BLOG

YARMO(ヤーモ)のRoyal Navy Hospital Coat

【KUON POP-UP STORE IN DIARIES】

日時:5/19(土)~5/27(日)12:00~20:00

 

Brand Concept:KUON(クオン)は日本語の「久遠」、「遠い過去または未来」「永遠」に由来しています。

世界中に存在する古着や古布の持つ歴史や文化を取り入れながらも、

その枠に捉われず、時代が巡っても変わらない、

理屈抜きのシンプルなカッコよさを追求することをブランドの真髄としています。

新しいものは古くなるけれど

美しいものはいつまでも美しい

Designer:石橋真一郎(Shinichiro Ishibashi)

丸の内の老舗テーラーにて修行後、

パリコレクションブランドのパタンナーとして入社、

2014年独立し、フリーパタンナーとして数々のブランドを手がける。

2016S/SよりKUONのデザイナーに就任。

 

 

 

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「世界赤十字デー」だそうです。

赤十字といえば?レッドシールド、ロートシルト、ロスチャイルドなどなど陰謀論は嫌いじゃないです!

以前、友人がロスチャイルド系の株だけ買っとけば安心じゃね?って言って投資してましたが、見事に惨敗。

そんな甘いもんじゃないですね~!

 

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】YARMO(ヤーモ)

【アイテム】Royal Navy Hospital Coat

【価格】¥29,160-(税込)

【コメント】

ヤーモから、ちょっと良い服が届いてます。

まずタグをご覧ください。

いつものYarmoでもなく、CC41タグでもなく、ブロードアローが燦然と輝くタグ。

もうだいぶブロードアローも出すぎた感がありますが!wいやまだまだかな???まあどっちでもいいや。

それはさておき、このタグが付いたラインは、Yarmoの中でも実はちょっと良いライン。

 

このラインは何かというと、このタグが表すとおりイギリス軍ぽいデザインを落とし込んだものとなっています。

もちろんそれは、ヤーモが過去にイギリス軍へ官給品を納めていたという事実があるから。

それが恐らく1939年のことで、Admiralty=海軍へ納品を行っていたのでしょう。

 

とにかくシンプルないつものヤーモとは違って、素材なりデザインなりが結構こだわって作られています。

でもやり過ぎてないところがヤーモらしくていいんです。

 

それでは詳しく見ていきましょう。

こちらはRoyal Navy Hospital Coatという商品名。

なので、イギリス海軍の病院用コートをベースにデザインされたものになります。

 

イギリス軍のホスピタル物といえば、真っ先に思い浮かぶのはこちら。

これは私物なのでジャケットしかありませんが、他にベストとパンツもあります。

ですが、コートは見たことも聞いたこともありません。俺が知らないだけかもしれませんけど。。。

あ、でもこのヤーモのホスピタルコートで形が近い物は、イギリス陸軍のグリーンデニムでありますね。

 

なのでトータルで見て「イギリス軍ぽい!」と思ってもらえればOK!www

まあでも、個人的にはイギリス軍ぽいからでセレクトしてませんが!

 

まずは、ウチの奥さんがグリーンデニムのホスピタルコート?をよく着ていて、いいなあ~と思って。

なので今回はユニセックスアイテムとしてご用意しました。

そして次にこの生地が気に入りました!

生地は綿28%・麻22%なのですが、よく見るとリップストップになってるんです!?!?!?

コットンリネンのリップストップって、洗いこんだらどうなるんだろう?

良い感じにシワが出るんだろうな~というのが楽しみの1つ。

また、軍物のコットンナイロンのリップストップよりも断然薄く、シャツに使われそうな生地なので、

これからの時期にピッタリだと思います。特に女性にとって冷えは厳禁ですので。

 

コートですが、カーディガン感覚で着られるというところと、

ライトアウターですが、シワになっても気にならない、むしろシワが特徴であること、

さらにはガウンのようなリラックスした着心地と、

こう見えて実はものすごく機能的なアイテムであることに気づきました!

もちろんファッション性という部分でもインパクトがあるので、

夏の単調なコーディネートに一役買ってくれることでしょう。

 

普通のTシャツにパンツに合わせたらどうなるかな?と思って着てみました。

(壁と同化しちゃって分かりにくいけど)いいですねー!!!

濃い色のインナーを着ると、リップストップが透けてチェック柄のように見えるのを期待し、あえて白しかご用意してません。

となると、やはり汚れが気になりますよね?

でもそこはヤーモ=ワークウェアなので、ガンガン漂白して着ちゃってください!

そして漂白剤なら、diariesでも取り扱っているThe Laundress(ランドレス)のオールパーパスブリーチなら、

衣類へのダメージも最小限にして洗うことができますよ!

私も、インディヴィジュアライズドシャツに付けたワインの沁みを、一晩かけて抜くことができましたので!

オススメです!

 

 

 

それではまた。お店で会いましょう。