BLOG

Bandol(バンドール) のRib Cotton Military Crew Tee

インディアンジュエリーフェアの日程が決まりました!

4月16日・17日の2日間です。

久々の開催となりますので、お休みの調整などしていただき、是非ともご来店下さい。

 

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「LPレコードの日」だそうです。

それはそれはレコードが皿と呼ばれていた頃の話・・・

11692703_971191756291333_7410110545005692157_n

てか昔の話ではなく、昨日のことです!

行ってまいりました~PEOPLE’s Park!久々の土曜の夜遊び!

心も躍る。体も踊る。それがサタデーナィッ!

最近はパリピって言うらしいですわよ、奥様。

 

音楽はもちろんなんですが、何が最高ってちゃんと腹ごしらえができるところです。

5513_971191802957995_8720892963877195935_n

俺が若い時に、都内でクラブで遊ぶって時も、こんなことはなかったね。

いいとこ恵比寿みるくのカレーくらいでしょう。

ご覧のパリピ料理人が作るのが、こちらの「土曜の夜丼」

992773_971191776291331_4698567486487184176_n

これがずっと食べたかったんです。

これで500円。フジロックで出したら1200円とは本人の談。いや1400円はいけますね。

 

仕事柄、誰かオシャレな人いないなか~とPEOPLEを見てしまうんですが、

あの人カッコいいなと思う人は、やっぱりウチの店にいらっしゃっていただいている方でした。

535188_971191762957999_6199790973138195593_n

写真がヘタすぎて何も伝わらないんですけど!

以前ご紹介したデッドストックのLe Laboureurのモールスキンパンツに、

同じ色のフレンチモールスキンを探しセットアップで見事に着こなしてくれてました。

ありがとうございます!!!

 

 

 

というわけで、PEOPLE3周年おめでとうございます!!!

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

IMG_2292

【ブランド】Bandol(バンドール)

【アイテム】Rib Cotton Military Crew Tee

【価格】¥5,940-(税込)

【コメント】

もう半袖か~。

もっと後に紹介しようと思ってたら、思いのほか反響をいただいており、急いで紹介しないとヤバそうなので。

 

昨シーズン取扱いをスタートしましたが、お陰様で大好評のフランス製カットソー・Bandol(バンドール)

IMG_2297

それではブランド紹介からどうぞ。

—–

フランス創業のカットソーブランド・Bandol(バンドール)。

自社工場で丁寧に生産され、それぞれの商品に最適な生地を開発することから始まる、こだわりのブランドです。

フランス・プロヴァンス地方の名産であるワインの名前が由来となっており、

ワインが時間をかけて熟成していくように、着る人のワードローブの中で、

時間が経つにつれ愛着が増すようにと名付けられました。

有名メゾンブランドの生産も請け負う高いクオリティとシンプルなデザインが特徴。

フランス製のカットソーブランドが絶滅していく中で、フランス製に拘り続けています。

昔ながらのデザインやパッケージングを踏襲しながらも、フィッティングに拘っているブランド。

インナー的な使い方だけでなく、一枚で着れる事も前提にした生地選びとデザインです。

—–

という、いわゆるフランス製カットソーのファクトリーブランド。

 

今回はフランス軍のアンダーウェアをモチーフに作られました。

IMG_2295

ですので、やや細身で体にフィットするシルエット。

生地はリブ編みでよく伸びます。

IMG_2299

アンダーウェアがモチーフと言いましたが、もちろん1枚でも着られる生地の厚みです。

 

ミリタリーらしいらしいところではこの袖。

IMG_2296

スッとすぼまった「ちょうちん袖」がポイント。

見た目の収まりもよく、またインナーとして着た時も、シャツの中で生地がゴワつきません。

 

着てみるとこんな感じ。

IMG_2269

体のラインはそれなりに出ます。(腹は引っ込めてます)

IMG_2272

細身のパンツでキレイ目に着られる上品なカットソー。

もちろんフランスつながりでM-47を合わせて、ジャストサイズのカットソーに極太のカーゴパンツというミスマッチを楽しむのもアリ。

 

気になる着心地は、、、思わず笑みがこぼれる、あの感じです。

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

WORKERS(ワーカーズ) のAB Border L/S

まずはお知らせです!

