Blog

diaries blog | Gitman Vintage(ギットマンヴィンテージ) | Popover Oxford Shirt S/S B/D

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「公認会計士の日」だそうです。

気が付けばつくばロックフェスまであと1週間!!!

フジロック言ってる場合じゃないわ!ていうかフジロックチケット売れすぎだから!

激混み必至!!!

その点つくばロックはいいぞ!

空いてるから良いってことを言いたいわけじゃなくて、

マジでストレスないのが良い!なのでフェス初心者にもオススメなんですよ!

メシ、美味い。トイレ、並ばない。アクセス、慣れれば悪くない。ブヨ、多い。

日陰、少ない。日焼け、ヤバイ。天気、大体毎回いつも同じ天気で開催。

というわけで、私は高校時代の友人達と13日に参加予定です。

来週の土曜日はお休みいただきますね。




じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】Gitman Vintage(ギットマンヴィンテージ)

【アイテム】Popover Oxford Shirt S/S B/D

【価格】¥20,520-(税込)

【コメント】

今年も届いております!今年で4年目。すっかりおなじみですね!

ギットマンヴィンテージのポップオーバー(=プルオーバー)オックスフォードシャツです!

やはりギットマンといえばオックスフォード生地のボタンダウンシャツは欲しいところです。

だけどウチの店には、なんだかんだ最強のインディヴィジュアライズドシャツがありますし。

そんな葛藤から生まれたアイテムが、本日ご紹介するギットマンのプルオーバーシャツというわけ。

当店の位置づけとしては、カジュアル寄りのシャツ=ギットマンなので、

ポロシャツ感覚で気軽に着てもらえたらいいなと思っています。

ギットマンがどれくらいカジュアルかというと、ボタンダウンの襟がこれでもか!

っていうくらいのダブルステッチというのも気に入ってます。

これもコバステッチに入るのかな?

襟がパッカリングするって、よく考えると面白くて、これまた育ち具合が楽しみなのでございます。

色落ち・アタリを楽しむという部分では、この濃いめの色の方が楽しみかも?

ちなみに基本中の基本である白のオックスフォードは毎年オーダーしますが、

それ以外の色は私の気まぐれメニューになります。

今年はオリーブ。

オーバーダイ(後染め)で、マットな色合いがカッコイイなと思って。

背中を見ると、上からチョークボタン、スプリットヨーク、ロッカーループ。

デコラティブなアメリカンシャツらしいディテールがいいですね。

チョークボタンは、襟を固定させるため。ボタンダウンとセットで。

スプリットヨークは、肩の動きをスムーズにするため。

ロッカーループは、そのままロッカーに吊り下げるため。

この3点が揃うと、ああ~ギットマンらしいな~と思います。

夏なのに暑苦しいですね!

生地は薄いのでそんなに熱はこもりませんが、首回りに生地が固まっているので、なんか暑い気がします!

でもね!服が好きだから、暑いからって毎日Tシャツだとメリハリがつかなくて、

なんとか夏でも楽しくなるトップスってことで、こんなのあってもいいんじゃないかな~???

あと私もいい年なので、今日はあまりだらしない恰好できないなという時にも。

というわけで、着てみました。

Bandana/Blumr (dead stock cross bandana) ¥3,132-

Pants/Quilp (Sharrock) ¥24,840-

Shoes/YUKETEN (Avanico) ¥70,200-

プルオーバーのタックインも全然アリですよ!

もちろん夏はショーツに合わせてもOKです。

短パンTシャツだとちょっとユルすぎるなという時に。





それではまた。お店で会いましょう。