diaries blog | comm.arch.(コムアーチ)| Double Layered S/S Tee

※夜の自粛中につき、当面の間18:30閉店です。(割と19時まではいます。)

※コロナ対策実施中です。





ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「ヨーグルトの日」だそうです。

ちょっと暑いな・・・



それよりちょっと聞いてくださいよ!すごい定食屋を見つけたんですよ!

刺身定食(魚増し)¥1,500-(税込)

信じられないくらいの魚の量!さらに、ご飯とあら汁がお替り自由!あら汁自由ってのは奇跡に近いです!

こちらは「とおるの台所」というお店。

DIARIESからはちょっと離れてるんですけどね。でもこれは行くよね。



なんてブログを書いてたら、隣でいつもヴィーガン弁当を買っているお店(香色茶房)のおじちゃんに、

「お客様をたくさん紹介してくれてありがとう!」と言われました。

みなさん、ちゃんと見て行ってくれてるんですね~!嬉しいなあ!



一応セレクトショップとして、洋服以外のセレクトも自信を持ってお勧めしたいと思ってます。

ま、結局はお客様と笑って話せるのが一番ですけどね!





じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!


【ブランド】comm.arch.(コムアーチ)

【アイテム】Double Layered S/S Tee

【価格】¥13,200-(税込)

【コメント】

MINOTAUR INST.のExtra fine pocket tee、SchiesserのKarl-Heinzヘンリーネック、

そして本日ご紹介するcomm.arch.のDouble Layered S/S Teeの3種が、

現時点で当店が夏の3大カットソーとしてご提案するTシャツになります。

「夏に何を着ようかな?」と思う方は、できればまずはこの3種から揃えて欲しいと思います。

そしてできれば、来年また色違いをとなったら嬉しいですね!



それでは詳しく見ていきましょう。

ダブルレイヤード。意味はそのまんまで、2枚重ねたTシャツってこと。

このTシャツが誕生したきっかけは、デザイナー・joemc氏がとてもこの生地を気に入ったのですが、

1枚仕立てだと体のラインが出すぎてしまう。それなら2枚重ねてしまえ。それでも涼しいので大丈夫!

といった流れだったと思います。多分?

では2枚重ねのTシャツとは?となるのですが、

思いついたのがチャンピンなどのアメリカンヴィンテージで見られるリバーシブルTシャツ。

よく見ると、ヴィンテージのリバーシブルTシャツは、生地を2枚重ねて縫っているにも関わらず、

外からは縫い糸が見えないようになっていることに気づきました。

このミニマルデザインは、コムアーチのTシャツとしていけるのでは?と思っていたはず。多分?w

生地が2重なのに、見るとどこにもステッチが無い不思議。

これ実は、袋縫いのようにして縫い目を中にしまい、最後にひっくり返しているんです。

なので、Tシャツを裏返して見てみると、一部に縫い糸が出ているところがあるんですね!


こういうところに気づくと、「へぇ~、やってんな~!」という謎の上から目線で洋服を楽しむことができます!



そうそう、こちらのステッチは縫い目というより、カンヌキの意味です。

そしてまたコムアーチなので、当然生地も素晴らしいものでございます。

こちらは高級インド綿の中でも極細番手の強撚糸を使用し、天竺編みしたもの。

素材の特性は、薄くしなやかでありながら、汗をかいても肌に張り付きにくいこと。

触った感じを表現するとシャリシャリといったところ。

なんとなくヒンヤリしてる気がします。



というわけで着てみました。

まずTシャツ1枚をペロ~ンと着ただけなのに、ボリュームが出るのがいいです。

ボリュームがあるのですが、アメリカのTシャツみたいな極厚のボリュームとはまた違います。涼しいし。

まさ先ほども書いたように、肌に触れるとヒンヤリする気がします。

おそらく半分は本当で、半分は俺の思い込み。

そしてさらに!暑がりで汗っかきの私に最大のメリットがございます!!!!!



それは、、、「汗ジミが出にくいこと」



生地を2枚にしてますからね、内側の生地で汗を吸ってくれるので、なかなか外の生地までは沁みてこないんですよ。

これの何がいいかっていうと、汗ジミ=汗をかくと色が変わるような色のTシャツ、

例えばブラウン・ベージュ・グレーあたりのTシャツを、思う存分楽しむことができるってことです!



ぶっちゃけ夏ってさ、白・黒・ネイビーのTシャツしか売れないんだわ。

それってもしかしたら、汗ジミも関係してるのかもしれませんね。

そのような問題を解決してくれるcomm.arch.の慧眼ぶりに驚きを禁じ得ません!

嬉しい!ありがとう!たくさん着ます!(実際に去年の夏、メチャクチャ着たからね。)





それではまた。お店で会いましょう。