Blog

diaries blog | 1ST PAT-RN(ファーストパターン)| Belka

※4/8(木)は、休店日とさせていただきます。

※夜の自粛中につき、当面の間18:30閉店です。(割と19時まではいます。)

※コロナ対策実施中です。




ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「ヘアカットの日」だそうです。

最近よく「髪伸びましたね~」って言われますが、人生最後のロン毛を楽しんでるところです。



というわけで、今週からは1ST PAT-RN(ファーストパターン)の紹介が続きそうです。

また、ファーストパターン入荷のお知らせなどをしに、毎度お世話になってるコチラも。

デザイナー来日時に、フードを提供してくれたLa Stalla(ラ・スタッラ)さんへ。

春になると食べられる、赤エビとグレープフルーツ。

スタッラらしい地味!?な一皿。グリーンピースのスープ。

が、それに合わせるパンには一捻り。

右のお菓子のような見た目のパンは、無発酵パン。ポンデケージョみたいな食感。

そして今回のヤマ場はこれだった・・・・・

日本一?いや、間違いなく世界でもトップクラスのモッツァレッラ。

そこにかぶさるのはトマト・・・・・ではなくマグロ!?!?!?

ちょっと信じられない美味さです!!!!!!

このチーズ、言いたいけど言いたくない~!買いたいけど買えない~~~!

気になる方は、お店で聞いてください!




じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】1ST PAT-RN(ファーストパターン)

【アイテム】Belka

【価格】¥52,800-(税込)

【コメント】

というわけで、2021年春夏の1ST PAT-RNが完納しました!!!

早速ですが、本日はファーストパターンのウィメンズからご紹介してまいりたいと思います。

メンズの方はそれなりに浸透したと思うので、今後はファーストパターンを来てくれる女性を増やしたいんです。

凛としたカッコ良さを持つ、理想的なレディース服。なかなかないんですよ!

そして本日ご紹介するのが、昨シーズンに新しく登場した、前合わせがアシンメトリーのジャケット。

Belkaというモデル。

大まかなデザインは第二次大戦時のロシア軍の服「Telogreika(テログレイカ)」を元に作られています。

テログレイカというのは、ロシア軍の寒冷地用キルティングジャケット。

縦方向の太いキルティングが特徴です。

個人的には、ナウシカ原作の蟲使いが着てそうなイメージ。

そんなミリタリージャケットですが、1ST PAT-RNの手にかかると、

こんなカッコイイ女性向けのジャケットに生まれ変わります。

Shirt/Gitman Vintage -private-

All in one/U.S.Army

Socks/archiduchesse

Shoes/U.S.Navy service shoes

ウィメンズの方が合わせは自由で羨ましい!

パンツもスカートもワンピースも当然合うのですが、まさかのツナギ!!!

メンズもそうなんですけど、ファーストパターンの服ってのは適度なゆとりがあって動きやすく、

中にそこそこ厚手のもの着ても大丈夫なんです。

またBelkaに関しては、ボタンの留め方で雰囲気が変わるのもいいですね。

ゆとりはあるけど、ちゃんとフィットもするってのが素晴らしいパターンメイキング。

そして今回オーダーした生地はというと?

REPS SLUB(レップススラブ)というファーストパターンのオリジナル生地。

REPという生地は「横畝織り」といいまして、ご覧の通り横方向に畝(うね)があるのが分かりますか?

さらにスラブ糸(糸の太さが不均一)を使用し、畝を強調しています。

これは古いトレンチコートの生地から着想を得て作られたそうです。

1940年代のフランス軍モーターサイクルコートの生地にも似てますね。



もちろんそのままミリタリーではなく、ザラザラとしつつも肌に触れる感触は気持ちよくするため、

コットン×ビスコース×リネンという混紡になっています。

このポケットの付き方も好きなんですよね~!

ポケットの下部は見頃と一緒に、横はサイドステッチに入れて縫製されているところとか。

テンダーもよくやるワークウェアらしい縫製。

そしてボタンはおなじみのコロゾボタンを使用しています。

どうですか?女性のお客様~!






それではまた。お店で会いましょう。