Blog

diaries blog | 1ST PAT-RN(ファーストパターン) | Anders

日時:2019年11月16日(土) 12:00~18:00

場所:DIARIES(茨城県つくば市吾妻3-8-17-101)

1ST PAT-RNの2020FWシーズンのオーダー会を開催いたします。

全ラインナップをご覧いただくことができ、

お好みのモデル、素材、色の組み合わせで1点からオーダーが可能です。

(※保証金として、オーダー1点につき1万円をお預かりいたします。)

また当日は、La Stallaによるイタリア料理も販売致します。

※ ※ ※

トランクショーではなく「オーダー会」になります。

2020年秋冬、つまり来年の秋冬に着る服をオーダーするということ。

トランクショーはありません。即時販売は、店頭にある在庫のみです。

当日は(多分)大変混雑(するといいな)が予想されるので、

「つくば天久保第一駐車場」又は「松見公園有料駐車場」をご利用下さい。

領収書をお持ちいただければキャッシュバック致します。(当日限り)




なんと!?既に1ST PAT-RNのデザイナー・Cristianoが来日してます!

もちろん今回の来日目的は、diariesでのイベントってわけではありません!w

Cristianoには、実は別件で仕事がありました。

TOKYO KNIT(Click!)というプロジェクトが始まっておりまして、

そのアドバイザー?デザイナー?という形で招聘され、

そのミーティングに参加するための来日となります。

さらには自身のブランドである1ST PAT-RNの展示会を都内で行い、

本当に忙しいスケジュールの合間を縫って、わざわざ都内から来てくれるってんだから、

本当にありがたいことです。



最初はね、Cristianoはお店に興味があって見に来るだけだったんですよ。

それをね、僕が「イベントやりたいやりたい!」ってわがままを言って、

無理をさせることになっちゃったんです。

だからね、お客様が来ないと私は大恥をかくわけです!www

イベントとなると、そりゃもう毎回プレッシャーですが、海外からとなると倍増ですね!

あ~胃が痛い!




じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】1ST PAT-RN(ファーストパターン)

【アイテム】Anders

【価格】¥52,800-(税込)

【コメント】

やはりファーストパターンといえばジャケットからですね。

僕が思うファーストパターン良さとは、「イタリアから見たアメトラ」とでも言えましょう。



派手な印象のあるイタリアンファッションをグッと抑え、

本来のイタリアの服作りとは、サルトリアに代表されるように

繊細で緻密なディテールを持つ服であることを思い出させてくれます。



その背景をベースとし、アメリカントラッドが持つカジュアルな部分、

言い換えればアメリカンファッションが持つ合理性を兼ね備えています。

さらにその合理性は、ミリタリーやワークウェアが持つデザインと相性が良く、

結果として1ST PAT-RNの服が生まれてくるんだと思います。



それでは詳しく見ていきましょう。

いきなり裏返しちゃいましたが、今回のジャケットでCristianoが最もこだわったのが裏地。

右胸の部分ですね。

古今東西、様々なミリタリーウェアやワークウェアから着想を得て、

Cristianoの中で昇華されたディテールがこの部分。

ポケットの位置や角度にそのこだわりを感じます。

実際に着てみるとこのようになります。

上のポケットはサングラスやボールペン。

下のフラップ付きポケットはパスポートやカードケースなど。

セキュリティを高めるために、ボタン付きフラップになっているわけですね。

そして素材へのこだわり。

背裏に使われるのはTricotine(トリコティン)という生地。

ミリタリーウェアを参考にし、綿100%ながら耐久性に優れ、

なおかつタイトに織りあげることで滑りも良いという生地です。

なんだかすごすぎる!!!!!

さらに裏にはネームタグまで付きます。

イベント当日は、ここに日付とサインを欲しいな~なんて、今からお客様と話してます!



次に表地。

凝った裏地と、シンプルな3つボタンジャケットの表地というコントラストが絶妙。

このやりすぎない部分が1ST PAT-RNの良いところでもあります。

でもこの生地ヤバくない!?

こちらも綿100%のグレンチェックなんですけど、綿とは思えない風合い。

これはCristiano曰く、「時代を越えた生地」というものなのですが、

なんでもイタリアの田舎の家族経営の生地工場で、昔ながらの製法で

人知れず作り続けられているとか?

もはやCristianoじゃないと調達できない生地かもしれません!!!!!

そしてもはやおなじみのコロスゾボタン。いやコロゾボタン。


そんなボタンは袖口にも。

まさかの1つボタンの本切羽!?!?!?

これね、理由を聞いたら斜め上の返答が来たんですよ!!!!!!!

なんと!「ロメオ・ジリ」へのオマージュ!!!!!!!!!

ヤバイな。

ここでロメオジリのエッセンスに触れるとは思わなかったわ~。

個人的にはロメオジリなんて着たことないですが、

(90年代当時、若造が着る服ではなかたので。)

ルイヴィトンがモノグラム生誕100周年においてセブンデザイナーズという企画をやった時、

7人のデザイナーの中の1人に選ばれてましたからね。

ちなみに他にはマノロブラニクやヴィヴィアンウエストウッド、

ヘルムートラングという錚々たるメンツでした。



1ST PAT-RNのデザインて、どっちかっていうとリアルクローズなのに、

こんなさりげなくモードネタをブッ混んでくるとこ、たまらんわ!!!



というわけで着てみました。

Inner/DEFCON5 (Combat fleece jacket) ¥17,050-

Pants/comm.arch. (Geelong lambs wool trousers) ¥27,500-

Shoes/Schuh Bertl (Classic low) ¥97,900-

1ST PAT-RNのジャケットの面白さは、「着ればどうとでもなること!」www

そりゃもうイタリアのしっかりした服作りがあって、

アメカジからミリタリー・ワークまで幅広く合わせられるでしょ?

ダイアリーズに置いてある服ならなんでも合うんですよ!

Inner/comm.arch. (Super120’s turtle)

Vest/Farfield (Fleece vest) ¥17,380-

Pants/Kestin Hare (Inverness trousers) ¥20,900-

カジュアルウェアを元にドレスアップした1ST PAT-RNらしいコーディネートはもちろんですが、

Cristianoはダイアリーズのこういうスポーティな合わせを評価してくれたりもします。

ウチの合わせは、Tactical(戦術的)またはFunctional(機能的)だそうです。



何も考えず、楽な恰好してるだけだったりして!www

もしカッコイイならば、当然服がいいんですよーーーーー!




今週は忙しくなるぜ。





それではまた。お店で会いましょう。