Blog

diaries blog | KUON(クオン) | SAKIORI Boa Fleece P/O

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「国際識字デー」だそうです。

日本は識字率は高いと思いますが、近年SNS(特にツイッターとか)は発達してからは、

言葉尻だけ捉えられて、言いたいことが伝わって無いな~と思うことが度々ありますね。

人に伝えるって、難しいな~と改めて。

そしてこのブログも。



またまた昔話になっちゃいますが、創業当時のブログが

なぜあんなに薄っぺらいかというと理由がありました。

「良い物は何も言わなくても売れる」と思ってたんです。

今思えばアホかと。そんなの誰でもできるだろ、と。

出身県ながら10数年ぶりに帰郷した茨城は、もはや土地勘も無いに等しくつながりも無い。

そんなところで、ポッと出のお店で誰が服を買いますか、と。

戻れるならやり直したいわ~。。。ぶん殴って目を覚ませと言いたい。

いややり返されるのが怖いから、後ろからチョークスリーパーで絞め落として、

縛り上げて説教してあげたい、自分に。(ドM)



だからこのブログは、俺の魂の叫び。

叫ぶ服人の会。(ドリアン助川並みに声には自信がありますw)



ここに!こんなに良い服があるよー!と、(ブログで)叫び続けて早10年。

今日も叫びます。



ドウゾ!!!!!!!!!!

【ブランド】KUON(クオン)

【アイテム】SAKIORI Boa Fleece P/O

【価格】¥27,000-(税込)

【コメント】

クオンからあぁぁぁぁ!!!!!早くも秋冬物が届いてます!!!!!!

実際に届いたのは8月初旬だったのですが、

届いて段ボールを開けるでしょ?フリースが入ってるでしょ?

検品するともう服が温まってるんですよ。ムアァァッと。

もうね、伝票だけ確認してそっ閉じですよ。段ボールをそっと閉じる。

なので、約1か月寝かせて熟成したクオンのボアフリース。

熟成フリースです!(熟成ってつければ何でも売れそうでしょ!?www)



んなことより、本当に熟成いや熟練してるのは、この裂き織りですかね!

クオンといえばの「裂き織り」。裂いて織るから裂き織り。

使い古した布を細く裂き、織りこみ、衣服や生活用品へと再生する日本古来の伝統技術です。

KUONの裂織りを織っているのはさまざまな障がいを抱えた方々です。

ハンディキャップを抱えながらも、毎日とにかくひたむきに一生懸命織り機に向かって裂織を織ります。

またこの裂き織で作られた生地も、襤褸(ボロ・BORO)同様、貧しい地域で

もったいないという思いから生まれた生地になります。

なぜか?

物資が貧しいから布も貴重。だから必要なくなった布も取っておく。

そして取っておいた布をさらに丈夫な生地として再利用するにあたり、

布を裂いて紐状にし、それを織り込んだのが裂き織なんです。

裂いて、織る、から裂き織。

そんな裂き織で作られたドンジャ。

そんな伝統技法である裂き織りを裾にあしらったのが、こちらのフリースです。

シルエットはゆったり目。

裂き織りは硬いので、どんなに動いても生地が張ったまま。

それもあってか、なんと裂き織り部分にドローコードを通して、

シルエットに変化を付けたり、着心地を着る人に合わせられるという、

ニクいディテールが!!!

ホント、気が利いてるとしか言いようがありません!!!

というわけで着てみました。

太いパンツもいいですけど、たまには細いパンツも良いですよ!

Pants/tilit (Flex pants) ¥20,520-

Shoes/Aurora Shoe Co. (Middle english) ¥29,160-

そうそう、裂き織りはTシャツの時と違って、ぐるっと1周してます。

なのでどこから見てもSA・KI・O・RI!!!グルっと1周オールアラウンド裂き織り。

日本の伝統を世界へ!クオンオールアラウンドザワールド!




それではまた。お店で会いましょう。