BLOG

arbre(アルブル)のDress Pants

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「サイクリングの日」だそうです。

昨日のお休みは久々につくばを満喫させていただきました!!!!!

プライベートでもバタバタしており、疲れが溜まったのか3週間口内炎が治らない事態に見舞われましたが、

ついに・・・ついに・・・7月中旬までは毎週休みが取れるーーー!

う、嬉しい。。。

 

全く予定がないそんな日は、近所をブラブラと。

asa1

こちらも久々のアサヤケです!!!(Click!)

もうこの空間ヤバいですね。

アレをこうしてこう使おうとか、毎日つまらないこと考えている俺の頭の中が、急にクリエイティブな方向にフル回転します!

よくお店でも、「この服どう着たらいいんですか?」と聞かれるんですが、本当はそれを考えるのを楽しんで欲しいんです。

それが「自分らしさ」につながるから。

一応接客上それなりのアドバイスはさせてもらいますが、俺の言う事が正解ではありません。

だからこのアサヤケに行く時も同じで、服だけじゃなくなんだかよく分からない鉄もいっぱい。

その中から、自分ならこう使うってのを見つけてほしいんです。

ちなみに昨日買ったのは40年代頃の軍物の工具箱。何に使うか気になる人は、店頭で。

あと、これも気になった椅子。もうちょっとお店が広ければ買ってた。

asa2

 

それにしてもASAYAKE店主・K林大先生は相変わらずすごいですね~!!!

3時頃行って帰ったのが6時半だったので、3時間以上も長居をしてしまいました・・・ホントすいません。

でも昔を思い出しましたね~。

サラリーマン時代、アサヤケに行きたくて対して用もないのに牛久のクライアントにアポを入れ、

ちょちょっと午前中に商談を済ませ、昼メシ食ってアサヤケに向かって、

2,3時間話ながら物色して、いつも必ず買いたい物があったからしっかりゲットして、

会社は直帰が許されなかったので、また水戸まで高速使って帰るみたいな。

そんなことばっかりやってました。

 

思えば、茨城に帰って来てからは、殆どアサヤケでした買い物してないかも?

それくらいいい店ですので、是非みなさんも行ってみてください!

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

IMG_7499

【ブランド】arbre(アルブル)

【アイテム】Dress Pants

【価格】¥17,064-(税込)

【コメント】

2015年春夏も佳境でございますが、まだまだご紹介できてない新ブランドありますよ!!!

というわけで、まずはブランド紹介から。

IMG_7514

——————–

arbre(アルブル)は、2011年にスタートした大阪のブランド。

クロージングウェアに定評のある大阪のファクトリーブランド「ハイぺリオン」から独立し、

クロージングの作りそのままに、カジュアルでも着ることができるハイクオリティな普段着をリリースしています。

イメージはインポートにあるようなファクトリーブランド。

シンプルなデザインながら、生地や縫製にこだわっています。

——————–

 

というブランドなのですが、また一つdiariesに足りなかったピースが埋まったような気がします。

それは「ドレス」。

これまではINDIVIDUALIZED CLOTHINGのスーツしかなく、ちょっと普段着にはしにくいアイテムでした。

「ドレスダウン」という言葉が使われるようになって久しいですが、イマイチ定義が曖昧です。

例えばdiariesでドレスっぽい恰好してても、それは「カジュアルをベースとしたドレスアップ」であって、

ドレス服をカジュアルにダウンしたものではないので、ドレスダウンとは言いません。

恐らくドレスダウンのスタイリングは、まだdiariesのブログでは書いてないと思います。

 

でもこれからは、このarbreでできるようになると思います。

 

それでは詳しく見ていきましょう。

IMG_7508

ご覧ください、この美シルエット。

今までdiariesでは扱ってこなかったスタイルです。

近いところでは、CORBINやHERTLING TROUSERSがありましたが、もうどっちもできなくなってしまいましたからね・・・

さらにdiariesだと、どうしてもユルいワークパンツのイメージが強く、

どうせオーナー(私)が太ってるから、そういうシルエットが多いんでしょ?と思われていたかもしれません。

 

それに関して完全に否定はできませんが、私もね、こういうシルエットはよく履いてたんです。

それこそジャー〇ルにいた15年前はLEONのチョイ悪流行前夜でしたので、

インコテックスやらGTAやらイタリア物をよく着てました。シャツはボレリ・オリアン・バルバ・フライ(←これだけ着たことない)などなど。

今も人気ですが、昨年くらいから久々にこれらのパンツやシャツ着たいなと思って、

昔買ったメトリコ(←インコのファクトリー)やボレリをたまに着ています。

 

そんなわけで、自分で楽しむだけでなく、diariesはこういうスタイリングもちゃんとできますよとお客様に知ってもらいたいのと、

セレクトの幅を広げるためにもarbreのようなブランドを探していたわけです。

 

ボレリやインコはやらないのかって?