インディアンジュエリーフェアの日程が決まりました!

4月16日・17日の2日間です。

久々の開催となりますので、お休みの調整などしていただき、是非ともご来店下さい。

 

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「カメラ発明記念日」だそうです。

あ~若い頃に楽器もやっときゃよかったと思うと同時に、

カメラも趣味にしてたらカッコよかったなと思う雨降りの週末。

みなさんいかがお過ごしでしょうか?

ギターが弾けていい写真も撮れてバイクや車に詳しい男の人ってなんかカッコいいよね。

俺は服しか金使ってこなかったからなぁ~。今もだけど。

余裕ができたらカメラやりたい!ライカじゃなくハッセルブラッド!

なんのことだか知らないけど、ハッセルブラッドって言いたい!!!

 

 

じゃ、本日のハッセルブラッドです。

ドウゾ!

IMG_2331

【ブランド】WORKERS(ワーカーズ)

【アイテム】AB Border L/S

【価格】¥10,800-(税込)

【コメント】

先日のブログでチラ見せ後、反響をいただいておりますワーカーズのボーダーT。

お客様によっては、「ダイアリーズで太ボーダーって珍しいですね」という声も頂戴しております。

言われて見れば確かにやってこなかったかも?

お客様に言われて気づく自分のクセ。

お客様との会話というのは本当に有難いことです。

(人からは「人の話聞いてないでしょ!?」とよく言われるくらいボ~っとしてますが、(おそらく炭水化物採りすぎのせい)

実は一言一句聞き漏らさない所存です!)

 

さて、ではその「珍しい」と言われる所以ですが、

恐らくこのピッチ(幅)のボーダーだとストリート色が強くなってしまうので、

スニーカーすらめったにセレクトしないdiariesでは、取り扱うのが自然と少なくなってしまうのかもしれませんね。

 

ではなぜ今回入荷してきたかというと、当然そのストリート感が薄まっているからに他なりません。

まあ先日はこちらの写真を使って、

IMG_2309

思いっきり原宿のストリート文化って括りで紹介してしまったんですけどね、

でも自分が若い頃着てた太いボーダーってのは、ラガーシャツ生まれのバーバリアンだったりコロンビアニットだったり。

それらは若い頃さんざん着倒したし、今だとちょっと子供っぽくてねってことで、

じゃあ今の私が着たい太ボーダーってなんだろうって考えると、実はアニ○ス・ベーだったりするわけです。

違うのは生地感。

 

バスクシャツやラガーシャツのザラ・ゴワっとした質感ではなく、

シャリっとしてしなやかながらもハリのあるあの生地感。

 

それが絶妙のタイミングでワーカーズが作ってた。

さすがの同年代。ツボを見事に押さえております。

ツボってのはそう簡単に押せるもんじゃない。マッサージ師だってそうでしょう?

でもいったんツボを押されると身動きができなくなり、体が勝手に反応してしまう。

このボーダーTに触れた瞬間、「ハウッ!」って言ったのを覚えてます。

まさにツボを押された、そんな感じ。

 

前置きが長くなりました。すいません。

それでは詳しく見ていきましょう。

IMG_2332

形はややゆとりのあるロングスリーブTです。

着てみるとこんな感じ。

IMG_2307

ここから洗いこんで、生地が詰まってガッシリした風合いに変わり、アタリが出てくるのが面白いんです。

 

というわけで、やっぱりすごいのは生地ですね。

IMG_2336

空紡糸で編みたてた9オンスの生地。そこにシルケット加工を施し、肉厚なのに上品なシャリ感がある素材となっています。

ワーカーズさん曰く、作ってみて分かったのが、思った以上にコストがかかっているとのこと!

それだけ贅沢なアイテムだと思います。

 

合わせ方はこんな感じで。

IMG_2303

Pants/TENDER Co.  (TYPE127 UNBORN DENIM) ¥47,520-

Shoes/GRENSON (Vintage) ¥19,440-

 

またまた90年代オマージュ!!!

