Blog

diaries blog | Honnete(オネット) | Short Sleeve No Collar Onepiece

※6/25(火)は、都合により14:00オープンとなります。 




ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「ドレミの日」だそうです。

先月から茨城は常総市(旧水海道)に用事がありまして、月に何度か伺ってます。

あの洪水被害で有名になってしまった水海道ですね。

ですが、この水海道という町がすこぶるツボで、ご紹介したい店が多く、

1度にまとめてしまうのがもったいないので、数日に分けて紹介したいと思います。


まずこちらが水海道駅。

常磐線取手駅から伸びるローカル線の駅でございます。

そしてまずご紹介したいのがこちら!

TK STORE!!!

主要駅に必ずといっていいほどあるTAKEO KIKUCHIではございません!

こちらは元々TAKARA という名前だったのですが、オーナーが代わりTK STOREへと変わりました。

で、こちらがどんな店かというと?

店っていうか、ブラジルでした!!!

言葉もブラジル!

店員もお客さんもブラジル!!

ちなみに常総市は工場が多く、ブラジル人の外国人労働者が2000人くらいいます。

だからこのスーパーだけでなく、ブラジル人学校もあれば銀行もあるみたい!?

そしてオススメはこちらのイートインコーナー。

ブラジル料理が気軽に楽しめます。

まずはシュラスコ。ブラジル独特のパンみたいです。

牛肉に玉ねぎソース。美味い!

こちらはヤシの実が具のパイ包み揚げ!なんだか分からないけどあっさりしてて美味い!

食物繊維が採れそうですね。ビール飲みたい。

そしてプレートの付け合わせ。サラダだと思って食べてたんですが、これ多分付け合わせだわ。

こちらがスペシャルプレート!肉 on the 肉!ミートミートライススープ!

レア感無し!ガッツリ赤身でウェルにダンした感じがいいです!

味も雰囲気も完全にブラジル!

こんな身近にブラジルがあるなんて、水海道あなどれませんよ!

日本ナイズドされてない食べ物が近くにあるなら、是非とも行った方が良いです。

例えば海外のスーパーっていつもこんな感じで、納品の段ボールは途中までで積み上げてあったり、

カートもその辺にテキトーに置いてあったりします。

店員同士も話ながらダラダラと。

でもこれくらいでいいよな~って思ったりもします。

スーパーにホスピタリティ求めてもね!

そんなこんなで自分の世界が広がる気がします。なんとなく。

何事も経験ですからね!これも1つのDIGです!

このジュースは、ちょっと臭いがあって酸っぱくて、美味しい・・・

美味しいんだけど鼻に抜ける匂いがちょっと・・・

何事も経験です!!!!!

DIGっていうのは、珍しいものを見つけるとか、安く手に入れるとかそういったものではなく、

実は自分の人生を深堀りすることなんです。(DIGSEUMの時に言えばよかったw)

ちなみに持ち帰りにオススメなのがこのパン。

大きいのはさっきシュラスコ挟んでたやつ。安い!

そして左のビニールに入ったのがポンデケージョ。

これ、なんとあのタピオカでできてるんですよ!!!!!

そしてチーズが上手い!ビールやワインに合います!

水海道をタピれ!!!間違えた、ディグれ!!!!!




じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】Honnete(オネット)

【アイテム】 Short Sleeve No Collar Onepiece

【価格】¥25,920-(税込)

【コメント】

今年も届いております、diariesの夏のレディースウェアといえば?

オネットのショートスリーブノーカラーワンピース。

略してSSNCOP。

当店のレディースで、最も長く取り扱っているアイテムです。

素材は高級麻の代名詞でもあるアイリッシュリネンをふんだんに使用し、オーバーダイをかけたもの。

オーバーダイとは後染め・製品染めとも言います。

今季はArabic Grayという色。

Arabicが示すのはおそらく緑系の色。緑とグレーが混ざった素敵な色です。

ミリタリーのオリーブドラブよりも、さらにグレーに寄った感じ。

これがまた色落ちすると、どんな風に経年変化するんでしょう?

楽しみです。

特徴的なのは肩回り。

縫い目はなく、ドロップショルダーで着る形。

なので先ほどのバックヨークが、そのまま前身頃とつながっているのですが、

ヨークはバイアス使いなのに前身頃はバイアスになっていない不思議なつくり。(これも聞いてください!)

偶然にも、今季はテンダーもクオンもやっていた方法です!

バンドカラーのネック周りや、バックプリーツはギャザー仕様。

大き目なスプリットヨークを設け、ちゃんと生地を斜めにしているので、

肩回りの動きが非常に楽なんです。

なぜ楽かというと、生地を斜めの方向に引っ張ると伸びやすいでしょ?

その性質を利用して、肩に負担がかからないようになってます。

なぜなら、ワンピースなので服の重みは全て肩に集中するから。

できるだけ着る人のストレスを軽減させたいということです。

また、着る人だけでなく生地にかかるテンションが軽減されるので、

服としての寿命ものびるのではないでしょうか?

そんな面白いショルダー部分は、このカフで帰結します。

いきなりシャツのカフスが現れます。身頃にそのまま付いている。

これが着てみるとかわいいんですよね~。

着れば着るほど、その人の体になじんできます。

またアイリッシュリネンは経年変化も楽しめる素材。

さらには、ワンピースといいながらフルオープン(前開き)なので、

ロングカーディガンのように重ね着も楽しめますよ~!





それではまた。お店で会いましょう。