Blog

diaries blog | comm.arch.(コムアーチ)| Hand Framed Marble Vest

※3/3(水)・3/4(木)は、休店日とさせていただきます。

※夜の自粛中につき、当面の間18:30閉店です。(割と19時まではいます。)

※コロナ対策実施中です。





ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「豚の日」だそうです。

お!?ちょうど今日良い豚肉買ったところだわ!

豚肉のブランドとなりつつある山西牧場の豚肉。

でも買うのは一番安い豚コマ。

たまにしか食べられない特別なお肉ではなく、普段使うお肉をちょっと良い物にするだけで、

QOL(クオリティオブライフ)爆上がりでございます!!!!!

ヴィーガン最高!




じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】comm.arch.(コムアーチ)

【アイテム】Hand Framed Marble Vest

【価格】¥22,000-(税込)

【コメント】

じゃんじゃんウィメンズもご紹介してまいりましょう!

こちらは新作のニットベストでございます。

クルーネックで身幅ゆったり。前身頃は短めでスッキリと、後ろ身頃は短めなので、

ロングシャツと合わせた時の見え方がとてもキレイです。

さらになんとリバーシブル!!!

ソリッドが表から、ザックリとした裏使いへ。

もう一色の方だと、もっとハッキリ分かります。

これが、こう。

わかるようなわからないような・・・!?www

いや、写真では伝えるのが難しいのです。分かって!

今回のポイントは生地なんですから!!!!!

素材は、北フランスで生まれ230年に渡り、良質なリネン糸を紡ぐサフィラン社のもの。

サフィラン社は、EUの厳しい基準をクリアしMasters of Linen認定を受けた企業です。

そんなサフィラン社のフレンチリネンとコットンスラブを、多色のミックスで混紡。

マーブル柄はよくありますが、フレンチリネンとコットンスラブをミックスし、

異素材を組み合わせて奥行きのある表情を持たせたというのが、comm.arch.の狙いです。

そしてその糸を元に、comm.arch.ではおなじみの、東北地方で現存する貴重な手横編み機職人により、

時間をかけて丁寧に編み上げられて完成しています。



とにかくここまで糸にこだわったので、裏も表もどちらも見て欲しかったんでしょうね!

だからリバーシブルで着ることにこだわっています。

どれくらいこだわっているかというと、どこにもブランドタグがありません。

もう一度言います。


どこにも、ブランドタグが無いんです。



信じられます?デザイナーブランドですよ?

マルジェラのような白いタグだけというのとは、また意味が違います。

とにかく、このベストは「素材を色んな角度から見て欲しい!」という、

ニットブランドとして、ニットを愛するデザイナーの声が聞こえてくるようです。

自身のブランドネームは置いといて、まずは素材を見てくれよ、とね。



ちなみに、ブランドタグともう一つ必要な洗濯表示ですが、

こちらは省くわけにはいかないので、シールで!

買ったら覚えて剥がしてください!!!wwwww



いや~ホント、最初はやっちまったなと思ったんですけど、

ブランドタグを排したことに気づくと、ニットに対する異常な愛情が感じられて、

好きこそものの上手なれよろしく、こういう人が作るニットは信頼がおけるなと、

改めて思った次第。



ベストという最小限のアイテムですが、ニットを最大限に楽しめます。

着こなしはロングシャツやワンピースがお勧め。

何も考えなくても様になるので、是非とも着てみてください。





それではまた。お店で会いましょう。