Blog

diaries blog | GUD(グッド)| Waist Bag & City Gear Bag

-コムアーチのイベント開催決定!-

当日はデザイナーの高橋氏も在店いたしますので、是非ともお越しください。




ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「クルミの日」だそうです。

クルミボタンはくるみ(胡桃)ではなく、包み(くるみ)ボタン。

口だけで説明するのが割と手間な接客あるある。

ツツミボタンて言えばいいのに、誰だ最初にクルミって言ったヤツ!



というわけで、2019年の9月も今日でおしまい。

年末までの道筋をぼんやりと考える今日この頃。

でも仕事のことばかり考えているのは疲れちゃうので、やはりこんな時は買い物です!!!

久々のmayさん!

おそらくdiariesから一番近い古着屋さんです。(徒歩は無理だけど)

自分でいうのもなんだけど、新品の服では自分の店で買い物するのが一番楽しいので(割とマジ)、

純粋に買い物を楽しみたい時は古着屋になりますね!

店主と会話しながらディグるたのしみ。コレよコレ。

で、ちなみに手前に見える2点をお買い上げ!!!

デッドストックのリーバイスのキャップと、ミントコンディションの謎スウェット!www

キャップは、1984年ロス五輪の時のボランティア用キャップ。

これで来年は東京オリンピックのボランティア!(嘘)

手前のスウェットは、なんとヴァンヒューゼン!?

シャツメーカーだと思ってたのに、まさかのスウェット?そしてこのイラスト???wwwww

この気の抜けたデザインが、展示会も終わって気を抜きたい自分にピッタリでした!

もちろん普通にお店で着てますよ!

もーーーー洋服が楽しい季節になってきました!!!!!




じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】GUD(グッド)

【アイテム】Waist Bag

【価格】¥8,424-(税込)

【コメント】

今年から取り扱いをはじめたGUDというバッグブランド。

ほとんどのお客様に見向きもされなくて、最高なバッグ!www

そりゃ地味だもんな~~~!でも説明聞いたら欲しくなるかもよ?

というわけで、まずはブランド説明からどうぞ。


GUDは、ウクライナの古都キエフでGudz Igorにより

2012年に立ち上げられた、アーバンアクティブバッグブランド。

旅行・通勤・スポーツ・日常使いを想定して作られるコレクションは、

軽量かつ耐久性のある防水生地とパーツが用いられ、

全ての製品を自社の工場で熟練した職人により作られています。


というブランドです。

初めてブランド名を目にしたときは、GUD?Goodをもじって???

すげぇ~ダセェ~・・・と思ったのですが、創業者の名前ということで一安心!w

それでは詳しく見ていきましょう。

こちらはWaist Bag。ウエストバッグという名前ですが、最近はボディバッグですね。

最近は誰も言わなくなりましたが、ウエストポーチって言葉もありましたね!

GUDの製品は、ほとんどが防水仕様になっています。

表地は防水のコーデュラナイロン。そして止水ジッパーに、トップも防水素材。

中はiPadミニがギリギリ入らないサイズ!?w

携帯とかを入れてもゴムで抑えられるようになっているので、

まさにアクティブシーンにピッタリです!

容量は少なめで、サイフと携帯とティッシュを入れたらおしまい。

でも中身があまり揺れないので、ライブだ旅行だとホント便利!

ていうのは、自分で使ってて「ホントよくできてんな~」って思うから。

そうそう、体に当たる部分にはクッションが入ってるのも素晴らしいですよ。

このクッションは、同時に携帯なども衝撃から保護してくれるんです。

地味だけどよくできてる~~~www



でも容量がちょっとな~という方には、こちらがオススメ。

【ブランド】GUD(グッド)

【アイテム】City Gear Bag

【価格】¥8,424-(税込)

【コメント】

こちらはもうちょっと大きくて、文庫本とか持ちたい人にオススメしたいやつ。

なにやら色々ひっかけられるパーツがついてます。

カラビナとか使って、自分流にカスタムするのが楽しそう。

ベルクロの部分には、自分の好きなワッペン貼ってもいいね!

ショルダーストラップは取外しができるのですが、フックする部分が2か所。

バックパックやトートバッグにくっつけて、サブバッグとしての機能もあります。

こちらも自分流にカスタムできます。

こちらは止水ジッパーは片方だけ。

中が黄色いのは、暗いバッグの中でも陰影をハッキリさせて視認性を高め、

取り出したい物をすぐに分からせるためです。

アウトドアバッグの中がオレンジだったりするのもそういうこと。

そしてやはりこちらも体に当たる部分はパッド入り。

持つ人も精密機器も保護。過保護。

なんなら服も保護してくれてんじゃないかと思います。

過保護に育つのはよくないね。ストレス耐性なくて、俺みたいにすぐにクヨクヨするから。www

秋の行楽に、イベントに、近所に飲みに行くときも。

1つあるととても使えるバッグです。





それではまた。お店で会いましょう。