Soupleluz

シンプルでエレガンスなデザイン、贅沢な素材使い、一度身につけたら手放せない肌触り、自分を大切にする着心地のよさ、環境に配慮したプロダクトを目指します。◆Elegance&Beauty(エレガンスで美しいということ)デザインの美しい物。必要最低限に削ぎ落とされたシンプルなライン。ベーシックで主張しすぎない上品な色。着ている自分のみが感じる贅沢な肌触り。美しいものは心を浄化する。エレガントなものを身につける。女性の身だしなみとして当たり前のこと。今の時代ないがしろにされがちな「身だしなみ」という言葉を改めて見直してみたい。自分の心のゆとりから人に対する思いやりが生まれるエレガントさは人間関係を潤滑にする。◆PleasantTouch(Soupleluzは肌触りにこだわります)全商品に積極的にオーガニックコットンとノン枯れ葉剤、手摘み収穫のコットンを使用しています。Soupleluzの商品は現時点では一般に流通している綿製品と同様の染色をして製品を作っています。なのになぜ肌触りが抜群によいのでしょうか?一つに、忘れがちなことなのですが、綿は農産物です。一般に流通している綿製品は大量生産によって栽培されている綿花です。広大な綿花畑で収穫量を上げていくためには大量の農薬や殺虫剤を散布して病気や害虫を防ぎます。収穫時には機械での刈り入れをしやすくするため、枯れ葉剤を散布し葉を枯らして一気に綿花を刈り取りします。枯れ葉剤は直接綿花にかかります。薬品をかけられた綿花は繊維が堅くなり繊維の空洞もつぶされてしまいます。これを糸にするとき苛性ソーダなどで膨らますのですが、既にそこまで痛めつけられた繊維は呼吸をしません。それに比べ、有機農法で育てられた綿は痛めつけられていません。収穫の方法も自然に葉が枯れるのを待ち一つずつ丁寧に手で摘み取られていきます。それによって綿本来の繊維は一本一本が空気を含みまさしく呼吸をしています。着用していただければわかりますが、生地に何とも言えない温もりがあります。汗をかいたときにも自然な吸水性があり又、水分の放出もよいので いやなべたつき感もありません。天然の機能性素材といったらよいでしょうか?冬暖かいのは言うまでもなく、夏の暑いときに着用していただいても快適です。ぜひ、一度この肌触りを試してみてください。いままで、着ていた綿製品と違うことに驚かれると思います。◆GreenProduct(オーガニックコットンが当たり前)今、綿花の栽培は世界中の耕地面積のわずか、2.5%にすぎません。しかし、その2.5%の綿花畑で使用されている薬品は、殺虫剤で世界の年間使用量の16%、農薬全体では10%というデータがあります。食品はオーガニックを選ぶ人は確実に増えてきていると思いますが、着ているコットンが農薬だらけということは意外に知られていない事実です。実際、商品として流通している綿製品のうち、オーガニックコットンを使用している物は、全製品のわずか1%程度でしかありません。この数字からしても、自分が着ているものがどんな綿を使用しているか知らなくても当たり前ではないでしょうか。オーガニックコットンを積極的に使用した製品を作ることで需要をふやし、世界の農薬使用量を減らしたい。それは、環境保護という面でも重要なことであり、農業に携わっている人々の健康と適正な収入を確保することに他なりません。コットンはオーガニックコットンがあたりまえ。そう言えるよう、オーガニックコットンを使った商品を作る人も買う人も増えていくことを願っています。スープレルースはグリーンプロダクトを目指します。◆Traceability(MADEINJAPANということの大切さ)日本で紡績をし、日本で生地を作り、日本で縫製をする。そのことに、価値があると考えています。(残念なことに、綿花の栽培は日本ではほとんどゼロに等しいので原綿は海外からの輸入品です。)今、食品におけるトレーサビリティ(どこで物を作っているかが追跡出来る)は進んできていますが、衣料品はどうでしょう?Soupleluzの商品はトレーサビリティが出来ます。顔の見える人たちと物作りをしているからです。日本の繊維業界は今絶滅の危機に瀕しています。安く、大量に物を作ろうとして、生産地を中国などに移行していっているためです。その影響で今日本の産地はどんどん縮小の傾向にあります。未来が見えないから後を次ぐ人もいない、工場を閉めていくところがここ10年で急増しています。日本にはすばらしい作り手がたくさんいます。技術も一流です。なのに、利益の為に海外に生産基地を移してしまうということに疑問を感じます。生産者の顔がみえる、日本で作ったものを買う安心感を大事にしたいと考えています。ひいては、海外で作った物は、エネルギー消費量が半端ではありません。輸送にかかるエネルギーはどこに負担を与えるのでしょうか。ここのところよく聞くフードマイレージという言葉を衣料品に当てはめてみたらどうでしょう。自給率の低い日本はフードマイレージが群を抜いて世界で一番です。衣料品もしかりではないでしょうか。けして威張れることでは無い。商品を作る側も消費者側も真剣に考えなくてはいけない問題だとおもいます。スープレルースは、「MADE IN 日本」にこだわります。