Blog

diaries blog | 1ST PAT-RN(ファーストパターン) | Allen Pima Corduroy

日時:2019年11月16日(土) 12:00~18:00

場所:DIARIES(茨城県つくば市吾妻3-8-17-101)

1ST PAT-RNの2020FWシーズンのオーダー会を開催いたします。

全ラインナップをご覧いただくことができ、

お好みのモデル、素材、色の組み合わせで1点からオーダーが可能です。

(※保証金として、オーダー1点につき1万円をお預かりいたします。)

また当日は、La Stallaによるイタリア料理も販売致します。

※ ※ ※

トランクショーではなく「オーダー会」になります。

2020年秋冬、つまり来年の秋冬に着る服をオーダーするということ。

トランクショーはありません。即時販売は、店頭にある在庫のみです。

当日は(多分)大変混雑(するといいな)が予想されるので、

「つくば天久保第一駐車場」又は「タイムズつくば天久保」をご利用下さい。

領収書をお持ちいただければキャッシュバック致します。(当日限り)





イベントまであと1週間。ヤベ、、、緊張してきた。

そろそろ商品紹介もファーストパターンにシフトします。





じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】1ST PAT-RN(ファーストパターン)

【アイテム】Allen Pima Corduroy

【価格】¥37,400-(税込)

【コメント】

というわけで、今週1週間は 1ST PAT-RN(ファーストパターン) の商品紹介になります。

祭りってやつです。

それでは久々の紹介となりますので、まずはブランド説明からどうぞ。

イタリアのブランド『1st Pat-rn (ファーストパターン)』は、

2011年にデザイナーCristiano Bertoによって立ち上げられました。

ブランド名の由来は、ミリタリー用語として使われた”First Pattern” (一番最初のプロトタイプ)からきています。

ブランドのコンセプトは、ニット生地やシンプルかつファンダメンタルな素材を使うことによって、

洋服として普遍的な構造・品質・デザインを復刻させることにあり、

そのため大量生産を避け、生地や縫製にこだわり1着1着最高の洋服を作ることです。

デザインのインスピレーションは、主に『Civil (シビル)』『Military (ミリタリー)』

『Utility (ユーティリティー)』の機能美からきており、1st Pat-rnの洋服は、

糸・生地の生産から、ボタン、レーベル、タグ、商品の仕上げの工程まで、イタリア製にこだわっています。

そして、洋服としての最高の品質と仕立てを常に追及し続けている。

例えば、英国とイタリアの仕立ての具合をうまく融合させ、綺麗なウエストライン、

すっきりとした肩のライン、動きやすくスタイリッシュに裁断された腕周りなどの新しいフィットを作り出したり、

第一次世界大戦でイタリア陸軍や海軍が着用していたユニフォームをデザインのインスピレーションにしたり、

レーベルにモデル名を入れたりと、細かな気配りとこだわりが1st Pat-rnの価値をより一層引き立てるものとなっています。

デザイナーCristianoが “We must try to wear them, to understand” と主張しているように、

1st Pat-rnの本当のフィットの良さは、実際に着てみないとわからないものです。

長く大切に着て初めて分かる本当の洋服の良さを教えてくれるような洋服作りが 1st Pat-rnの洋服作り。

伝統的なイタリアのものづくりを後世に継承していきたいというデザイナーの気持ちがあふれ出ています。





一言でいうと、ウチ(diaries)らしいなぁ~と思います!

いやホントに。かなりウチの店にフィットしてるんじゃないかと!?



それでは詳しく見ていきましょう。

こちらは2タックのルーズフィットパンツ。

モデル名のALLENは、クリスティアーノが好きな俳優がウディ・アレンということを考えると、

そのアレンから名付けられたのは想像に難くないですね。

つまり、着こなしもそのように。

品のあるだらしなさって感じですかね?

ホント色んな意味でだらしないからな、ウディアレンは!wwwww

でもなんかカッコイイんだよね~!まさに軽妙洒脱。

そんなヤレた雰囲気を最初から醸し出しているわけですが、その理由は素材ですかね。

なんとピマコットンを使用したコーデュロイなんです!なので肌触りがサラサラ!

コーデュロイも太畝なので、ベロアのようなツヤを持ちます。

こんなに上品な生地ですが、実はイタリアとフランスの古いワークウェアに使われている

コーデュロイ素材を研究し作られたものなんです。

さらにガーメントウォッシュ(製品洗い)をかけているので、ヤレた感じで仕上がっているというわけです。

ボタンはコロゾボタン。

カッコ良すぎて殺されそうなコロスゾボタン。

(英語ではヤバイ!って意味でKillerって使うので、中らずと雖も遠からず。w)

コロゾとは象牙ヤシとも呼ばれ、ご覧の通り象牙のような模様が出ます。

高級感のあるボタンですね。

樹脂にはない、指に触れる適度な摩擦。そのおかげで付け外しがしやすい。

またヤシなので強度も問題ナシです!

このジッパーがこれまたレア!

未だにイタリアで作られているジッパーで、その名も「ジップ社」のジッパーなんです!

このジップ社は創業1978年とまあまあ古いかな?場所はイタリア南東部。

南部のユルい雰囲気とは違って、かなりしっかりしたジッパーですよ!

ririジッパーなんて目じゃないくらい!!!

腰裏やスレーキはヘリンボーン。馴染みがいいですね。そして縫い目はパイピング処理。

丁寧です。

そして個人的に好きなのがブランドタグ。

アメリカの1950年代の軍物のようなブラックとイエローのステッチのタグ。

タグって見てるだけで楽しい。ブランドを象徴するものだし。

今どきのシンプルなやつよりは、やっぱこういうのが好きな世代です。



というわけで履いてみました。

Cardigan/comm.arch. (Hand framed full needle C/D) ¥50,600-

Shirt/Gitman Vintage (Classic flannel B/D) ¥23,100-

Shoes/Schuh Bertl (Classic low) ¥97,900-

今季最高のコーディネート(当社比)の一つです。

コムアーチ最高峰のカーディガンに合わせて。

(ちなみにこのカーディガン。2年連続でブログ紹介できず・・・)

ウディ・アレンぽい?www

シルエットはこんな感じです。

2タックですが、最近流行りのシルエットじゃないので安心ですね!w

ちなみにこんな素材もありました。

Jacket/1ST PAT-RN (Vittorio Veneto)

Shirt/Individualized Shirts (Military shirt)

Shoes/YUKETEN (Avanico) ¥71,500-

チェックのタイプもありました。こちらは完売。

ちなみにこのスタイリング、クリスティアーノに言わせるとリアルトラッドだそうです!

Grazie mille!!!!!





それではまた。お店で会いましょう。