A.P.C.のリジッドデニムに見立てて、テンダーの127Slim Taperedを合わせます!

スエードローファーを素足で履いたフレンチカジュアルスタイル。

 

90年代だなんだと言ってますが、不変ですよ。こういったスタイルは。

あの頃はネットもなかったから、店員さんから入荷日を聞いて、

代官山が込むから新しくできた新宿高島屋に並んで、

バイト代はほとんど洋服につぎ込んで、

オシャレすることに一生懸命でしたが、

今じゃ力を抜いたスタイルになってますから不思議です。

 

でも、買いたくても買えなかったあの時の悔しさを思い出しつつ、

数は用意してませんが、サイズをSからXLまで用意しております。

是非とも色んな方に着てほしい、ワーカーズのABBorder。

ちなみに商品名のABとは、もちろんAgnis b.のことです。

 

それではまた。お店で会いましょう。

Gicipi(ジチピ)のJersey Cardigan

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「精霊の日」だそうです。

というわけで、昨日は久々のお休みをいただきました!何もない休みなんて正月ぶり!?

寝て過ごしてリフレッシュ!今日からまたバリバリ働いております!

そしてせっかく休んで回復した体も、また仕事ではなく遊びで消耗しそう???

319peoplespark

ついに明日へと迫ってまいりました!

つくばの古本屋・PEOPLEの3周年イベント!

これからみんなでメチャクチャ踊って騒ごう騒ごう

さてクラブ行くぞっていうといつも思い出すミッシーエリオットのイントロ。

クセになるね。

 

明日の夜お時間のある方は、つくば市天久保へ!

メチャクチャ食って飲んで騒ごう騒ごう!

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

IMG_2310

【ブランド】Gicipi(ジチピ)

【アイテム】Jersey Cardigan

【価格】¥5,940-(税込)

【コメント】

今年も届いております!ジチピのカットソーカーディガン!

毎年ブログ紹介後、瞬く間に完売してしまうアイテム。まあこのコスパならそれも納得。

IMG_2318

なんてことない普通のTシャツ生地のカーディガンなんですが、このツヤのある生地がいいですね。

綿100%のメランジ。さらにシルケット加工を施しています。

シルケットというだけあって、シルク素材をイメージした肌触りと表情になってます。

IMG_2320

そしてジチピは元々はアンダーウェアメーカーということで、

着る人にストレスを感じさせない縫製も素晴らしい。

生地が合わさる部分もホントにフラット!

なんとなく良い服ってこういうところなんですよね~。

 

diariesでは今季は4色展開。

IMG_2314

下からCarbone(チャコールグレー)、Blu. Melange(ネイビーミックス)、Gri. Melange(ヘザーグレー)は定番として、

シーズンカラーのCobalt(コバルトブルー)をセレクト。

私も昨年はマスタードを購入しましたが、今の時期はレイヤードでピリっと利かせるのがお勧めです。

例えばこんな感じ。

IMG_2165

先日フライツォーリのショップコートをご紹介した時のスタイリングですね。

ちょっと肌寒いけど、春らしいオシャレしたいよなって時に。

もちろん脱ぎ着が楽なのでお勧めしたいところではあります。

丸めてバッグの中に放り込めるラフさが、このカーディガンのいいところ。

 

ネックの広さも絶妙で気に入ってますね~。

IMG_2144

INDIVIDUALIZED SHIRTSに合わせるとこんな感じ。ちょうどいいわ。

 

またカーディガンをアウターとして着る時には、基本的にボタンを留めないのが私のこだわり。

IMG_2147 (2) (2)

ま、そんなこだわりはどうでもいいんですけどね!

 

 

どうぞ色んなスタイリングをお楽しみ下さい。

 

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

LABWARE by Fraizzoli(ラブウェアバイフライツォーリ)のWork Shop Coat Garment Dyed

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「財務の日」だそうです。

3・16だからか。

俺はどっちかっていうと、、、債務。(号泣)

 

悲しいついでにもう一つ。

先日、インスタでふとINVENTRY MAGAZINEを見てみたのですが、、、

12809604_962012793875896_7486583895927128832_n

FIN・・・ってマジですかーーー!?!?!?

