Blog

diaries blog | COLD BREAKER(コールドブレーカー) | Zip Up V-cardigan & Skiper -wool bootie slipper-

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「三億円事件の日」だそうです。

つーかこのCMは事件だわ。

心をギュッと鷲掴みにされる感じ。たまらん。

コメント欄見ると、これでくるりを知った!という声が多いですが、

僕らおじさんは、サカナクションいいじゃん!ってなってます。w

さっそくネイティブダンサー聞いてみました!

今の若い人(と言ったら老害だけど)、サカナを見た時の衝撃は、

おそらくそれと同じものをくるりのTEAM ROCKで味わったんですよね。

実際サカナを聞いてみて、くるりからフジファブリック、

そして個人的にはavengers in sci-fiをギューーーンとぶっ通しで聞いたような、

それこそCMのように時代を一気に駆け抜けた爽快感を感じました。

素晴らしいです!サカナクション!(今更感)




じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】COLD BREAKER(コールドブレーカー)

【アイテム】Zip Up V-cardigan

【価格】¥19,800-(税込)

【コメント】

昨年より取り扱いを始めたブランドです。

1年ぶりのご紹介となるので、まずはブランド説明からどうぞ。

COLD BREAKERは、ポーランドはALWERO社のファクトリーブランドです。

ALWERO社は、1999年に羊毛産業に長年携わってきたメンバーにより立ち上げられました。

創業以来、自然とともに生きるためにウールを使用することのメリットを伝え続けています。


というブランドです。


以前から当店をご存じの方には、「似たようなブランドあったよね?」とよく言われますが、

近隣でダイアリーズ以外でも買えるようになっちゃったので、ウチの役目は終わったかなってとこです!


そしてまず伝えたいことは、やはり素材ですね。

改めて申し上げますが、こちらはなんと「ウール100%のフリース」!

とお店で言うと、「へぇ~・・・」という薄いリアクションがほとんど!www

いや、普通フリースってのはね、ポリエステル100%なんですよ。

ウールに代わるものとして開発されたからね。

だけどこれは、自然回帰を目的としてウール100%で作られています。

ただでさえ空気をためこむウールなのに、それがボアフリース状になっているので、

異常な暖かさ!!!!!!気分は羊!羊男!



そして先ほど書いた自然回帰に関しても。

それにはまずは、下記リンクをご覧ください。

海洋汚染の元凶であるマイクロプラスチック。淡水に流れ出る6割が洗濯による糸くずであることが判明(米研究)



この研究が本当ならば、私たちはビニール袋とかペットボトルを使う前に、

化学繊維を着ないようにしなければならないんです。



まさかこんなことになってるとは思いもしませんでした。

最近は化学繊維も取り扱うようになったけど、一応当店は昔から天然繊維にこだわってセレクトしています。

理由としては、若い時は大丈夫だったヒートなんとかを着ると、肌がかゆくて着れなくなったから。

おそらく原因は、肌の水分を熱エネルギーに変換するので、

多くの水分を奪われ乾燥してしまったからだと思うのですが、

それから化学繊維を使用した肌着を着ようと思わなくなりました。


暑い寒いといった感覚よりも、体の声を聞くというか、長時間着ていて気持ち良い物。

それはほとんどが天然繊維を使用した服だったんですね。



そして結果的に、体が喜ぶと同時に自然にも優しいとなれば、これ以上の服はありません。

とか言いながら、化学繊維のフリースもセレクトしてるダブスタなんですけど!w

ま、化学繊維のフリースでセレクトしちゃうのは、それだけすごいやつってことで赦して!





そして服だけでなく、こんなものも。


ドウゾ!

【アイテム】Skiper -wool bootie slipper-

【価格】¥4,290-(税込)

【コメント】

もう~~~~ね、あったまりますよ!

中までモコモコ!もちろんウール100%フリース!

女性の方は冷え性が多いので、冬を暖かく過ごしてほしい。

ですので、サイズは23~24㎝程度。レディースのフリーサイズって感じです。

またウールの良いところは、たとえば「ちょっと暑かったかな?」ってなっても、

ウールそのものが水分をすぐに発散してくれるので、常に快適。

肌を快適に保ちます。

ソールにはラバーが付いているので、フローリングでも大丈夫ですね。

タイミング的に、プレゼントにもオススメしてます。





それではまた。お店で会いましょう。