Blog

diaries blog | CIOCCA(チョッカ)| Invisible Socks

※ただいま夜の自粛中につき、18:30閉店です。(19時までは割といます。)

1ST PAT-RN ORDER FAIR

7/23(木)~7/26(日)

12:00~18:30  (24日夕方ごろ、CristianoがFacetimeにて参加予定。)

※保証金として、商品1点ごとに現金1万円をお支払いただき、
ご注文を完了させていただきます。商品到着時に、残金をお支払いただきます。
オーダーに関するその他の事項は、当日ご説明いたします。

※コロナ対策にご協力お願い致します。






ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「米騒動の日」だそうです。

巷はGOTO騒動=GOTOSODO(ゴートゥーソードゥー)ですかね?

というわけで、本日はイベント初日。

go to diariesしてくれて, so do likeな物をオーダーしてくれた(などと意味不明な発言を・・・)人もいらっしゃいました。

ありがとうございます!!!



密にならないよう気を付けたつもりですが、

蓋をあけてみたら全く密にならない客数で全く混みあうことなく、

当店のお客様のマナーの良さというか、お客様同士のチームワークに感服しております!

ホントみんな木曜日だから店が休みだと思ったのでしょうか!?

私も趣味でやってるわけじゃなく仕事なので、ちゃんと祝日は店開けてますからね!!!

明日はもっとヒマだったらかなりズッコケるので、密にならないよう良い感じに来てください!(無理なお願い。)



夕方(何時か分からないけど)にはFacetimeでクリスティアーノも参加してくれるので、

その時だけも盛り上がってる風を見せたいです。

みんな来ないなら、夜なべでパネルを作らないといけなくなるので、よろしくお願いします!




じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】CIOCCA(チョッカ)

【アイテム】Invisible Socks

【価格】¥1,320-(税込)

【コメント】

diariesのインビジブルソックスまたはシューインソックスといえばコレ。

1年ぶりの入荷となりますので、まずはブランド説明からどうぞ。

CIOCCA(チョッカ)は、1912年に創業し、現在は6代目にあたり、

経済学博士でもあるアルベルト・チョッカ氏が経営する、北イタリア屈指の老舗靴下メーカー。

北イタリアの中規模都市であるブレシア郊外にアトリエを構え、

ヨーロッパ諸国の数々の一流ブランドのOEMを請け負っています。

また、製品の品質管理の高さだけでなく、ろんばrでは社会貢献度の高い企業としても有名です。

地元の若い労働者を積極的に雇用し、技術者を育てています。

街の中にも「LUIGI CIOCCA」(創業者の名前)という名前の通りができるくらい、街に根差しています。


というブランドです。

私もさんざん同じようなブランドの靴下を履いてきましたが、

どれもこれも「靴の中で脱げてしまう」のがストレスでした。

ですので、吸湿性よりもフィット感を重視してセレクト。(いっても個人差がありますけどねw)

やっぱりこう足にぴたっとフィットするのがいいんです。

さらに甲の部分がメッシュ編みになってるので、湿気が抜けやすくなっています。

それでも夏なのでどうしても蒸れますが、ちゃんとした革靴なら

革が皮膚に代わって呼吸してくれるので問題なし。

またフィットするからには、縫製部分も気を付けて処理しないといけません。

以前はステッチをあえて外に出して、肌へ当たるのを防いでいたのですが、

数年前に改良されて、縫い目がかなりフラットになってました。

処理がかなり綺麗になったにも関わらず、お値段は以前のまま!

かかとのゴムも強くなってました。

前より確かに脱げにくくなっています。

また、踵の立体的フィットには自信があります。

こちらは足裏。グルっとリブが足を巻いて、靴の中でズレにくくしているんです。

ちなみにサイズはサイズ2とサイズ3の二つ用意しています。親切!

サイズ2で24~25.5㎝、サイズ3で26~27.5㎝くらいですかね。

26㎝の私は、間になってしまうのでどちらも履けます。

履いてないように見えますけど、履いてますからね!ホントに!!!

この、ローファーでもソックスがはみ出さないのが大事!

これでこそインヴィジブルソックスまたはシューインソックス!

小さいのでよく片方がどっかにいっちゃうので、3足くらい持っておくのがオススメです!

マジです!いっぱい買ってもらうためじゃないですからね!

3足もっていれば5年は持ちます!なぜか1年に片足づつ無くなるので!

マジで今まで消えてったCIOCCA達、どこいきやがったんだろう???






それではまた。お店で会いましょう。