Blog

diaries blog | Honnete(オネット)| Crew Neck Gather Onepiece

※夜の自粛中につき、当面の間18:30閉店です。(割と19時まではいます。)

※コロナ対策実施中です。





ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「習字の日」だそうです。

言っとくけど、俺メチャクチャ字が汚いからな。



というわけで、昨日は2回目のインスタライブやってみましたが、いかがでしたでしょうか?

昨日のライブに引き続き、着ていた1ST PAT-RNのベストについて

話し足りなかったので、今日も言わせてください!


この時は、近所のチーズ屋・La Mariniere(ラ・マリニエール)さんのところで、

天2マルシェというのがあったので、オープン前に行ってきました。

マリニエールでチーズを買って、ベッカライブロートツァイトでバゲットを買い、

ろばの家のスープと一緒に食べるという、極上の朝ごはん又はブランチ。

本当につくばは良い街ですよ。

で、エコバッグを忘れた私ですが、ちょうどこの時着ていたのは、

2020秋冬の1ST PAT-RN「Ranger Vest」。

スープを両手で持ち、パンを持つ手がふさがった私でしたが、

このベストの持て余していたポケットを、ついに活用することができた喜びといったら・・・

見事!すっぽりとベッカライブロートツァイトで買った「そば粉のバゲット」が収まりました!

この興奮は・・・テトリスの長い棒と同じだ・・・





じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!


【ブランド】Honnete(オネット)

【アイテム】Crew Neck Gather Onepiece

【価格】¥35,200-(税込)

【コメント】

アンダーウェアから冬物アウターまで、今ならレディースもかなり充実してます。

その中でも、この素材が持つオーラは圧倒的。素敵すぎますよ!

こちらはオネットのシンプルなワンピース。

もうね、素材に力があるからデザインはシンプルで良いんです。

こちらはイギリスのLiberty(リバティ)の生地。

柄はMontgomeryという名前で、生地はTata Lawn™というそうです。



まずこのMontgomery(モンゴメリー)という柄について説明しましょう。

こちらはロンドンにあるLibertyのデザインスタジオで、2020年秋冬向けに作られた新作。

かのウイリアム・モリスの「Willow」というデザインから、インスピレーションを受けて作られました。

1881年にウイリアムモリスは、「庭と野原の自然な姿」が理想であると提言しています。

そのWillowを元に描かれたのが、ライナーペンで描かれた繊細なリーフ柄。

それをローラープリントでTata Lawn™にプリント。



では次に、Tata Lawn™について説明してまいりましょう。

Tata Lawn™は、100年以上前から作り続けられ、今なお進化を遂げるLibertyのオリジナル生地です。

この生地は、ミラノ北部のコモ湖近くにあるLiberty Printing Millにて作られています。

シルクのようなタッチと、独自の印刷技術、さらに日常的に着られる耐久性を併せ持ちます。


というのが、Libertyオフィシャルの説明。

形はシンプルと書きましたが、ウエストにぐるっと1周設けられたギャザーは、

さすがのHonneteの丁寧な仕事ぶりがうかがえます。

生地は薄手ですが、1年を通して着られるワンピース。

無地の大き目のカーディガンが合いそうです。





それではまた。お店で会いましょう。