Blog

diaries blog | comm.arch.(コムアーチ) | Hand Framed Mohair P/O

※11/19(木)は、休店日とさせていただきます。

※夜の自粛中につき、当面の間18:30閉店です。(割と19時まではいます。)

※コロナ対策実施中です。




ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「自然薯の日」だそうです。

6日ぶりブログ!ごめんなさい!

ちょっとブログ書くモチベーションが下がってます!

だからって動画にするかっていうと違います!ブログは続けます!

今日からまた頑張ります!!!

というわけで、いきなりですが告知です。


もはや恒例となってまいりました。
1ST PAT-RNの2021年秋冬のORDER FAIRを開催いたします!!!!!
さらに今回は初の試みとして、TRUNK SHOWも同時開催!

改めて説明しますと、ORDER FAIRは受注会のことですね!
2021年秋冬のラインナップを一足先に見ることができ、
自分の好きなモデルと色を選ぶことができます。
そしてTRUNK SHOWというのは、即売会のこと。
1ST PAT-RNの過去の作品をその場で購入することができます。

それぞれのメリットは、ORDER FAIRは確実に来年の商品が手に入るってこと。
TRUNK SHOWは、もう作られていないレアなアイテムがあるかもしれないってことです。

是非ともお楽しみください!



というのが、前回のブログで書き忘れた「大事なお知らせ」になります。アホでしょ。



じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!


【ブランド】comm.arch.(コムアーチ)

【アイテム】Hand Framed Mohair P/O

【価格】¥28,600-(税込)

【コメント】

さ~~~て、そろそろ堂々とニットを紹介してもいい季節になってきましたね!

diariesを代表するニットブランドであるcomm.arch.から、レディースのニットでございます!

コムアーチのレディースラインも4年目に突入。

コムアーチからレディースが始まった時は興奮しましたね~。

ブランド設立時より取り扱わせていただいているコムアーチに、

失礼ながらもずっと「レディースもやってくれ~」と会うたびにデザイナー・T橋氏に懇願していたので。

理由としては、当然「コムアーチのレディースウェアの解釈が見たい」ということなのですが、

具体的には素材と形に分けられます。

まあ素材×形なんて、洋服を構成する大まかな要素に過ぎないのですけど、それは置いといて。

まず素材。例えば化学繊維を使わない繊細な素材選びをするコムアーチを、女性にも着てほしかった。

なかなかレディースブランドが増えないdiariesですが、これでもそれなりに一生懸命探しているんです。

オファーが来たら足を運びますし、自分から連絡を入れて展示会に見に行って、

でもやっぱり違いましたと気まずくお断りすることも何度もしているんです。

田舎のセレクトショップのくせにね。

で、なんでコムアーチの素材が良いかっていうと、安易に化学繊維を取り込まないこと。

レディースだからなのか分かりませんが、美を追求するあまり、見た目はよくても素材が・・・・ということもしばしば。

特にニットに関しては、化学繊維が多いと毛玉も目立ちやすいので、メンテナンスが大変です。

なので、女性にも本当に良い素材を着てほしかったという理由が一つ。

次に形。

diariesに女性らし“過ぎる”服は合いません。

しかしコムアーチはデザイナーが男性だからなのか、どこかメンズウェアらしい硬さが感じられます。

そしてその硬さに求めるものとは、「色気がある」を「品がある」に変えてもらうこと。

また「かわいらしさ」を「かっこよさ」に変えてもらいたいとも思っています。

中でも最も好きなのが、このモヘアニット。

先ほども書いたように、なんと!?天然繊維のモヘアなんです!

なんと!?と書いてもいまいちピンと来ないかもしれませんが、

化学繊維を混ぜてないモヘアってのは実はすごいんです。

チクチク感もなく、非常に軽くて着ていることを忘れるくらい!

ちなみにこのニットの組成は、

キッドモヘア40%

ウール35%

アルパカ25%

という比率です。

生後1年未満の子供のアンゴラヤギから刈り取ったキッドモヘアを使用しているので肌触りがよく、

南米産のアルパカと混紡することで、生地に弾力性を与えているとのこと。

また東北地方のハンドフレームのみを使用して、熟練の技術を持つ職人により、

糸が切れないように時間をかけて丁寧に製作されているそうです。

素材だけでなくもちろん形も良いですよ!

後身頃がやや長めのコクーンシルエット。

レディースにしてはネックもそこまで広くなくセクシーすぎず、

また身幅はゆとりがあるのですが、着丈が絶妙なのでダボっとは見えません。

なので合わせとしては、シンプルなグレーのスウェットを着るのと同じようにコーディネートしてみてください。

スウェット・・・とイメージしてしまうとなんだか貧相ですが、この素材がすごすぎてもう・・・。

ふんわりと包み込んでくれるのが分かります。

ちなみに、さすがにここまで毛足が長いと毛玉にはなりやすいので、ブラッシングは欠かせないですね。

ブラッシングといえば?diariesなら平野のブラシがあるでしょー!




それではまた。お店で会いましょう。