ハンターカモは、アメリカ軍で1940年代から70年代まで使われた柄なので、

ヴィンテージミリタリーというと、真っ先に思い浮かぶ柄でもあります。

 

またこのようにスウェットに迷彩ってのもちょっと珍しいかなっていうのと、

プリントの風合いがヴィンテージスウェットのしみ込みプリントぽくて、非常によくできた生地です。

 

厚みは9オンス程度のフレンチテリー。

IMG_8061

裏毛でジメジメする日本の猛暑でも快適に過ごせます。

実は迷彩をプリントした後に、製品染めをかけているので、くすんだ風合いになっているんです。

 

生地もカッコいいですけど、縫製も安心のグッドオン。

IMG_8060

穴が空くまで履いてほしいですね。

 

もしどうしても無地が欲しいという方は、メーカーさんに在庫を聞いてみることもできるので言って下さい。(←迷彩だけでは・・・とビビってる。)

 

こういうのは上品なアイテムと合わせてこそハズシとして活きます。

IMG_8062

インディヴィジュアライズドシャツにユッタニューマン。

 

30過ぎるとスウェットショーツにTシャツだけはちょっと厳しいですね。

体がだらしなくなるので、だらしない服ではいけません。暑くてもね~

 

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

Gramicci(グラミッチ)のJam Shorts (Dead Stock)

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「Tシャツの日」だそうです。

最近はもっぱらTシャツでつね。コダワリのTシャツアリ〼。

 

先日Twitterを眺めてると、トレンドワードになぜかブラフマンの「SEE OFF」が!?

なんで!?と思ったら、アメトークの甲子園芸人で人気の応援歌で2位だったんですね~。

しかも知人から聞いたのですが、このSEE OFFを初めて野球の応援で使用したのは日立一高だとか。

そしてそれを全国の舞台、つまり甲子園で広めたのは我らが常総学院だそうです。

サッカー一筋の私は、あまり野球に興味はありませんが、甲子園は別ですね。

常総学院に対する愛校心はないですが、甲子園で応援するという体験は別格ですね。

SEE OFFの応援だけ参加してみてぇ!!!

 

それにしても、先日のMステでのKEN YOKOYAMAといい今回のSEE OFFといい、

AIR JAM世代としては非常に嬉しいです!!!

1998年の豊洲の夏を思い出しますね~!思えばフジロックも同じ場所だったんだよな。

98年といえば、SKA OF IT ALLも思い出のイベントです。誰か行った人います?

あの頃ボクらはキッズでした。

 

本日は、そんな僕らが履いていたパンツをご紹介します。

ドウゾ!

IMG_8042

【ブランド】Gramicci(グラミッチ)

【アイテム】Jam Shorts (Dead Stock)

【価格】¥7,344-(税込)

【コメント】

「そんな僕らが履いていた」という意味は本当です。

つまり1980~1990年代に作られたデッドストックであるということ。

クソ懐かしい青臭い夏の思い出がたくさん詰まったショーツです!!!

 

グラミッチも以前取り扱っていましたが、久々の紹介なのでまずはブランド紹介からどうぞ。

IMG_8043

——————–

「グラミチ」は、1970年代のアメリカで“ストーンマスター”と呼ばれ、ヨセミテロッククライミングシーンをリードしてきた一人のロッククライマー、
マイク・グラハム氏が、当時のクライミングウエアでは満足できず、独自の手法で機能性に富んだウエアづくりに着手し、
1982年にカリフォルニアの小さな倉庫で立ち上げたブランドです。

「グラミチ」の製品染めかつ着晒し感のある製品、グラミチパンツとグラミチショーツは伝説的なものとなり、
それらには独特の機能性、180度自然な開脚を可能にした「クロッチガゼット」や、片手で簡単に調節できる「Webbingベルト」が装備されています。
これら「グラミチ」を代表するパンツは、クライミングパンツの代名詞的存在として、たちまち全米に広がり、日本でも受け入れられています。
さらに「グラミチ」はアウトドアへの情熱を表現した個性的キャラクター「ランニングマン」がブランドのアイコンとなり、
クライマーのみならず、ファッション感度の高い若年層の間に支持を得ています。

——————–

というブランド。

クライミングウェアを街着としても広めた第一人者ですかね。

90年代、ストリートはグラミッチに席巻されました。

IMG_8045

ご覧の通り極太シルエット。

あの頃は他のブランドも同じようなシルエットでしたね!

