Blog

diaries blog | 1ST PAT-RN(ファーストパターン)| Sava & Campo

※1/28(木)・1/29(金)は、休店日とさせていただきます。

※夜の自粛中につき、当面の間18:30閉店です。(割と19時まではいます。)

※コロナ対策実施中です。




ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「ハワイ移民出発の日」だそうです。

アロハシャツが誕生するきっかけとなった日ですね!知らんけど。



というわけで、本日は耳寄りなお知らせ。

最近耳にしなかったPayPayですが、突然こんな施策を打ってきました!!!

その名も、「がんばろうつくば市!最大30%還元キャンペーン」

期間は2月中です。

そして気になる「最大30%」というのは、還元額が¥5000(日)で¥20000(月)というもの。

つまり、「2月中に17000円の買い物を4回すること」が、最もお買い得ということです!!!

来月が楽しみになってきましたね~!

春物も入荷してくるし、これで無事に緊急事態宣言が解除されるよう、

みんなで頑張って行きましょう!




じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!


【ブランド】1ST PAT-RN(ファーストパターン)

【アイテム】Sava

【価格】¥38,500-(税込)

【コメント】

一昨日はレディースのファーストパターントランクショー分をご紹介したので、

本日はメンズのファーストパターントランクショー分から。


こちらはSavaというモデル。サバです。サヴァ?サヴァビア~ンはCavaですがSavaです。

そんなSavaは、ワークテイストの用い方が絶妙な1ST PAT-RNが、

コレクションで初めて作ったワークパンツなんです!!!!!

というのを、クリスティアーノからいただいております。

どうぞ。


パンツ・Savaの作成は、私たちの最初のワークウェアを作る試みでした。

ある年のピッティ後の夜。

フィレンツェのサンロレンツォマーケットで見つけた、青いツイル生地で作られた

イタリアのワークウェアのショーツのディテールを落とし込みました。

サイドポケットとパッチポケットがそれです。

Savaはヴェネツィアの近くにある産業都市の名前であり、

60年代にはおそらく私の世代のすべての父親が仕事に行く場所でした。

(私の父はMIRA LANZAと呼ばれる別の産業都市でしたが)

生地は60年代の古いピカノール織機で作られたツイルを染めた、セルヴィッジ付き生地です。

60年代という一時代のイタリアのワークウェアに見られる、多くのディテールや要素で作りました。


というもの。

この右足のポケットが、元となったショーツのデザインなんですかね?


でも、左側のフラップポケットは、イタリア軍のディテールだそうです。

なんか外側に傾いたポケットフラップのことね。

そして最大の特徴だと思うのはコチラ。

腰裏に耳を用いること。

実際これで耐久性がどれくらい変わるのかは分かりません。

しかし、「ミミ」があるってだけでグッとくるのが洋服好きの性。

そして、ただミミがあるだけで済ましてはいけません。

ポイントは、「チノクロスなのみ赤ミミがある」ということ。

これは二度見ディテール!!!!!

ロールアップした裾にミミは当たり前といった認識ですが、

もしこのようにツイル素材にミミがついてたら・・・・・

チラッと見えた時には、「あ~赤ミミね。よくあるよね。」と思ったけど、

え!?あれ??チノパンに!?!?!?となります。

ホントどうでもいいことなんですけど、そうなる人は服バカですね。

ほどほどにしておきましょう!w

あと、よく見ると、ブランドタグにもミミが付いているのをお忘れなく。

どんだけミミ好きだよ!wwwww



そして明日明後日と連休をいただくので、本日はもう1点ご紹介致します。

【ブランド】1ST PAT-RN(ファーストパターン)

【アイテム】Campo

【価格】¥49,500-(税込)

【コメント】

同じく、この春から使えそうなライトアウターをご紹介!


コットン1枚地で裏地無し。素材もトリコティンで薄くて軽くて通気性良し。

使い込めば味も出て、経年変化も楽しめるファーストパターンの定番生地です。

でも、、、このフラップ付き4つポケジャケットって、、、

フランス軍M47のジャケットじゃん!?!?!?

確かこのジャケットが作られたのが、4年前だったか。

もうすでにこの頃からM47を取り入れてるのは早い?

違う違う。

そもそも流行りからは距離を置いて、売上を二の次にしてるからできるんですよ。

だからファーストパターンは信頼に足るんです。

DIARIESとスタンスが同じとも言えます。

例えば当店がM47をブログで紹介したのって、調べたら2014年だったんですよ。

French Army M-47 Cargo Pants (Click!)

Cristianoと俺は、知らない間に同じようなアイテムを思い浮かべてたのかな。

なんてことを考えると、「なぜ1ST PAT-RNはDIARIESで売れているのか?」という理由が分かる気がします。

ウマが合うんですね!!!!!



ちなみに、2014年当時は、M47のデッドストックを9800円(税抜)で売ってました。。。

高けぇーな。5800円くらいが妥当だとおもいます。www



話は逸れましたが、詳しくて見ていきましょう。

まんまM47というわけではありません。ショールカラーがポイント。

この雰囲気は、筆舌に尽くしがたい。

着る以外に、その良さを知る手立てはありません。

オリーブにベージュのコロゾボタンを合わせるセンスに脱帽。

ステッチワークも細かくて、アタリが出てくると相当カッコイイですよコレは!


みんなが古着を着てる今なら、こういった天邪鬼な服をお勧めしたいかな。




それではまた。お店で会いましょう。