Blog

diaries blog | DEFCON5(デフコンチンクエ) | Soft Shell Jacket & Combat Fleece Jacket

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「障碍者の日」だそうです。

障碍と認められない障害。吃音。

最近はわりとうまく付き合っていけてる気がする。

40過ぎて。または、独立して10年経って、やっと

「どうでもいい」と思えるようになった。

自分なりの解決策は諦めることだったのかと、今にして思う。

でも吃音をどうにかしようと思うことは、何かを諦めきれないからでした。

電話も、面接も、人付き合いも、全て思う通りにいかなかったけど、

なんとか諦めたくなくて必死にもがいてきたんです。

でも、今うまくやっていけてるのは「あきらめ」たから。

なんつー無理ゲーだよ!!!!!


ま、人生なんて基本無理ゲーなので、力抜いていきましょ~!




じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】DEFCON5(デフコンチンクエ)

【アイテム】Soft Shell Jacket

【価格】¥23,100-(税込)

【コメント】

まだまだ新しいブランドが続きます!

こちらはイタリアのミリタリーウェアを作っているメーカー。

その名もDEFCON5(デフコンチンクエ)!!!


これまたダサい響きの新しいブランドですねー!www

デフコンからのチンクエ。

動からの静。剛からの柔を思わせる、絶妙な名前でございます。知らんけど。

あ、ちなみに5はファイブでもいいんですけど、イタリアのブランドなのでチンクエと発音してます。

デフコンファイブだと、戦隊シリーズみたいでそれはそれでダサいね。



それではお初にお目にかかりますので、まずはブランド説明からどうぞ。

DEFCON5は、2006年に北イタリアのベニスから約50㎞離れたポルデノーネにて、

軍事製品と軍事産業で働いていた経験豊富なメンバーにより、立ち上げられました。

ブランド名に使用されているDEFCONとは、防御態勢(=Defence Condition)を表しています。

このDEFCONは、アメリカが戦争準備態勢を表すために使用しています。

ちなみにDEFCON1が戦争状態で、5は平時を表します。

そしてDEFCON5社は、2007年8月にはNATO軍のオフィシャルサプライヤーに認定されました。


というブランドです。


軍で使用されるウェアを作っていますが、さすがにブランド名は、平時を表すDEFCON5ですね!

平和でありますようにという願いがこもっているのかもしれません。



そんなイタリアのブランドですが、やはりほとんどの製品がイタリア製ではありません。

ですが、数あるアイテムの中から「イタリア製」の物だけに絞ってセレクト。


そして最も汎用性が高いと思われるアイテムがコチラです。

ソフトシェルジャケット。

ミリタリーウェアですが、今回はオリーブやコヨーテを避け、

アーバンギア(都会生活のための道具。田舎でも可)としてグレーとブラックをご用意しました。

なんとコチラのジャケット、生地は3レイヤーです!

いきなり3レイヤーと言われてもピンとこないですよね?

ザックリ言うと、防水防風透湿(雨風防いで湿気は逃がすよ)という素材はだいたいが3レイヤーです。

1枚の生地だけど、実は3枚の生地を重ねてあるから3レイヤー。

なので、もちろんこちらも防風・防水・透湿性を兼ね備えています。

裏側はマイクロフリースで、薄くて軽いけど暖かい。

今年は暖冬気味で、これくらいのアウターがホントちょうどいいですね!

シンプルですが作りが非常に丁寧で、どちらのジッパーも止水タイプです。

これで携帯も少しは安心です!

ジッパーがアゴの部分に直接当たらないようになってます。

マジで芸が細かい。

肩の上に縫製部分が来ないパターン。これも防水目的です。

1枚袖だー!とか言いたいですね!違いますけど!w


というわけで着てみました。

着やすい、、、としか言いようがない。www

なので、機能性を突き詰めるとこんな感じに。。。

Knit/S.N.S Herning (PLAN Sweater) ¥28,600-

Pants/MOCEAN (Velocity pants) ¥30,800-

Shoes/ROSSI BOOTS (Endura work boots) ¥30,800-

ちょっとやりすぎた感がありますが?w スタイリッシュでいいんじゃないでしょうか?

さすがに12月でMocean1枚では寒いので、中にJOHAのメリノウールタイツを履いてます。

冬支度だね~。




冬支度ついでに本日はもう1点ご紹介。

ドウゾ!

【アイテム】Combat Fleece Jacket

【価格】¥17,050-(税込)

【コメント】

こちらもイタリア製ライン。

素材はサーマルなので、先ほどご紹介したシェルとできれば一緒に合わせてね~ってとこです。

こちらは「コンフォートドライポーラメッシュ」という素材。

ポーラテック系統のものかな?

ブロック状にすることで軽量化・通気性・柔軟性が増しています。

生地の総量は減らしているのに、保温性はそのままというすごい生地。

まあでもアウトドアブランドでもよく見る素材なので、最近じゃ普通なんですけど。

でもこういうミリタリーウェアの良いところって、

高機能アウトドアウェアと比べると、ロゴが前面に出てこないところだと思います。

具体的には、胸に刺繍がないこと!www

なんのブランドだか分からないけど、機能はすごく良いんだぜという自己満足に浸れるところが、

ミリタリーウェアを着る理由。さらには、ちょっと強くなった気すらします!www

そんなムッツリヲタファッションが僕は大好きです!!!

やっぱりミリタリーにはサムホール(親指を通す穴)が無いとね!

と、私、ムッツラー(ムッツリヲタファッショニスタのこと)は思います。





それではまた。お店で会いましょう。