Blog

diaries blog | Kanell(カネル)| Midship

※夜の自粛中につき、当面の間18:30閉店です。(割と19時まではいます。)

※コロナ対策実施中です。





ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「クリーニングの日」だそうです。

クリーニング屋さんてどこがいいか調べるの難しいですよね。

ちなみに私は、ケンロククリーニングとノムラクリーニングを使い分けています。

ご参考までにどうぞ。





じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】Kanell(カネル)

【アイテム】Midship

【価格】¥14,960-(税込)

【コメント】

彗星のごとく現れた、フランスでも隠れた銘品・Kanellのボーダーカットソー。

そしてナポレオン由来のデザインを備えたBonaparte(Click!)

これはきっとザワつくのではないか?と思ったですが・・・・・

そうでもありませんでした!!!!

なんで~?すごいと思ったんだけどな~???

ちょっとナポレオンは壮大過ぎて、伝わりませんでしたかね?難しい。



というわけで本日ご紹介するのは、フィルーズ時代からつづく定番のやつです。

普通が一番ってことですね!w

おなじみのボーダーボートネックカットソーです。

その名もMidship。ミッドシップ=中央という名が示すのは、

まさにKanellの中心的立ち位置のアイテムであるという証拠。

フィルーズ時代は「Brest」というモデル名でしたね。

今回のKanellのブランド説明で気づいたのですが、Brestとは創業者の名前のことだったようです。



というわけで、一昨日ブランド説明したばかりですが、前々反応が無かったのでもう1回書きます。読めよ!

フランス北西部に位置するブルターニュ。

そこで暮らす若き青年Pierre Brestは、複数のアパレルメーカーのセールスマンとして働きながら、

ひとつの構想を思い描いていました。

ブルターニュに古くから伝わる横縞模様のニットセーター。

船乗りに愛され続けるこのセーターは、昔からフランスを代表する象徴的なマリンウエアの一つと考えられていました。

当時、このアイコニックなセーターを商業化しているメーカーは他になく、

ピエールはそこに大きな可能性を感じていました。

意を決したピエールは、セールスマンを続ける傍ら、Kanell Industrielという個人会社を立ち上げ、

知り合いの工場から中古の編み機を買い取り、自社での製品製造の可能性を模索していきます。

試行錯誤を続ける中で、現代にも引き継がれる様々なディテールを備えたモデルが生まれます。

のちにブランドのアイコンとなっていくモデルの原型はこの声に産声をあげました。

1923年、ピエールは自身のブランド”KANELL”を立ち上げ販売を開始。

得意のセールスにより徐々に取引先を増やしていきました。

それはブルターニュに最古のマリンボーダーメーカーが生まれた瞬間でもありました。

ビジネスが軌道に乗り始めた1927年、ピエールは正式に彼の会社を法人化。

社名とブランド名を刷新し、さらにビジネスを加速させていきます。

新会社は順風満帆に成長を続け、フランスで認知される傍ら、

その特徴的なディテールからデザイン面での評価も高く、

国内外のデザイナーからも支持され多くのコラボレーションモデルを生み出しました。

時を経て現在、様々なマリンウエアブランドが誕生する中、ブルターニュ最古のマリンボーダーブランドとして、

ピエールが思い描いた理想のマリンウエアを今一度具現化すべく原点回帰し、

彼の生み出したオリジナルブランド”KANELL”が一世紀の時を経て再始動します。


ピエール・ブレストというのが創業者。

そして、そのブレストの流れを汲み、Kanellで作られたのがMidship。

ブレストもミッドシップも、それぞれのブランドアイコンとなるアイテムってことです。



そしてこのミッドシップの魅力とは?

その耐久性から、フランス海軍に支給されることとなった、肩の縫い合わせ部分。

これ実は、前身頃と後身頃を重ねて生地をこの部分だけ2重にして三角に縫製してるんです。

こうすることにより、もっとも負荷がかかるボートネックの端の縫製部分を補強しているんですね。


素材はコットンニット。

いわゆるバスクシャツって呼ばれるカットソーはどこも硬くて縮むのが特徴ですが、

こちらはストレッチ性に富み、また縮みもありません。

さらに着ている人の体型に合わせて、伸びるところは伸び、締まるところは締まるので、

着れば着るほど着心地がよくなっていくんです。

最高ですよ!




というわけで、着てみました。


Pants/HOLDFAST (Chef trosers) ¥8,250-

Shoes/Aurora shoes (Middle english) ¥29,700-

なんのこっちゃない、究極のリラックススタイルの一つです。

普通が一番なのよ。wwwww


とはいうものの、普通なくせに普通じゃないディテール持ってる服が好きなんですけどね。


ボーネックらしくガッツリ首にフィットしますが、開きすぎてないボートネックが気に入ってます。

俺が鎖骨出しててもキモいでしょ!?w

今後ともKanell(カネル)を、よろしくお願いいたします。





それではまた。お店で会いましょう。