伊〇丹に行けば買えるようなものではなく、知られざる名品を探してくるのがウチのスタイルですので。

ネットで探してすぐに買えるものはあまり置きたくないんですよ。お店に来てもらってナンボなので。

 

そんなアルブルですが、今季はこのパンツのみ。

のんびりスタートするのもウチらしいかな?

IMG_7502

ポケットの角度、その他ディテールも完璧ですね。

特にこの辺。

IMG_7501

スーツで作ったならまだしも、パンツだけでもピックステッチを採用。

スーツのようなオーダー製品ではなく、通常でピックステッチやってるのはなかなか見ません。

これがあるとポケットが反りにくくなります。

 

あと、このディテールも意外と知らない人が多い。

IMG_7503

気になる方は店頭でどうぞ。

 

バックポケットもニクイね。

IMG_7507

両玉縁にDカン。ダーツの入れ方もこだわっているのが分かります。

 

そして久々の、

IMG_7509

マルジェラから学んだ、作りが良い服は裏返しにしてもカッコいいということ。

ひざまで当てられた裏地。

そしてこのパーツも見逃せない。

IMG_7510

どのパーツは気になる方は、こちらも店頭で聞いて下さいね~。

 

縫製などのディテールは以上で、お次は生地。

IMG_7506

素材はウール×ポリエステルのサマーウール。夏も通気性がよく涼しいですよ!

そしてさらに「High Twist」なる表記が。

ハイツイスト、つまり強撚糸。

何度も書いているかと思いますが、強撚にすることでストレッチ素材(ポリウレタンなど)を入れなくても、

自然なストレッチ性を持たせることができます。

なのでシルエットが細いながらも、立ったり座ったりが非常にしやすい!

そしてもう一つメリットが!!!

ストレッチということは、伸びても元に戻るというわけですから、

この手のパンツによくある、長く履いているとヒザが出てしまうという問題も改善されているんです!!!

特に茨城なんかだと、車に乗っていることが多かったり、

もちろん仕事でもデスクワークが多い人なんかにもオススメですかね。

通常のパンツよりも、寿命が長いと思います。

 

 

太目のパンツももちろん履いてますが、最近はこういう細身を履くと気持ちも締まる気がします。

是非ビタビタで履いてほしいですね!

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

Semoh(セモー)のBelt

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「森林の日」だそうです。

つくばの森にはこんなのが飛んでいます。

doron

なんと、今をときめくあのドローン専用の飛行場(練習場?)が、ここつくばにできました!!!

さすがマッドサイエンスハイテクシティTSUKUBA!

そしてその飛行場は、我らが「つくばねファーム」(Click!)の目と鼻の先ってんだから面白い。

 

そんなつくばねファームですが、なんとこちらのイベントにも出店されるそう。

tea

TEA PARTY OF WONDERLAND

2015年5月23日(土)24日(日)
10:00~16:00
七ツ洞公園芝生広場

いつもお世話になってる水戸のtrattoria blackbirdやto_dining&dailygoodthingsやSTRAYSHEEPやlittle. Cuなどなど、

これらのお店につくばねファームが加わってどんな変化が起きるのか!?非常に興味深く楽しみなんですが、

さすがに行けるかどうか。。。お店休めねーーー!!!

週末は是非みなさんも水戸の七つ洞公園に足を運んだほうがいいと思います!