インヴェントリーマガジンとは、カナダはバンクーバーで発行されているファッション・ライフスタイル雑誌です。

diariesのブログを読んでいるくらい感度の高い皆様ならご存じかと???

いやすいません。ウチのブログなんか恥ずかしいくらい見劣りしてしまいますが・・・

年に2回の季刊誌として発行されていたこちらの雑誌。

そろそろ新しいのチェックしようかなと思った矢先のFIN=しゅ~~~りょ~~~~~!!!

くっ・・・遂に俺を取材しなかったか・・・とはさすがに思いませんが、

当店に関わりがある方だと、過去にはこちらの方が特集されました。

しかもなんと表紙です!!!

INVENTORY-Issue-07-Takashi-Cover

WORKERSデザイナー・T野氏。

この号は買おうと思ったら一瞬で売り切れてしまって、今でも高いのなんのって。

ちなみに裏表紙はコチラ。

INVENTORY-Issue-07-Nigo-Cover

NIGO氏!!!

まさかの2ショットでございます。

というわけで、現在の当店の平台はこんな構成になってます。

IMG_2309

先日ご紹介したLe trico de la merのインディゴコットンニットと、WORKERSのAB Border L/S Teeに同じくジーンズ。

真ん中にエ○プが見えるように、僕らの90年代オマージュでございます!

先日リラックスの復刊にあたり、私物のバックナンバーをご紹介しましたが、このエイプ号は載せてなかったですね。

隠してました。別に裏原系じゃなかったくせに買ってるのが恥ずかしくて・・・ね。

 

 

 

というわけで、気になるワーカーズの太ボーダーTをご紹介したいところですが、

まだ写真を撮ってないため後日ご紹介いたします。

 

本日は今季より新しく取り扱うことになった新規ブランドのご紹介。

皆さん好みのワークウェアブランドです。

ドウゾ!

IMG_2286

【ブランド】LABWARE by Fraizzoli(ラブウェアバイフライツォーリ)

【アイテム】Work Shop Coat Garment Dyed

【価格】¥23,760-(税込)

【コメント】

まだ私が洋服屋で働き始めた15年前から、いつか独立したら絶対取扱いたいブランドの1つでした。

当時から世界各国のワークウェアというものが大好きで、

その中でもヤーモ、ドイツのケンペル、フランスのベトラ、イタリアのフライツォーリは、

自分の中ではワークウェア四天王と呼んでおりました。

ですので長年温めてきて、やっと取り扱いを始めたって感じです。

 

ではまずブランド紹介からどうぞ。

IMG_2289

—–

フライツォーリ社は、レオナルド・フライツォーリ氏により1923年8月1日に創設され、

設立当初は「Italian Factory of Civil Uniforms」(市民制服を作るイタリアの工場)という名前でした。

ワークウェアから始まりコックジャケットや軍・警察関連の制服を手掛け、

ミラノを中心にイタリア国内に広まっていきました。

現在でも病院関係、工場、建設、ホテルなどミラノ市内で着られているワークウェアではトップシェアを誇ります。

現社長であるレオナルド・カリオーリ氏の叔父にあたるイヴァノエ・フライツォーリ氏は、

1968年~1984年の間にセリエAのインテルミラノのオーナーだったことからも、

事業としても成功し、地元・ミラノに根差したメーカーだということが分かります。

—–

というブランド。

 

インテル(俺らの時代はインターミラノと呼んだよね)のオーナーだったのは知りませんでした~

それだけ地元に誇りを持っているのが伝わってきますね。

当然今でもイタリア製を貫いています。

 

それでは詳しく見ていきましょう。

IMG_2291

こちらのワークショップコートは、イタリアでも幅広い職種に着られている作業用のコートだそう。

しかしながらこのバックベルトでウエストを少~だけ絞り、絶妙なシルエットに仕上がってます。

ワークウェア四天王(笑)の中では、最も洒落っ気がありますね。

 

