BLOG

TENDER Co.(テンダー)のType112 Fitted Pyjama Trousers

Bijoux Touareg du Sahara

(訳:サハラ砂漠のトゥアレグジュエリー)

日程:4月28日(土)~5月6日(日)12:00~20:00

場所:diaries(茨城県つくば市松代2-1-5)

 

STORY

アフリカ大陸北部に位置する世界最大の砂漠であるサハラ砂漠。

その中を遊牧しながら生活している青い民・トゥアレグ族。

トゥアレグ族のシルバー細工は、伝統工芸として代々受け継がれて来た文化であり、

ヨーロッパの国(特にフランス)でネイティヴジュエリーと言えば、まずこのトゥアレグシルバーの名が挙がるほど。

フランスを代表するブランドであるHERMESでもコレクションが発表されているほどポピュラーな存在です。

純銀(ほぼ100%に近いSilver)を使い、鏨(タガネ)を使って柄を生み出す手彫りが特徴です。

 

CONCEPT

大量生産・大量消費の時代の中、同じ製品を作っていてもその時の作り手の気分が入り込み、

それが製品に反映されて1つ1つ違っていても良いのではないか?それは人が作っている物だから。

今日と明日では同じ物は出来ない。遠くサハラ砂漠で製作されるJewelryがあります。。

現代の職人が製作した作品と、時を経てAntiqueとなった作品をご用意しました。

たくさんの中から自分だけの作品を見つけてください。

 

 

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「メーデー」だそうです。

May Dayですね。

というわけで5月になったらこちらの曲。

Sweetest day of Mayです。

私がクラバー(死語?wていうか死語っていう言葉も死語?ww)だったころのアンセム。

 

友人がマンハッタンに勤めながらDJやってた影響もあり、ハウスもよく聴いてましたので、

この時期になるとまずはこの曲から!ってなりますね。

でもホント暖かくなってくるし、とりあえずテンションが上がるんでイイですよ。

 

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】TENDER Co.(テンダー)

【アイテム】Type112 Fitted Pyjama Trousers

【価格】¥38,880~42,120-(税込)

【コメント】

昨日に引き続き、またまたテンダーのパンツが入荷しております!!!

まさかの、この2018年春ではジーンズをセレクトしていません!テンダーなのに!

いやいや、確かにテンダーはジーンズからスタートしましたが、デニムを使った商品の魅力は氷山の一角でしかなく、

テンダーというブランドのポテンシャルは未だ未知数。

そして、少しでもその底を覗こうとするには、それなりの覚悟が必要なのです。

 

なんて書いてますが、今季は久々にどれもこれも欲しいアイテムばかりで、

ジーンズまで仕入れるお金が無いんだよ!!!てことです!www

まあそこで、あえて最も実績のあるジーンズを諦めるというのが、覚悟だったりするんですけどね。

 

まあもちろんジーンズは今後も入荷はするのですが、ひとまず今回はってことです。

 

というわけで、それくらい魅力があるパンツって何?ってことになりますが、

その名もPyjama Trousers=パジャマトラウザーズ。パジャマ???

テンダーのパジャマトラウザーズは、パジャマを縫製する工場を使用し、トラウザーズの形で仕立て上げられました。

部屋着としてのパジャマと外出着としてのトラウザーズという相反する要素を融合させた独特のパンツです。

というもの。

 

分かりやすく言うと、テンダーならではのイージーパンツってところです。

例えば細身のスウェットパンツをジャケットに合わせて着こなすみたいな感じ。

それがテンダーというフィルターを通すと、ガチなトラウザーズの形を持ち込んで、

わざわざパジャマ工場に作らせるということになるんです。

頼まれた人も「何でこんなことするの?」って思うでしょうねぇ~!

でもだからこそ唯一無二の服ができあがるわけですが。

 

また、実はこのテンダーのパジャマトラウザーズシリーズは、数年前からリリースされてはいました。

しかし、これまでは本当に柔らかい素材で作られていたので、

どうしてもトラウザーズではなくパジャマ寄りになってしまってたのです。

ですが今季は、ようやくトラウザーズに寄った生地を使えるようになったので、

ずっと欲しかった、夏用のイージーパンツとしてのテンダーを手に入れることができました。

 

ちなみにパジャマトラウザーズは、数年にわたり改良が加えられた結果、

腰回りにフィット感を工場させるためのダーツが入り、お尻周りのフィットが良くなり、

またウエストにはブラスアジャスターが付き、今までよりさらに履きやすくなっています。

またパジャマとしてのデザインからポケットが無かったのですが、

ヒップにテンダーらしい大き目の四角いポケットが1つ付きます。

ブランドタグが外側についているのは、パジャマとしての要素。

内側にタグがあると、チクチクしてリラックスできないので外側についてるんですね。

 

もう一つパジャマぽいところは前立て。

フライフロントどころか、股のボタンがありません!?ウエスト部分にだけ!

これもリラックスするためのディテールなのかな?

ちなみに前合わせが普通のパンツの倍くらい深くなっているので、おちんちんは見えませんのでご安チンください。

 

次はトラウザーズぽいところ。

テンダーのトラウザーズとえいば、〇〇〇ー〇というスコットランド発祥のトラウザーズの原型。

それはつまりサイドシームが無いこと。

でもポケットがケツに1つしかないので、すごく落ち着かないんですけど!

まあカッコイイからいいや!

 

ちなみに履いてみるとこんな感じです。

良くも悪くもテンダーらしからぬ細さ!

クロップド丈で履いてくれとのことです。

 

そして気になる素材ですが、こちらもシューメイカーキャンバスでご用意しました!

つまりセットアップでございます!!!!!

しかも白のセットアップは、当店ではル・ラブルールのセットアップがあるので、

テンダーにしかないというものにしたいので、錆染めのセットアップにしてしまいました!

人気が無い。悲しい色やね。と書いたあの色でセットアップ!最高ですね!

 

あと先ほど、このパンツにはポケットがお尻にしかないよと書きましたが、

セットアップにすることで、トップスにでっかいポケットがあるので、機能が補完されますよ。

 

ちなみに、シューメイカーキャンバスとは何ぞ?という方は、昨日のブログをご覧ください。

↓↓↓↓↓

TENDER Co.(テンダー)のDouble Front Butterfly Jacket(Click!)

革靴の内張り用の布ってことです。

革靴が好きなら包まれてみてください。

 

 

そしてこちらのパンツも、やっぱりどうしても欲しい素材があったので、2色でご用意しました。

今度はさらに素材も違います!

こちらはIndigo Bicolore Canvas=インディゴバイカラーキャンバスというもの。

先ほどのはシューメイカーキャンバスで、同じキャンバス織りでありながら、この違いようったらないね。

この素材がまたすごい。

〇〇糸は通常の綿糸ですが、〇〇糸にはロープ染めされたインディゴの糸と通常の綿糸を撚り合わせた糸を使用し、

それを〇〇〇〇〇織りにすることで、このような独特の〇ー〇〇模様が生まれるんです。

しかもワンウォッシュ後、インディゴの染料のみが滲んで、全体的に青みがかっているのも面白いですね。

もはやどのような色落ちをするのか、想像すら付きません!

もちろんテンダー独自に開発した素材です。

 

と書いている間に、どちらの色もラスト1点づつになってしまいました。

サイズは30インチくらいの方でちょうどいいと思います。

気になる方はお早めにどうぞ!

 

 

それではまた。お店で会いましょう。