20年かけてだんだん細く、さらに短くなっていきますが、

一時はダサいと思ってたこの極太も、なぜか今はカッコよく見えるという不思議。

いや、カッコよく着こなしてみたくなると言った方がいいのかな?

そういう見方ができるのは、自分なりに成長したんだと思う。

履いてみるとこんな感じ。

IMG_8038

キュロットスカートかと思うほど!!!

思わずVANS(シュペリオールレイバー×RFWだけど)履きたくなっちゃうし!

ホントはバンドT着たいけど・・・

 

この太さがキッズっぽいよねー!

IMG_8039

 

久々に足を通してみて思ったんですが、生地が良い。

ウォッシュをかけられているせいもありますが、目が詰まっていて強そうです。

さらにツヤもあって、いかにも質が良さそう。

さすがMADE IN USAといったところでしょうか。

IMG_8044

ここから始まったんだよな~

IMG_8049

噂によると、柔道着からヒントを得たという股が180度開ける「クロッチガゼット」に、

IMG_8050

岩に掴まった状態でも、片手でウエストが締められるように設けられた「ウェビングベルト」の組み合わせ。

この2つのディテールが非常に画期的だったんですね。

現在、巷にあふれるクライミングパンツは、おそらくほとんどがこのパンツの影響を受けているのではないでしょうか?

リーバイス501のように、これ以上改善することがないところまでたどり着いてしまった、

パンツとしての1つの究極形態というわけです。

ここまでいくと文化と呼べますね。

 

グラミッチのアイコンであるランニングマンも、

IMG_8048

初期はこのようにクライミングマンになっています。

まだランニングマンが誕生する前なのかな?レアですね。

 

また裾の方にも刺繍がありました。

IMG_8046

ピグメントダイ(顔料染め)も初めて手にしたアイテムかもな~。

 

 

 

そして、店頭では奇妙な光景が広がっています。

IMG_8053

左からGramicciのデッドストック、Rokxのデッドストック、現行のストーンマスター。

それぞれ創業者のマイク・グラハムが関わったのが、1982~1999年、2000~2006年、2007年~現在。

創業者が関わってきたすべてのアイテムが一同にご覧いただけます。

もちろん全てMADE IN USA。

このようにシルエットや色の変遷を見てくのも面白いです。

IMG_8054

しかし、こんな光景になったのには哀しい理由がございます。

右のストーンマスターは今季入荷してきたものですが、真ん中のRokxはなんと2010年に入荷したものなんです!!!

いかにウチの店がヤバイということがお分かりいただけますでしょうか!!!!!(号泣)

デッドストックを仕入れたら、自分の店でまさかのデッドストックになってしまったという事実!ダブルデッドストック!DDS!

受け止めきれません!!!精神的にも金銭的にも。。。

そして売れないにも関わらず、また面白そうな物を見つけてしまうと、

後先考えずに仕入れてしまうダメバイヤーの悲しい性!!!!!

 

まあでも直せそうもないですね。

私、本当に自己中心的な人間なので、まずは自分が楽しめないと、

お客様を楽しませることはできそうにありません。

サービス業は向いてないんだよな~~~

 

価値観を押し付けるようですが、こんな店があったらホント面白いと思うんだけどな~

フラッと入った店で、こんな光景が繰り広げられたら一発でその店のファンになっちゃいます。

どれか一つに絞れよ!大丈夫?この店!?って突っ込まずにはいられません。

こんなことやってるから、一部マニアにしかウケない店のままなんですけどね。

 

こちらも大人買いをお勧めしたいところですが、サイズが微妙です。

GramicciはL(32~34インチ)、XL(34~36インチ)といった具合。

そしてRokxはS(30インチ前後)のみ。

ストーンマスターはまだMとLが残ってます。

 

俺はLでも履けましたが、あえてXLを選んで極太シルエットを楽しもうと思います。

 

 

それではまた。お店で会いましょう。