ワークウェアのくせに袖が前振りなところも。

IMG_2290

ヤーモでも同じようなアイテムがありますが、是非着比べていただきたい。

どちらが上というものでもなく、はっきり言って見た目は殆ど同じ。

しかしその分、洋服の微妙な変化に気づくようになります。

着比べることで自分にあるのが見つかる。

それは納得いく買い物ができるということです。

diariesには同じような服ばっか並んでいるなと思われる方もいらっしゃるかもしれません。

私の好みのせいもあるかもしれませんが、お客様へのメリットは良い買い物ができるかどうかです。

 

ちょっと話が逸れちゃいましたが、お次は素材。

IMG_2288

素材は綿100%ですが、MASSAUA(マッサウア)というツイル素材を使用。

マッサウアとはイタリアが植民地時代に制服に使用したジンバブエコットン生地のことだそうです。

イタリアの植民地ということで、エチオピアあたりでも栽培されていたのかもしれません。

 

またジンバブエコットンはデニムにも使われており、色落ちも魅力です。

その為(かどうかは知らないのですが)、こちらはガーメントダイ(後染め)加工が施されており、

着こむごとに経年変化を楽しむことができます。

 

早速ですが着てみました。

IMG_2165

Hat/TESI (Paper hat) ¥19,440-

Shirt/James Mortimer (Linen shirt) ¥21,600-

Cardigan/Gicipi (V-neck cardigan) ¥5,940-

Pants/Smith (Dead stock work pants) ¥10,584-

Shoes/Tricker’s (private)

 

もうおなじみのショップコートなので、合わせに関してはとやかく申し上げませんが、

このマッサウアの生地は綿100%ながら、織りのテンションがゆるいせいか、

または生地の撚りが強いおかげか、若干ストレッチが利いているのがいいですね。

 

バックスタイルもこんな感じです。

IMG_2169

バックベルトのおかげで、ウエストパツパツでございます!!!(俺の場合ね)

シルエットいいですよ~!

 

 

ちなみにですが、こちらのワークコートはセカンドライン。

ファーストラインはやらないの?と思いきや、入荷して割とすぐに完売してしまいました。。。

3ピースのセットアップだったのですが、、、ジャケットだけチラッと。

fraizzoli (1)

こちらも皆さんに是非ともご覧いただきたかったのですが、また秋にでも。

 

 

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

再入荷のお知らせです。1960’s French Military Leather Shoes (Dead Stock) & LEON FLAM

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「ホワイトデー」だそうです。

ホワイトで思い出したワイト島。全然関係ないんですけど。

ロック好きの方には、ある意味聖地。

1970年に行われたワイト島ロックフェスティバルは、実は1969年のウッドストックより大規模なものでした。

出演も、ジミヘン、ジョニ・ミッチェル、マイルス・デイヴィス、ザ・フー、ドアーズといったそうそうたる顔ぶれ。

てのを高校生の頃、WOWOWで見たような記憶があります。

 

そんなこんなで、本日アレの第三弾が発表されました~!

12814665_10153359104217014_622335818322863078_n

横山健さんにThe Birthdayと、やはりいつものメンツでございます!!!

フジロックを祝って、ミッシェル時代の曲をやってくれてもいいのではないでしょうか!?!?!?

アベフトシが亡くなった年も演らなかったから、さすがにないか~~~~~

 

というわけで、恐らくもう3Daysのそれぞれのヘッドライナーは上記の3つでしょう。

あとはいかに休みをとるか、そして金策に勤しむか、それしかありません!

3日間か・・・厳しいよ・・・

 

 

じゃ、商品紹介です。

本日は再入荷してきた商品のご紹介。

ドウゾ!

french-military-shoes-1-1024x768

【アイテム】1960’s French Military Leather Shoes (Dead Stock)

【価格】¥17,280-(税込)

【コメント】

レディースサイズのあのデッドストックレザーシューズが再入荷しました!

ご紹介する前に一度完売し、ブログ紹介後も即完売。(在庫が少ないだけなんですが・・・)

お陰様で国内にある在庫は、一度全て無くなってしまったのですが、

まだフランスに残っていた在庫を取り寄せてもらうことができました!!!

