Blog

diaries blog | KESTIN HARE(ケスティンエア) | Storr Pants

日時:2019年11月16日(土) 12:00~18:00

場所:DIARIES(茨城県つくば市吾妻3-8-17-101)

1ST PAT-RNの2020FWシーズンのオーダー会を開催いたします。

全ラインナップをご覧いただくことができ、

お好みのモデル、素材、色の組み合わせで1点からオーダーが可能です。

(※保証金として、オーダー1点につき1万円をお預かりいたします。)

また当日は、La Stallaによるイタリア料理も販売致します。

※ ※ ※

トランクショーではなく「オーダー会」になります。

2020年秋冬、つまり来年の秋冬に着る服をオーダーするということ。

トランクショーはありません。即時販売は、店頭にある在庫のみです。

当日は(多分)大変混雑(するといいな)が予想されるので、

「つくば天久保第一駐車場」又は「タイムズつくば天久保」をご利用下さい。

領収書をお持ちいただければキャッシュバック致します。(当日限り)




徐々にイベントの内容が詰まってきております。(俺以外)

先日のスタッラも、メニューのアウトラインが出来てきました。

初めはプレートとコーヒーあたりの予定でしたが、

なんと!?ワインの提供もございます!!!!!

歩きや運転してくれる人がいたら最高だわ!

酔っぱらったついでにガッツリとオーダーも・・・www

さらにはドルチェまで!!!!!

お連れ様やお子さんもごきげんになりますね!

これでオーダーもたくさん・・・wwwww


というわけで、服・料理・ワイン・コーヒー・デザート、

全方位で楽しめるようになってきました!!!!!天気良いといいな~




じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】KESTIN HARE(ケスティンエア)

【アイテム】Storr Pants

【価格】¥29,700-(税込)

【コメント】

久しぶりのケスティンエアです!

一応、ケスティンよりまえのコモンピープルの頃より取り扱っておりますが、

セレクトはしたりしなかったり。

本当に良い時だけ、贅沢にセレクトさせてもらってます!

デザイナーさんには申し訳ないけど!!!



ですので、久々の紹介となってしまいました。

まずはブランド説明からどうぞ。

Kestin Hareは、スコットランドのメンズウェアブランド。

デザイナーであるKestinが故郷のエディンバラに戻った2014年に、common peopleとしてブランドをスタートさせます。

彼は自分のおばあちゃんが独特のスタイルを持っていることに気づき、ファッションに興味を持ち始めます。

そしてイギリスの国立大学の中でも最も古い歴史を持ち、ヴィヴィアンウエストウッドが卒業したことでも知られる

ファッションの名門校・ウエストミンスター大学のファッション科に入学。

そこでファッションデザインとマーケティングの学位を取得。

その後はナイジェルケーボンのヘッドデザイナーを務めるなどしながら

15年のキャリアを形成し、スコットランドに戻ります。

生産は主にイギリスとポルトガルで行われます。

Kestinが長い年月をかけて信頼を築いてきたファクトリーで作られています。




このブランドの良いところは、やはりナイジェル時代に培ったデザインセンスと

生地や縫製へのこだわり。

こだわりって何かっていうと、特に「イギリス製」という部分ですね。

生地にしろ縫製にしろ、本当にマイナーなところを使ってくるので、

非常に勉強になります!


で、今回のパンツはミリタリータイプ。

左足だけに付いたカーゴポケットは、イギリス軍のバトルドレストラウザーズネタですね!

表地に浮いたステッチは、ポケット淵を補強する当て布のあと。

これがイギリス物らしい部分で好き。

丸みのあるポケットフラップの形からも、イギリス軍らしさが伝わってきます!


ここまで軍物軍物言ってますが、履いてみるとミリタリーらしさはほとんどありません!

分かる人だけに伝わる奥ゆかしさ。

シルエットも9分丈、ウエストはゴムのイージータイプ。気軽に履けます。


ここまでは個人的に好きな部分。ミリタリーネタとイージーな履き心地。


そしてここからが勉強になった部分。

それは生地。

この生地メーカーというのが、「 Halley Stevensons (ハリー・スティーブンソン)」という会社なのですが、

なんと、世界でも珍しい「ワックスコットン専門のメーカー」なのだそう。

ワックスコットンの歴史を紐解けば、15世紀からニシン漁を行う漁師の帆に使われてきました。

1864年、スコットランド・ダンディーに軍港ができると、

軍用のワックスコットンの生産が本格的に始まります。

その後1910年に、ワックスコットンの製造を請け負う形でハリー・スティーブンソンが設立されます。

150年もの歴史を持つ、ワックスコットンの専業メーカーとして現在に至ります。



という生地メーカー。

よくもまあワックスコットンで100年以上も続いたなと。

そこはさすがイギリスですかね!



とはいうものの、今回はワックスコットンではありません。

コットン×ナイロンでしっかりとした厚みのある生地です。

おそらく、これにワックスコーティングされるのかな~?と思ったり。

高密度で張りがあって丈夫な生地ですよ。



というわけで履いてみました。

Shirt/UMBRO (Split L/S shirt) ¥20,900-

Shoes/Quilp by Tricker’s (Plain oxford) ¥106,700-

全てのアイテムがイギリス縛りでこのユルさ!www

軍物ほどゴリゴリじゃないし、アウトドア物みたく軽くもならない、

差し引きしてちょうど良い感じがケスティンエアらしいなと思います!

真冬はちょっと寒そうなので、中にタイツ履いちゃえば大丈夫ですね。

春夏も履けるので、1年中使えるパンツです!




それではまた。お店で会いましょう。