 

 

 

じゃ、商品紹介です。

semoh belt (1)

【ブランド】Semoh(セモー)

【アイテム】Belt

【価格】¥11,880-(税込)

【コメント】

今季も届いておりますセモーのベルト。

なにげにセモーの小物ってかなり好きなんですけどね。

まあ、私がSemohの服はサイズが小さくて着られないので、

いつも小物ばかり買っているという理由もあるかもしれませんが!泣

とはいえ、これまでバッグにしろ帽子にしろマネークリップにしろ、

完売してから問い合わせが多いのは事実なんです。

しかし、ベルトはまだまだ良さを分かっていただけてないかもしれません。

もっと評価されてもいいと思うアイテムの一つ。

 

セモーのベルトの魅力は、まずは何といってもそのシーズンごとにセレクトされる生地。

semoh belt (4)

昨年はヴィヴィッドなジラフ柄。昨秋はモヘア生地など、どれもあまり見たことない素晴らしい素材ばかり。

なぜならこれら小物に使われる生地は、デザイナーのU山さんが好きでコレクションしたものだから。

普通は洋服を考えてそれに合う生地を選びますが、

こういったアイテムは生地優先だったりする場合があるようです。

生地を買うときに、その時は何に使うか分からないけど、これはヤバいから買っとかなきゃって感じで。

そういう場合って、洋服を作れるほどの量はほとんど残ってないみたいなので、

こうやって小物に使われてリリースされるんですね。

 

そして今回の生地も、また特別。

U山さん本人が、昨年フランス出張に行った時に現地のカーテン屋さんで買った生地とのことです。

あくまでも資材なので、カーテンに使われているかどうかは分かりませんが、

光沢があり上質で、控えめなモノグラムが非常にバランス良く仕上がっております。

今季のは、スーツやセットアップスタイルにもハマりそう。

 

そしてもう一つの魅力がこちら。

semoh belt (6)

ドレス用のベルト作りになっていること。

例えばウチの店なんかだと、Martin Faizeyのベルトをジーンズからスーツまで使って下さいと言ってますが、

実は冠婚葬祭までいくとちょっと違ってきます。

フォーマルまでいくと、このようにステッチがかけてあって、さらに中央が立体的に膨らんでいるのが望ましいのです。

当然、このふくらみもレザーを使っていた方がいいと思います。

 

でもそこはセモーなので、

semoh belt (7)

ベルトの穴は7つで、30~34インチの方に使ってほしいとのことです。

本気のドレス仕様だけど、付け方はリラックス。十分にセモーらしいアイテムではないですか。

 

またこのヌメ革もいいですよね~。

semoh belt (2)

経年変化も楽しみつつ、マットなブラックのバックルは、真鍮にクロムメッキを施してあります。

semoh belt (3)

こちらはハンドステッチ。どこまでも丁寧ですね~。

 

夏らしく、軽やかなベルトはいかがでしょうか。

semoh belt (5)

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

 

DOWN ON THE CORNER(ダウンオンザコーナー)のCactus & Sage Tee

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「ことばの日」だそうです。

 

言葉って最強ですね。

使っても使っても減る気がしない。

毎日こちらのブログでどうしようもない言葉を垂れ流し続けてますが、減るのはPCのキーボードくらいですかね。

言葉でお金を稼げるようになったら最強ですな。

そう思うと、コピーライターってすごい。

前職で広告を作る時に、本社には営業ではなく製作専門のスタッフもいて、それは素晴らしい作品を作ってくれるのですが、

コピーライター志望のスタッフに作ってもらったときは、あまりにアーティスティックすぎて、

茨城の会社様には全く受け入れられなかったことを思い出します。

難しいっすね。斬新なアイデアと効果って。

 

 

じゃ、商品紹介です。

今日は力の抜けたアイテムです。

ドウゾ!

IMG_7476

【ブランド】DOWN ON THE CORNER(ダウンオンザコーナー)

【アイテム】Cactus & Sage Tee

【価格】¥4,320-(税込)

【コメント】

35歳以上の方なら「え!?マジ!?!?」と思う方も少なくないはず。

そうです。ご存じ、あの裏原のダウンオンザコーナーです!!!!!

IMG_7478

お店ではなく、当時のオリジナルアイテムが復活しました!!!

完全に私も懐かしいだけで即オーダー!

ダウンオンザコーナーといえば、裏原ストリートの突き当り。

まさしく角の階段を下って行くダウンオンザコーナー!

何年も継ぎ足されたキャンドルのことをよく覚えています!

俺も学生時代はアパートでやってました!火事になるとこだった!アブネーーー!

