Blog

diaries blog | KUON(クオン) | MON-SASHIKO No Collar Jacket

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「海王星の日」だそうです。

というわけで、今日のテーマは宇宙。




じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】KUON(クオン)

【アイテム】MON-SASHIKO No Collar Jacket

【価格】¥59,400-(税込)

【コメント】

おなじみKUONから、ヤヴァめのアイテムが続々と届いております!!!

中でも過去の刺し子の中で、最も衝撃的だった刺し子柄がコチラ!

最初の感想は、、、、、宇宙!

宇宙!

宇宙!!!!!

何がやばいって、画面スクロールしていると酔うでしょ!?wwwww

俺もブログ書きながら気持ち悪くなってきてますから!我慢して!

ちなみにこの前3人続けて試着してたら吐きそうになりました。

2人までが限界ぽい。



ちなみに今回使用されたハンパない刺し子は、「紋刺し子」という名前が付いています。

作ったのは福島県伊達市の三和織物の大峡健市さん。

大峡氏は染織家である柳悦孝に師事し、悦孝が残した刺し子のパターンを現代に残し続けています。

ちなみに柳悦孝は、民藝運動を作った柳宗悦の甥にあたります。

ちなみに柳宗悦の息子が柳宗理なので、悦孝は宗理のいとこってとこですね。


その悦孝が残した刺し子を機械で織れるようにしたのが大峡氏。

機械ながら日本国内でもここでしか織れません。

さらには機械任せにはできず、気温や湿度を気にしながら機械を微調整しつつ

織りあげないといけないので、1時間に1mしか進まないそうです。

そんな手間暇かけておられた紋刺し子。



ただでさえ大変な刺し子を、贅沢にも何パターンも組み合わせ、

想像するだけで途方もない作業になります。

その面倒くささも宇宙的!

例によって勝手に「宇宙刺し子」って呼ぼうと思ったんですよ。

でもね、念のため宇宙刺し子で検索してみたんです。すると・・・・・

篠原ともえ DESIGN 宇宙☆刺し子

という文字が出て来ちゃって、シノラー的刺し子があることにも驚きましたね~!




そしてこの刺し子だけでは終わらないのがKUONさん。

今回のは、ぱっと見はカーディガンじゃないですか。

でもね、僕はNo Collar Jacketと呼んでます。

前にも書きましたが、KUONデザイナー・石橋氏は、銀座のテーラーで修業してました。

なのでゴリゴリのテーラードも普通にできます。

そして今回のこのアウターに、カーディガンだと思って袖を通すとなんか違うんですよね。

肩まわりのフィット感と袖の作りを見ると、明らかにテーラリングされてるんですよ!!!!!

カーディガンと呼ぶにはもったいないくらいの作り!

なるほど、だからポケットも箱ポケットだったのか!!!!!

(箱ポケットとは、スーツのジャケットの胸ポケットの形って言えば分かりやすいかな?

思わず生地にもってかれますが、石橋氏が作ったこのノーカラージャケットはヤバイです。

というわけで、着てみました。

いや~私もうっかりカーディガンだと思ったんですよね~!www

重ね着してインナーで見せても映えるだろうと思って。

でも上にジャケット着ると、なんか袖がモゾモゾする。

ずいぶん袖が立体的にできてんな~と思って。

それで気づきましたね。

この分かりにくさが好きだな~KUONは。

しれ~っとすごいことやってのける。

ボタンホールの裏も、グログランテープでしっかり補強。

末永くお付き合いください。

裾の裏にもぐるっと補強的な何か。

裏地はコットンなので、ご自宅での洗濯(手洗い)も可能です!

生地もすごけりゃ作りも深い。KUONのコスモを感じろ!





それではまた。お店で会いましょう。