といってもその分サイズはマチマチなのですが。

ご用意できるのは36(22.5㎝くらいの方でちょうどいいと思います)と、38(24~24.5㎝)の2サイズ。

 

もしまだご存じでない方は、下記のリンクをご覧ください。

↓↓↓↓↓

1960’s French Military Leather Shoes(Click!)

ポイントはちゃんとしたレディースの木型であるということ。

メンズシューズのレディースサイズではなく、女性に合わせたフィッティング・履きやすさが伴ったデザインです。

女性の方にもファッションとしての良さだけでなく、履きやすい革靴というものを知って欲しい。

その入り口としては最適なアイテムではないでしょうか。

チャーチのお蔭で、メンズっぽい革靴を女性が履くのも一般的になりましたしね。

またフランス製のデッドストックでこの価格は、男性の革靴好きからしたら羨ましいですよ。

メンズだったら2万下回ることないでしょうから。

ぜひともご覧ください!

 

 

もう一つの再入荷はコチラ!

leon-flam-3-1024x768

leon-flam-2-1024x768

【ブランド】LEON FLAM(レオンフラム)

【アイテム】SAC21H Helmet Bag

【価格】¥56,160-(税込)

【コメント】

先日一度完売してしまったレオンフラムのバッグですが、新生活にいかがでしょうということで、

絶妙なタイミングで再入荷してまいりました!!!

 

こちらももしご存じでない方は、下記のリンクをどうぞ。

↓↓↓↓↓

LEON FLAM(レオンフラム)のSAC21H Helmet Bag(Click!)

新入社員にレオンフラムは・・・・さすがに生意気か!?

 

というわけで、私も展示会回りをするときは、件数が多い場合はたいていレオンフラムです。

件数が少ない時はABKを使うんですが、行動する時はやっぱり持ちやすいレオンフラムの出番。

そろそろ経年変化してきてもいい頃かな~と思ったのですが、

既にご使用になられているお客様の方がカッコよくなっていたので、ご紹介させていただきます。

 

まずはK様のレオンフラム!

レオンフラム狩野 (1)

運送会社の社長さんということで、仕事用に使っていただいております。

それなりの場に持っていくのでキレイにお使いいただいている模様。

レオンフラム狩野 (2)

とはいえ決して神経質になることなく、ガシガシ使ってもらっているのは、

レザーのめくれ具合から分かります。

レザーも全体的に深くなって理想的な経年変化と言えるでしょう。

 

次にご紹介するのはI様のバッグ。

こちらは打って変わって、私の予想を超えた変化を見せておりました!

ドウゾ!

レオンフラム板垣様 (2)

ちょっと写真がボケちゃって申し訳ないのですが、ご覧くださいこのレザー部分。

レオンフラムというちょっと高そうなバッグとしてではなく、バッグとしての本来の機能を最大限に発揮した証拠です。

 

実は私の基本的な服や道具の使い方として、「良い物をもったいなく使う」という理念があります。

diariesの品ぞろえは、基本的にシンプルでクオリティが高い物が多いと思うのですが、

気兼ねなくいつでもどこでも使え、年を経るごとに愛着が増していくものとしてセレクトをしているんです。

高い物だからといって大事に使うのではなく、値段に関係なく普通に使っていただければ、

何年かすると「ああ、やっぱりdiariesで買った物は良かったんだな。」と思っていただけることを願っています。

 

上記をふまえると、まさしくこのバッグの使い方は、diariesの理念を体現したものではないか、と思うわけです。

ブランドとして物を見るのではなく、物そのものの価値を見ているからこそできる使い方。

 

結果、グリーンのレザーが一度深まり、そこから一気に茶色に転じるという、

私ですら予想しなかった経年変化を見ることができました。

そういえばフルベジタブルタンニングレザーだったなと、改めて良さを理解した次第。

 

そういえばI様はまだ、このバッグをお買い上げいただいてから1年経つか経たないかだったような・・・

数年後が楽しみなバッグです!!!

 

 

以上2点。

新しい靴・鞄とともに、新しい生活を迎えてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

それではまた。お店で会いましょう。