そして並ばないと買えない、行ってもどうせ商品が置いてないノーウェアより、

どっちかって言うと音楽の匂いがするこのダウンオンザコーナーの方によく行ってましたね~。

プロペラもあったしヴィンテージキングもあった。

なにより「ばさらか」のとんこつラーメンが食えた!

代田橋のオシャレなバサノバじゃダメなんです!ロカビリーを聞きながらでないと!

ハッ!?まさか喜乃壺を好きなのはサイコビリーが流れているからなのか!?

あの時の刷り込みなのか???

そんなわけはないですが、色んなことが走馬灯のように思い浮かぶTシャツってことです。

 

それにしてもアパレルにとっては良い時代でしたね。(俺はまだ学生だったけど)

IMG_7479

このようにオリジナルのピスネームもちゃんと復刻されているのですが、

IMG_7482

このように、あり物のボディ(恐らくGILDAN?)にただプリントしてオリジナルタグを付けただけで、

洋服がバンバン売れてったんですから!!!

俺もその頃に洋服屋やってたらな・・・なんて思ったり思わなかったりですけど、

当時の方が「自由さ」みたいなのはありましたよね。なんでもアリ的な。

だってファッションて自由じゃないですか。

裏原だけでなく、モードもエンジェラーもストリートもモッズもごった煮でみんな遊んでた。

俺もヴィンテージのダブルのライダース着て、ギャルソンの本店にシャツを買いに行ったり、

そんな恥ずかしくて痛々しいことをいっぱいやってきましたが、

今の若い人はそういう痛い経験は積んでるんでしょうか?

骨ってね、骨折すると太くなるんですよ。

こんなこと言い出すと、もう完全におっさんなんですけど、

ホント若いうちにいろいろ大怪我しないとダメですよー!

 

というわけで、今日は痛々しいファッションで攻めてみました!

IMG_7485

Shorts/GOOD ON (Camo Sweat Shorts) ¥8,964-

Shoes/The Superior Labor×RFW  (William Morris Sneaker) ¥19,440-

Bag/MADDEN (Ballistic Dan’s Pack) ¥17,064-

 

ザ・90年代!

グッドオンのカモショーツをエイプのカモ柄に見立てて!

シュペリオールのスニーカーもバンズの総柄に見立てて!

柄に柄を合わせて大失敗するという、若くないとできないコーディネートです!!!

俺なんてケガしまくって体中ボロボロですよ!だから今の俺がいる!!!

ちなみにメデンのバッグも復活してます!懐かしいでしょーーー!?

 

昭和50年代生まれのみなさん!

俺たちまだまだ元気です!Forever Young!!!

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

 

WORKERS(ワーカーズ)のGhurka Shorts

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「お茶漬けの日」だそうです。

昨日のブログでちょっとだけ触れたエアレース。

エアレースと言っても、エアギターのエアではございません。

正式名称はREDBULL  AIR RACE。空のF1と呼ばれる、小型飛行機のレースでございます。

photo01

実は日本人選手も出てたんですが、結果は9位!惜しいような惜しくないような!!!

そしてランキングを見てみると、せっかく紅の豚とひっかけたのに、イタリア人選手がいないという悲しさ!!!

今日は飲もうっと。そうしようっと。S井君、ブログネタありがとー!

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

IMG_7457 IMG_7458

【ブランド】WORKERS(ワーカーズ)

【アイテム】Ghurka Shorts

【価格】¥14,040-(税込)

【コメント】

ちょっと早いと思うんですが、お客様のご要望にお応えしてショーツのご紹介です。

ホントこの暑さ困ります!

まあでもそれぞれの季節で楽しめる洋服もご紹介できるのがプロですかね。

 

それで今季ご紹介するショーツのトップバッターはコチラ

IMG_7463

やや太目の独特なシルエットが特徴のワーカーズのグルカショーツです。

WORKERSのオフィシャルによると、

「グルカパンツ、グルカショーツ、バトルドレストラウザーズ、

様々な呼び方がありますが、ひとくくりにすると”イギリスのミリタリートラウザーズ”。

それらを元にしたショートパンツです。」とのこと。

 

