Blog

diaries blog | agreable(アグリーブル)| Cardigan

※6/1(月)は、愛猫の精密検査のため、臨時休業とさせていただきます。

※ただいま短縮営業中。営業時間は12:00~18:30となります。
 (上記時間外にご覧になりたい方は、お問合せください。)


5/31 ~ 6/21

創業より10年間、温め続けてきたMOCEANですが、

この度、生産拠点を中国へとシフトすることから、多くの型が廃番となります。

今後、入手が困難と予想されるMADE IN USAのMOCEANを集め、

ただいまサンプルセールを行っております。(30%OFF)

サヨナラ(=GOOD BYE)でお買い得(=GOOD BUY)

この機会を、是非ともご利用下さい。







ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「世界禁煙デー」だそうです。

1週間(1か月も)終わった!お店楽しい!!!

久々に会う皆様の元気なお姿に、テンション上がりっぱなしです!

そして今日はGOOD BYE/BUY MOCEANでも、盛り上がらせていただきました!

店頭でご覧になった方は分かると思うんですが、

改めて見るとMOCEANもなかなか変態なブランドでしたね。

あんな(いい意味で)変な服どもを見るのは、最初で最後かもね!www



でもやっぱりみんなVelocity Pantsが欲しいという方が殆どなのですが、

残念ながら1着もありません!!!

なぜなら、ベロシティパンツを毎シーズンオーダーするお店なんて、当店くらいだからです!www



なのでそろそろ皆様には気づいてほしいですね。

DIARIESがセレクトしたアイテムは、消滅するというジンクスに・・・・・

そろそろ誰もウチの店に商品を卸してくれなくなりそうです!www



なので、アイテムもお店も、ある内にご来店下さいね!!!

まだまだモーシャンの在庫はございますよーーーーー!




じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】agreable(アグリーブル)

【アイテム】Cardigan

【価格】¥17,380-(税込)

【コメント】

昨年より取り扱いを始めたブランド・agreable(アグリーブル)でございます。

約1年ぶりのご紹介となってしまうので、まずはブランド説明からどうぞ。

1973年に立ち上げられたニットウェアファクトリーです。

設立当初から、国内外のニット市場において高い評価を受けています。

シャンパーニュ地方の小さな村の工業地帯に位置しながらも、

最新設備を備えた工場を持ち、あらゆる生産ニーズに応えることができます。

当社の製品はOFG認証を取得し、フランス製であることが保証されています。


というブランド。

決して大きくないファクトリーながら、実はエルメスを始め様々なブランドの生産を請け負っています。

フランス製に対するこだわりも、そういうところから来ているのかもしれません。

と書いておきながら、たぶんこのファクトリーは既に当店で取り扱いのある

Glaconと一緒かもね!?www

生地なり縫製なり見れば分かりますよ!

信頼ある工場で作られててちゃんとしたデザインなら、ブランドタグなんてどうでもいいですよね?

またファクトリーは同じでも、タグが変われば品変わる。



というわけなのですが、Glaconを取り扱っているのに、

同じ工場で作られているagreableも扱う理由とは?ということになるのですが、

企画を比較すると定番的なアイテムが多いGlaconに対し、

agreableはチャレンジングな企画が多いように見えたんです。



選び方としては、じっくり選んでこれしかないと思ってグラソンを選んでいますが、

アグリーブルの方は、割と直感で決めてます!www

と言うとしっかり考えてないように思われそうですが、

クオリティの良さはグラソンで担保できているからこそ、

難なくアグリーブルでも選べるというわけです。

まさに知識と経験ですね!


そんなアグリーブルから直感でセレクトしたのはこちら。

ボタンいっぱいカーディガン!!!

これ直感で分かる人いる???

お店では1人だけいましたよ!(さすがI井さん!)



そうです!agnes b.(アニエスベー)です!

あのアニエスが90年代に発表した名作のカーディガン。

アニエスでは今でも作られているのですが、調べたところフランス製では作ってないみたい?(多分)

僕が初めてアニエスの服に出会ったのって、高校生の時に東京へ買い物に行った時で、

その頃はフランス製だったはず。

なので、当時のフランス製アニエスへのオマージュを込めて、セレクトさせていただきました。



ちなみに高校生の時はアニエスビーだと思ってたのと、お店の雰囲気に飲まれ買えませんでしたね。

TRANS CONTINENTS(トランスコンチネンツ)で買い物するのが限界でした!wwwww



というわけで、僕なりの90年代オマージュなわけです。

素材はバスクシャツのようなガッシリときた生地。

このファクトリーらしい生地だし、そういやアニエスも長いこと着てもヘタレなかったことを思い出します。

そしてボタンがいっぱいありますが、こちらはドットボタン(=パチッとはめるボタン)なので、

付け外しにそんなに時間はかかりません。

綿100%だからガシガシ洗えるし、朝夕は肌寒いのでまだまだ重宝しそうです。

あの頃は黒ばっか着てたな!というわけで色は黒のみ!

ボタンが映えます!





それではまた。お店で会いましょう。