Blog

diaries blog | 1ST PAT-RN(ファーストパターン)| Covert

※4/22(木)は、休店日とさせていただきます。

※夜の自粛中につき、当面の間18:30閉店です。(割と19時まではいます。)

※コロナ対策実施中です。




ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「民放の日」だそうです。

今年のGWも静かな感じですかね?

旅行にも行けないし、そんな時は積極的に好きなお店を使って経済を回したいと思います。

Small Circle of つくば

おなじみのつくば食堂 花さんへ。

1年のうちで、特に春と秋の食材が好き。

つまり今!!!!!

タケノコだ!ホタルイカだ!酒しか勝たん!

この茶わん蒸しが好物で、牡蠣とブルーチーズと芽キャベツ。延々と酒がススム。。。

初ガツオ。春でしょ!? そしてアジにアジ煎餅を重ねるアジなマネ!

またまた桜鯛とタケノコ!口の中が春満開!

メインその1ってことは、、、

メインその2がある!

しかもこのまま食べるわけではなく、

生で食べられるホタルイカを、贅沢にもしゃぶしゃぶ!?!?!?

今(3月下旬~4月初旬)しか食べられません!

いや、もう腹いっぱい・・・

最後は頑張って食べるという罪深さ。

沁みますね

ごちそうさまでした!!!!!



現在「つくば食堂 花」は、月曜定休・火曜水曜はランチのみ・木金土日はランチ営業しつつ、ディナーはほぼ予約制とのこと。



GWどこへも行けない? 花で食べてみろよ。飛ぶぞ!?




じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】1ST PAT-RN(ファーストパターン)

【アイテム】Covert

【価格】¥37,400-(税込)

【コメント】

毎度おなじみファーストパターンでございます。今季の紹介も残り少なくなってきましたね。

お陰様で、ジャケットとベストは紹介する間もなく完売しました。(Lが残ったので、俺が買った!)

ですが、先日ご紹介したパンツ・GEORGはまだ売れてませんね。

ファーストパターンにしてはデザインが入ってるせいかな?それともちょっと高かったかな?

その代わりと言っちゃなんですが、本日ご紹介するCovertは大人気です。

なので、それなりに在庫も用意しておいて良かった。

それでは詳しく見ていきましょう。

こちらはCovert(カバート)というモデルで、細身のイージーパンツ。

これは、昨年ファーストパターンからリリースされたYALEというモデルがベースになっており、

デザイナーであるクリスティアーノとシルヴィアが各地に旅行をする際、

エレガントで洗練されたシルエットと、楽に履ける快適な機能性を考えてデザインされました。

まずはウエストは伸縮性があるタイプに。さらにドローコードも付いていて、ベルトレスでも履けます。

と同時にベルトループも付いているので、シャツをタックインすることも可能です。

これは、旅先でのあらゆる状況を想定して、それに対応できるためという考えから。



また、このようなシルエットのパンツにはミスマッチとも思える、大き目のポケットが特徴。

これは、ファーストパターンのTactical Trousers(カーゴパンツ)に使用されていたポケットの形です。


ヒップポケットは右側だけ。古いミリタリーパンツを彷彿とさせます。



そして、何度も説明したいのがこの素材!


今季初登場の生地で、ウールトロピカルとヘンプの混合生地となっています。

これは1st Pat-rnのエクスクルーシブ生地で、ミリタリー向けの厚手のコットンツイルから着想を得て、

ヘンプ(大麻)と混ぜることで、涼しいウールを作りました。

ウールもヘンプも温度調節に優れた生地で、気温の高い日も快適性とフレッシュさをキープすることができます。

マッドグリーンのヨコ糸とチャコールのタテ糸で織ることで、”フィールドドラブ”と名付け、

光の当たり方でミリタリーグリーンから茶色まで様々な色のトーンを見ることが出来ます。

また、これらの色はデニムからミリタリーグリーン、青からグレイまで、さまざまな色と合わせる事が出来る生地です。

1st Pat-rnのアトリエ近くの小さな生地工場にて生産されていて、エシカルでサステイナブルな工程で生地を生産するために、約一年ほど研究をしました。

ヘンプを使用している為、この生地はとてもなめらかでありながら、少しぼこぼことした質感があります。

また、シームの影響による緩いドレープした感じは、ワークユニフォームに見られる雰囲気です。



というものです。

舐達磨のおかげで、色んな意味でHemp(大麻)にグググっと注目が集まっておりますが、

こちらは違法ではないのでご安心ください!!!!!



というわけで、安心して履いてみました。

すっごくサラサラ。そしてリネンらしい弾力性もあります。

ウールとヘンプという素材が持つイメージとはかけ離れ、驚くほどの肌触りの良さ。

細身で他の服を選びません。

また、細身といえどお尻周りはたっぷりと余裕があります。立ったり座ったりも楽ですね~!

強いてあげるとすれば、シワができやすいことかな?一瞬です。シワッ!となる。

あと、普通に洗っちゃうとものすごく縮むので、クリーニング屋さんにお願いした方がいいですね。

でもそんなデメリットは吹き飛ぶくらい、ちょっと見たこと無いウールヘンプという素材です。

Tops/S.N.S. Herning (Tensor t-shirt) ¥19,800-

Shoes/Russell Moccasin (Sporting clays chukka)

笑っちゃうくらい気持ちいいですよ!

もちろん真夏も大丈夫です!暑くてもへっちゃらよ!





それではまた。お店で会いましょう。