Blog

Buffalo Systems(バッファローシステムズ)とCorgi(コーギー)のご紹介です。

買付前SALE開催中!!!

1月中旬に冬期休暇をいただくにあたり、新春特別セールを開催いたします!

期間:1/2(火)~1/8(月)

割引率:対象商品のみ10%(※但し現金にてお支払の場合のみ。カードご利用の場合は割引率は5%となります。)

※初売り商品として、45%OFFのものまでございます。

※通販も適宜対応致しますので、お気軽にメールでご相談ください。

 

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「色の日」だそうです。

昨年末最後の外食は、色々いろいろ食べられるこちらのお店へ。

もはや、つくばのカレーといったらココかな?スリランカカレーの「ヘラディワ」。

この日はバイキングということで、下妻・ランディワでもいけなかったスリランカ料理のバイキングを初体験!

マジで腹が裂けそうなくらい食べたわ・・・

スパイスのせいで本当にいくらでも食べられちゃう!危ないよこの店!

 

 

 

じゃ、商品紹介です。

 

 

本日は、まだなぜか残っている初売り用のアイテムを紹介いたします。

じゃないと買い付けに支障をきたしますので!!!

ドウゾ!

こちらはBuffalo Systems(バッファローシステムズ)というイギリスのアウトドアブランド。

1970年代後半、ハミッシュ・ハミルトンにより寝袋を作るメーカーとして設立されました。

きっかけは、それまで使用していた寝袋の性能に疑問を持ち、自分で寝袋を作ろうとしたことから。

イヌイットが使う動物の毛皮からヒントを得、自身のブランドはバッファローシステムズと名付けました。

その耐久性と機能性から、イギリス軍や警察からマウンテンレスキューまで幅広く使用されています。

ロンドンより北に2時間ほどのシェフィールドという街で作られています。

自分たちを頑固な集団と呼ぶくらいなので、イギリス製であることにこだわっています。

 

中でも、このMountain Shirtというスモックが1986年に「アウトドアライターズギルドゴールデンブーツ賞

(Outdoor Writers Guild Golden Boots Award)」を受賞し、バッファローシステムズの代表作となります。

頑固というだけあって、昔からずっと形が変わらないんですよ。

だからものすごい野暮ったい。

diariesで他の商品で例えるとしたら、MOCEANとかですかね?そのイギリス版的な。

 

特徴としては、まず素材の使い方。

 

表をPERTEX(パーテックス)という生地で覆い水や風を通さず、

内側はAqua Therm(アクアサーモ)というパイル構造で、保温性を持ちながら湿気を逃がします。

 

興味深いのが、例えばパーテックスなんて使ってるアウトドアメーカーなんて今じゃほとんど見ないでしょ?

パーテックスが出回ったのって、90年代から2000年初頭くらいだし。

なんですけど、パーテックスって生地はイギリス(ランカシャー)生まれなんですよ。

だから同じイギリス生まれの生地を意地でも使ってるって感じですね。

 

さらに!この仕様するパーテックスが、パーテックスの中でもClassic Pertexという、

昔っぽいやたらガサガサして、とても着心地が良いとは言えない生地なんです!!!

 

頑固だわ~

 

そして昔から変わらずという部分では、素材だけでなく形も一緒ですね。

このガバっと開く胸のポケット。

 

あと好きなのがこの襟の形。

寝かせると、ショールカラーの出来損ないみたいになって何とも言えない感じになるんです。

でもこの襟だからこそ、インナーにシャツが合うんですけどね!

 

もちろん普通に立たせてきてもOK!

ちなみに首の周りのベルクロ(マジックテープ)は、別売りのフードを付けるためのやつです。

フードがマジックテープって!?www

 

そして服好きが好きになるディテール。

サイドがガバーっと開くので脱ぎ着も楽なんですが、そのジップは上からも開くのでベンチレーションも兼ねているということ。

実はこれと同じディテールが、イギリス軍のナイロンスモックにもあって、

その軍物作ってるのは、このバッファローなのかな~?と思ったりするわけです。

 

そして極めつけはここ。

復刻された旧タグです。

できることならこのタグがいい。

服自体のクオリティは全く関係しませんが、タグ好きなのでどうしても・・・ね。

 

 

でもスモックだけだと好き嫌いが分かれるかな~と思ったので、こんなのも用意してみました。

どう見てもベンチコートなのですが、バッファローなのでしょうがないです。

もはやバッファローという言葉が、イコール頑固になってしまいそう。

 

しかしこんなシンプルなコートも、ひとくせもふたくせもありまして。

とりあえずジッパーを開いてみるでしょ?

なのにまたジッパーが出てくるの!www

お前はスティッキーフィンガーズかよ?と。

さらにはダブルジッパー!

いやむしろダブルジッパーがダブルだから、合わせてクアドラブルジッパー!!!知らんけど。

まあどんだけ風が入ってきてほしくないんだよ!と思いますが、

このように締めれば、身幅を調節する機能もあるのかな~?って。ホント知らんけどね。

 

で、内側は全部パイルです。

そしてよく見ると、DPシステムという文字が。

これなんだろうと思ったら、PERTEX(パーテックス)とPILE(パイル構造)の頭文字を取ってダブルP=Double P。

で、DPシステムなんだってさ!!!すげーな!

 

保温性自体はさすがにダウンほどではないので、最近のハイスペックなダウンなんて暑くてそんな着ないな~という方にお勧めですね。

 

ちなみにコートの方は、レディースも1着だけありますよ。

日本人女性のMくらいです。

さすがにレディースの方は、ガサガサしたパーテックスは使わず、

非常にしなやかで丈夫なマイクロリップストップ生地を使用しています。

こちらも暖かくて軽くていいですね。

 

ちなみに、全て価格は定価の30%OFF程度となっております。お早めにどうぞ~!

 

 

あ、あとこれが目玉なんですけど!

ニットカーディガンになります!

 

 

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018