Blog

British Army Gurkha Shorts (Dead stock from 1970’s~)&Royal Navy Shorts (Dead stock from 1990’s~)

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「ゆかたの日」だそうです。

あかん・・・今年も作れんかったで・・・ゆかた。

KUONとかから出ませんかね?でもそれじゃ普通か。日本だし。

そうそう、先日はKUONの展示会に行って参りました!

今後の活動がヤバイですね。マジで気にしておいた方がいいです。

世界がKUONに気づき始めた・・・

 

にしても暑いね、中目黒。

なんか知らないですけど、中目黒の駅前にオルガンが置かれてました。

海外では空港や駅でたまに見かけますが、日本だと珍しいですね。

ちょっとこれ、いきなり有名な人が変装して登場するんじゃないの~???とか思ったんですが、

何も起こりませんでした。

ここで弾けたらカッコイイんですけどね!

YouTubeとかで見ちゃうなー!知らない人同士がいきなりセッションするやつ!

憧れるわ~!腕前に自信がないと無理だわ~!

俺にできるのこれくらいですかね。

この画像出すのに「カラテバカ一代」って検索して出てこなくて、ずっと探したけどね。

たまにブログ書くのがすげーバカバカしくなる時ってこんな時だね。柔道一直線だったわ。

 

ところでこのオルガンは何だったんだろう?インスタレーションかな?

阿吽革命ってステッカーが。

あとKittiZilla。ゴジラをネコにしてキティジラ。

すげー言いにくい、キティジラ。

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【アイテム】British Army Gurkha Shorts (Dead stock from 1970’s~)

【価格】¥19,224-

【コメント】

なんと!?ギリギリ夏に間に合いましたー!グルカショーツ!!しかもデッドストック!!!

さらには嬉しいネイビーでございます!!!!!この色はヤバイね。

昨年はカーキとオリーブの2色でしたが、今回はネイビーのみの入荷となります。

カーキもオリーブもいいけど、やっぱりネイビーの安定感はすごい。

デッドストックだからコントロールできないところでもあるけど、

ネイビーだけが1年遅れで入荷するってのもニクイね~!

でもこればかりはしょうないです!タイミングでしかない!それがヴィンテージ。

 

その辺はウチのお客様もよくご存じのようで、グルカショーツの反響はすごいです。

残り少ないので、急いで紹介しないと。

 

それではグルカとは何ぞ?と思われるかもしれませんが、話すと長くなるのでサラッと。

グルカとはイギリスの「グルカ兵」から来ており、白兵戦最強の兵士とも言われています。

でもネパール人なんですけどね。

イギリスが1814年にネパールを占領しようとしたのですが、メチャクチャ強かったのが後のグルカ兵。

あまりの強さに感銘を受け東インド会社で雇い、その後占領下のインド軍に編入。

その強さと貢献度から、2005年にはイギリスで公式に市民権を得られるようになりました。

どれくらい公式かというと、上の写真の通りロンドンの「ホワイトホール」という通りに彫像が建てられるほど。

このホワイトホールってのも、日本で言うと国会議事堂の前の通りで、

さらにこの彫像はイギリス防衛省の建物の前にあったりするので、それだけイギリスに忠実だったんだなと。

 

なんだか気が優しくて力持ちな兵士を想像しちゃいます。

 

そんな力強い兵士が履いていたのが、このグルカパンツ。

グルカといえばやっぱりこのウエストです。

最初は履くのにとまどうことでしょう。

腰回りをガッチリホールド。トイレが大変なのでございます。

シルエットは極太のスラックスをぶった切ったようなシルエットです!強い!

そして前に2本づつ、後ろに1本づつ、合計6本ものタック!

この腰回りのホールド感にくらべシルエットは極太なので、非常に動きやすいんです!

でもトイレは非常にしにくい!

ホールドする。ただ1つの機能にのみ特化したクレイジーなショーツなんですよ。

こういうのに弱いんだよなぁ~。

ちなみにこのようなグルカタイプのミリタリーショーツは、イタリア軍やらオーストリア軍やらありますが、

グルカ兵の歴史を鑑みれば、イギリス軍から押さえときたいなというのが私の希望であり、お店としては宣伝文句でもありますね。

 

ちなみにこちらはいつ頃のデッドストックかと申しますと、おそらく1970年代。

実は払い下げ時に、ラベルが取られちゃってるみたいなんです。

なので正直ミリタリーで支給されたものなのか、民間用に作られたものかは定かではないんです。

でも太陽にさらしてよ~~~く見ると、うっすらブロードアローのスタンプが見えなくもない・・・

なにはともあれ、恐らく昨年入荷してきたグルカと同じだと思うので、1970年代で大丈夫だと思います。

サイズも昨年と同じで、30インチ前後と34インチ前後の2つありますし。

興味のある方はお早めにどうぞ!!!

 

 

そして本日はもう1型ございます!!!

ドウゾ!

【アイテム】Royal Navy Shorts (Dead stock from 1990’s~)

【価格】¥6,264-

【コメント】

遅ればせながら、ロイヤルネイビーのショーツが入荷いたしました!!!

こちらは近年のものということで、まだヴィンテージ価値が上がってないからお求めやすいってのも魅力です。

ロイヤルエアフォースでも同型がありますが、こちらはロイヤルネイビー(海軍)です。

コントラクトナンバーに2000て書いてありますけど、そこは年代ではなかったような?

なので90年代以降ってくらいに考えておいてください。

 

ディテールはというと、グルカショーツとは対照的に極めてシンプルです。

どれくらいシンプルかって、2タックはあれどベルトループ無し!!!!!

なので、サイドでアジャスタブル。

シルエットは、やはり軍物なのでやや太目。

俺にはサイズが合ってません。

ウエストは32~34インチの方がベストです!このサイズしかありませんよ!

 

着てみるとこんな感じ。

せっかく本格的なクラシックトラウザーズのディテールである、「アジャスター」+「〇ち出し」が付いているので、

個人的にはタックインして着たくなります。

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018