そもそもグルカとは何ぞ?と聞かれると説明が長くなるのでサラッと。

グルカとはイギリスの「グルカ兵」から来ており、白兵戦最強の兵士とも言われています。

でもネパール人なんですけどね。イギリスがネパールを占領してた時に編成された舞台なので。

しかしその強さと貢献度から、2005年にはイギリスで公式に市民権を得られるようになりました。

どれくらい公式かというと、

200px-Gurkha_Soldier_Monument,_London_-_April_2008

ロンドンの「ホワイトホール」という通りに彫像が建てられるほど。

このホワイトホールってのも、日本で言うと国会議事堂の前の通りで、

さらにこの彫像はイギリス防衛省の建物の前にあったりするので、そういう意味なんだなと。

 

で、この像を見ても分かる通り、彼らの履いているショーツなんですが、

スラックスをそのままぶった切ったようなやや太目のシルエットが特徴です。

 

IMG_7459

タックが入り、ゆったりしたフィット。動きやすく涼しいですね。

 

そしてここがワーカーズの面白いところ。

グルカパンツといえばこのウエスト部分にカマーバンドのようなストラップが付くことが普通なんです。

ぜひ「グルカパンツ」で調べてみてください。

一目で分かるグルカのディテールを取り入れず、あえてそれ以外の特徴を分かりにくく取り入れているのがさすがですね。

ただのレプリカブランドではない、ちゃんと「ヴィンテージという要素を咀嚼できている」証拠だと思います。

これでリリースするのは正直度胸いりますよ!

だってあのカマーバンドのディテールがなきゃグルカじゃないじゃん!って言われそうですもん。

この天邪鬼感、嫌いじゃないですね~。

 

またオリジナルのカマーバンドにはウエストの調節機能が付いていますので、

その機能を、今度はアメリカのミリタリーパンツであるベイカーパンツから引っ張ってきています。

IMG_7471

ご覧の通り、メタルボタンもカッコいいですね。

フライ部分も同様に。

IMG_7469

もう一つ、カマーバンドを付けなかった特徴として、ショーツ=夏のアイテムなので、

ウエストに何枚も生地が重なると熱がこもって深いであるという状況も考えてのことだそうです。

 

また生地はコットン75%×リネン25%のカルゼ織り。

IMG_7460

リネンが混紡されそれだけでも通気性が良くなっているのですが、

カルゼ織りにすることで、チノクロスより凹凸のある素材になり、より涼しく履けるようになっています。

 

 

 

さっそく履いてみました。

workers1501-0077-30--10

Hat/TESI (Panama Hat) ¥16,200-

Jacket/MARCEAU (Safari Jacket) ¥34,560-

Cut Saw/Glacon (Round Collar Polo) ¥15,660-

Shoes/ARROW FOOTWEAR by white and co 1890 (Derby -exclusive by diaries-) ¥42,984-

サファリジャケットにショーツといえば、、、

ヘミングウェ~~~イ

 

 

 

 

うぇい!

 

 

 

 

うぇいうぇいううぇ~~~~い!!!!!

 

IMG_7465

タグは忠実に。ブロードアロー。

 

それではまた。お店で会いましょう。

こちらの商品はオンラインショップでご購入頂けます。
WORKERS|Ghurka Shorts|Olive
WORKERS|Ghurka Shorts|Beige

Glacon(グラソン)のRound Collar Polo

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「旅の日」だそうです。

旅に出たい

airrace

どっか行っちゃいたい

 

あ~もうなんか幕張でやってるエアレース見たらすっきりするだろーなーーー!!!

紅の豚でも借りて帰ろ。

 

じゃ、そんな俺豚が商品紹介しますよ~

 

ドウゾ!

IMG_7450

【ブランド】Glacon(グラソン)

【アイテム】Round Collar Polo

【価格】¥15,660-(税込)

【コメント】

今年も届いております。グラソンのポロシャツ。

気が付けば、ボーダーTと同じかそれ以上に人気かもしれません。

なので、既にMサイズLサイズが1着づつしか残っておらんです。

すいませんが、気になる方は急ぎでお願いします。

 

私も色違いで2色持ってますが、その辺のポロシャツと圧倒的に違うのが襟ですね。

いきなり本題から入らせていただきます。

IMG_7451

ラウンドカラー。それだからかっこいいわけではありません。

もっと深い理由があるんです。

それはコチラ。

IMG_7456

他のシャツにはないパターン。

それは台襟が付いていること。

襟と身頃の間に帯状に生地が配されていますね。これが台襟。

当然、襟の台というだけあって、襟を支えるものです。

これまで着て来たポロシャツには、殆ど見受けられませんでした。

ポロシャツの襟はリブを折り返しただけのものが多く、

着れば着るほど伸びてだらしなくなってくるものだと思っていました。

だからこれまでフレンチラコ〇テを新品古着問わず、何枚も何枚も購入してきました。

それでも不思議に思わなかったのは、ポロシャツなんて所詮Tシャツに毛が生えただけのものだと思ってたから。

でもこのグラソンのポロシャツを見て気づいたんですね。

なんだ、こうすればよかったんだなと。

 

