Blog

diaries blog | comm. arch.(コムアーチ)| Wool Cashmere Long P/O & Super Zea P/O

-コムアーチのイベント開催決定!-

当日はデザイナーの高橋氏も在店いたしますので、是非ともお越しください。

当店でセレクトしている以外のコムアーチの商品も、
イベント中は店頭に並びます。

またデザイナーがピックしたアーカイブもございます。
コムアーチの初期のハンドニットや、
デザインソースの元になったデザイナーの私物まで
ご覧いただけます。

ニットの神髄に触れてください。

絶妙なタイミングで、コムアーチのブランドサイトがリニューアル!!!

http://www.joemc.jp/

是非ともご覧ください!




ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「住育の日」だそうです。

でも明日は服育かなあ?

是非ともcomm. arch.デザイナーの高橋さんに色々と話を聞いてほしいです。

コムアーチのニットは、作りたい服に合わせてそれぞれ特長のある工場で作られています。

自分の欲しい服が、どんな工場で?どのように?そしてどうデザインされているか?

知りたいとは思いませんか?

またバイヤー気分になって、商品のことを根掘り葉掘り掘ってもらってもいいですね。

もちろんちゃんとバイイングしてくれるなら!w

デザイナー本人に会って、よりコムアーチのことが好きになってくれたら嬉しいですね。

セントマーチン美術大学での話とか、現マルジェラのあの人の話ももしかしたら・・・?






じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】comm. arch.(コムアーチ)

【アイテム】Wool Cashmere Long P/O

【価格】¥29,700-(税込)

【コメント】

本日はレディースのコムアーチのご紹介です。

ポップアップストア用にレディースも拓さんあるので是非!

その中から今すぐ着られるワンピースをご紹介致します。

深めのVネックと袖ぐりで、ゆったり着ることができるワンピースです。

結構な生地の分量なのですが、軽さと暖かさが素晴らしいんです。

こちらは「モッサ」という生地。

「織り地をフェルト化させ、起毛した後に毛羽をやや長めに刈った生地。」とのこと。

ちなみにモッサとはMosser=Moss=苔から来ていて、苔のような風合いを表すそうです。

実際に触った感じとしては、フェルトより毛が滑らかですね。

このモッサは、ラビットファーの質感をイメージして作られ、

ウール80%、カシミア10%、ナイロン10%の混紡となっています。

フェルトより柔らかいので、ギャザーで変化をつけることもできますね。

リボンは前でも後でもOK!

動きやすくて暖かいワンピースですよ!





そして本日は、イベント前日ということでもう1点ご紹介します!

【ブランド】comm. arch.(コムアーチ)

【アイテム】Super Zea P/O

【価格】¥28,600-(税込)

【コメント】

こちらも今季の新作ですが、またまたすごいニットが登場しました。

まずは生地。

こちらで使用されているウールは、エクストラスーパーファインウールです。

本日も登場しましたね。すごいウール。

なにがすごいかっていうと、ニュージーランド南島に位置するクック山脈周辺の

山岳地方のみで飼育されているウールのみを使用しています。

ちなみにクック山は富士山くらいの高さ。

標高3000m級の環境で育つウールは、寒さに耐えられるように毛が細く滑らかになるそうです。

それは全くと言っていいほどチクチク感がなく、素肌にきても大丈夫なほど。

肌触りに敏感な方に、是非とも試していただきたいニット。



次に、これを作った工場がまたすごいんです。

国内でもトップクラスのニッターにより作られました。

過去には、フランスを代表する某メゾンにもニットを提供していたほど。

でもどこがどうすごいかわかりかねますね。

この辺を見て欲しいです。

首や袖や袖口といった、パーツの繋ぎ部分です。

もうめちゃくちゃフラットで自然につながっていて、

もうね、第2の皮膚と言っても過言ではありませんよ!

そういや5年をすぎて、タグのデザインも変わりました。

このニットに象徴されるかのように、本当に良い物には余計な装飾は要らないようです。

そのクオリティを、まさしく「肌で感じて」ください!!!!!





それでは明日!

お店でデザイナーさんに会いましょう!