Blog

diaries blog | comm. arch.(コムアーチ) | Hand Framed Wrap Coat

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「回転寿司記念日」だそうです。

回転寿司屋でラーメン頼むと負けな気がします。食べるけど。

とうわけで、ストレスと疲れで食欲止まらず。

胃も心も荒れ放題なので、3か月ぶりにコチラへ!

PICA-PAU(ピカパウ)@土浦で、ガッツリ120分フルコースメンテ!!!

ゴリゴリに凝り固まった肩と骨を調整して、スッキリ元通りに!

施術を行うピカパウオーナー・延命さんと。俺のゴッドハンド。

俺の場合はまだ疲れを癒すだけだけど、ダイエットや筋トレなども指導してくれる

パーソナルトレーナーでもあります。

なりたい自分になるための手助けをしてくれる人。

そういう意味では、洋服も一緒だなと思いますね。

ピカパウは体の内側から整える。服屋は外側(見た目)から整える。

体を整えると、背筋が伸びて洋服の見え方も変わるから素晴らしい。

では服は外側を整えてから、次はどのように着る人の内側へ作用していくか?

洋服の可能性または限界に関して、色々考えさせられました。



なので、頭の中までは全然リラックスできてません!www

いやいや、ピカパウはものすごくリラックスできますからね!!!!!

みなさんもよかったらどうぞ~!





じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】comm. arch.(コムアーチ)

【アイテム】Hand Framed Wrap Coat

【価格】¥48,400-(税込)

【コメント】

いきなり冬が来たーーーーー!

店頭では、冬服だけでなくマフラーや手袋なども揃いました!これで全部!

出し尽くす!!!!!

レディースもいつも以上にご用意してますよ!今なら!

そして本日ご紹介するアイテムも、昨年はブログ紹介前に完売したやつ。

おなじみコムアーチの中でも、最もヘヴィーなアイテムになります。

ニットコートという凄いヤツ。

独特の形状で大き目の襟がとても存在感があり、さらに暖かくしてくれる。

分量の割には、着ると重さをさほど感じない。暖かくて軽いニットコート。

その秘密はやはり素材にありそう。

今回はファンシーヤーン(意匠糸)というものを使用しています。

糸を紡績する時に、素材・色・形状の組み合わせで様々な糸を作ることができるのですが、

そのようにして「意匠を凝らして作った糸」の事をファンシーヤーンというそうです。

そしてコムアーチならではのファンシーヤーンは、

一般的には強度などの問題から化学繊維を使用するところを、

アルパカとウールの天然繊維のみで作り上げたところが凄い!

アルパカとウールでループヤーンを紡績し、弾力性のある編地を作りました。

肌触りはもちろん最高ですし、グニュグニュした感触が楽しいです!

この弾力性は糸と編み方だけでは出ず、フルニードル(総針)でしっかりと編み上げているからだそう。



着てみるとこんな感じです。

Inner/comm. arch. (Super zea p/o) ¥28,600-

Pants/Honnete (Drop hip pants) ¥23,100-

Shoes/Aurora shoes (Middle english) ¥29,700-

ドレープするというよりは、ストーンと落ちるシルエットが特長。

糸や生地だけ見ると甘い印象がありますが、シルエットは直線が出て硬質。

この組み合わせが同居してるのが凄い。

なので男性のお客様からも、「これメンズでもいけますか?」という相談は受けます。

つまり、女性らしいふんわりした着こなしにも、中性的なモードっぽい着こなしにも、

どちらにも対応できて、それだけ着こなしの幅が広いってのが分かりました。



コートって、「着て終わり~」ってアイテムだと思ってたんですが、

こんなコーディネートが楽しいコートもあったんですね!

色んな着こなしを楽しみたい方にオススメです!!!





それではまた。お店で会いましょう。