もちろん、台襟を付けているポロシャツはグラソンだけではございません。

国内外のブランド問わず、何個か思い浮かびます。

あの日本のブランドも、あのイタリアのブランドも、ゆくゆくは取り扱おうかと思っていますが、

 

このラウンドカラーが素敵すぎてねぇ~。

基本的にはレギュラーカラーで、変化を付けてボタンダウンというのはよく見かけます。

でも台襟が付いてきてさらにボタンダウンとなると、ちょっと盛り過ぎのような気がしないでもない。

だから足し算(=台襟)と引き算(=ラウンドカラー)のバランスが非常に優れているのが、

このグラソンのポロシャツだと思っています。

 

たまに20代以下の若い男性を接客する時に、ポロシャツを勧めたりするのですが、

「オヤジくさい」という理由で敬遠されるかたを見かけることがあります。

ポロシャツ=オヤジ。いつからそんな風になってしまったんでしょう。

確かにある程度年を重ねてきたら、襟をついた服を着た方がいいと思います。

でもポロシャツ=オヤジ=カッコ悪いというのは違いますね。

ポロシャツは悪くない。悪いのはカッコ悪いオヤジということになってしまう。

ここでも、決してオヤジは悪くない。

オヤジ臭いと言われるのはしょうがないけど。加齢臭というのもがあるので。

 

つまり何が言いたいのかというと、ダルダルにならない襟のポロシャツを着て、

そしてサイズにも気を付けて着てほしいということです。

グラソンのポロシャツはシルエットもいいですよ!太すぎず細すぎず。

もしいわゆる「オヤジ」の方に気を付けてほしいのは、

お腹が出てきたからって、大きいサイズを選ばないことです。

それがカッコいいオヤジもポロシャツも、カッコ悪くしてしまう要因なんです。

お腹が出たっていいじゃない!堂々としているのが一番カッコいいんですよ!!!

 

是非ともカッコいいオヤジをもっともっとつくばに増やしていきたいですね~。

そんでそれに憧れる若い人も増やしていきたい。

是非、若い方もポロシャツにトライしてみてください。

 

長くなりましたが、「襟」がすごいってことです。いとしのエ・・・・・

 

気を取り直して、パッと見でみなさんがお気づきになるのはこんなとこ。

次は洋服好きならではのディテールですかね?

IMG_7453

これはサイドの部分で、前身頃と後見頃が縫い合わさっているスリットの部分。

個人的には、前後同じ長さの物が好きなんです。ホント個人的にね。

先ほどもフレンチラコステを買い続けていたと書きましたが、実はそれも同じ理由。

例えばラルフもフレッドペリーもポロシャツは後ろ身頃が長いのが普通だと思います。

当たり前なのですが、人間は基本的に動く時は前かがみになりますからね。

パンツにタックインして前かがみになっても、背中が出にくいように後ろが長いんです。シャツも同じ。

でもフレラコは違ったんですね。

「他と違う」ってだけで十分買う動機にはなりますが、着てみると非常にカッコよかった。横から見ても。

なのでいつもポロシャツを選ぶときは、この長さにこだわっています。

グラソンも同様でしたが、非常に丁寧な縫製で素晴らしいですねこれは。

 

昨日は30度近くまで気温が上がったので、思わずグラソンのポロシャツ着ちゃいましたね~。

ちょっと早いかなと思ったんですけど。

結構蒸し蒸ししてたんで、このカノコ生地がサラッとしてて最高でした!

IMG_7452

ピケ、日本語で鹿の子編み。凹凸があり、汗をかいても肌にベタッと張り付きません。

通気性もよく、暑くジメッとした日本の夏には抜群の相性を誇ると思います。

襟元がしっかり整うので、クールビズにもオススメですよー!

父の日までに間に合うかな?

 

 

それではまた。お店で会いましょう。