Blog

diaries blog | LE TRAVILLEUR GALLICE(ル・トラヴァイユール・ガリス)| Band Collar Shirt

※2/17(水)・2/18(木)は、休店日とさせていただきます。

※夜の自粛中につき、当面の間18:30閉店です。(割と19時まではいます。)

※コロナ対策実施中です。

※2月はPayPay×つくば市のご利用がお得です!(早期終了予定)

※PayPayただいまご利用できません。




ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「寒天の日」だそうです。

なんかね、長崎大学が「アミノレブリン酸(ALA)がコロナの感染を抑制する」という

研究結果を発表したんですけどね、

そのALAが最も含まれているのが、日本酒→ワイン→イカ→タコ→納豆なんですよ。

酒どころであり、国内有数のビオワインのインポーターや卸業者があり、

海産物も獲れて、そして納豆が名産の茨城が、ついに勝利する時が来たみたい!

アフターコロナは茨城で。

ちなみにそのALAを採るのに、どれくらい酒飲めばいいのか知らんけどな。






じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!


【ブランド】LE TRAVILLEUR GALLICE(ル・トラヴァイユール・ガリス)

【アイテム】Band Collar Shirt

【価格】¥25,300-(税込)

【コメント】

みなさん待ち望んでいるフランス製のブラックモールスキンはまだですが、

先にガリスからシャツが届いております!!!!!

ブラックモールスキンの影に隠れておりますが、実は必ず完売してしまうシャツなんです。

カバーオールより高いくせにね!www

ちなみになぜアウターよりシャツの方が高いかというと、

ガリスはワークウェアメーカーなので、シャツは縫えません。

なので、シャツは専門の工場に製作をお願いしているのですが、

このシャツ工場というのが、オーダーシャツをメインに作るとっても良い工場でして。

すごい良いところに外注しちゃってるので、シャツの方がアウターより1.5倍くらい高い。

このガリスのわけわからない心意気。よくない?


今回はドット柄のバンドカラーにしました。

そしてスナップボタンというのがポイント。

春夏用ということで、シャツ生地のアウター感覚で着てもらいたいです。

そのため、パッと着てサッと脱げるよう、スナップボタンにしました。


着丈も長く、お尻までスッポリ隠れます。しかもスクエアカット。

アウター感覚で着てね、というのがお分かりいただけるでしょうか?


ガリスのシャツの好きなところは背中。

インディヴィジュアライズドシャツで言うところのコンストラクションヨーク。

肩の部分に地面と平行に走る縫製部分のこと。

コンストラクションヨークは袋縫いになっていて、縫い目が見えません。

確か生地に負担たかからないんだっけか?

さらにそのコンストラクションヨークに、インバーテッドプリーツ。

インバーテッド=裏返し。

普通シャツはボックスプリーツにするんですけど、

裏返してスリットみたいにしたのがインバーテッドプリーツ。

コンストラクションヨーク+インバーテッドプリーツ=とてもスッキリw

特に着丈が長い服ですと、視覚的にもAラインが強調されていいですね!

ですので、着丈の長さとスリットの長さも大事です。

また、スリットの合わせ部分もカンヌキ留め。ガシガシ着ちゃいましょう。

さらに面白いのが、ベースとなっているシャツは、タキシード用のシャツ。

胸当てが分かりますか?

胸の四角くステッチが入った部分だけ、生地が2重になってます。

イカ胸シャツなんて言われますね。

イカ胸シャツってのは、タキシード用のメチャクチャフォーマルなシャツ。

でもこのイカ胸みたいなディテールは、ウエスタンシャツにもあって、

ウエスタンシャツみたいにイカ胸+スナップボタンにしたフランス製のシャツって、

もう全然意味が分からなくてウケる!と思ったんですね。

もう何を言ってるのか自分でも分からなくなりましたが、

訳が分からないけど、なんかちょっとカッコイイシャツだと思います。

最後に生地。

インディゴではないですが、インディゴブルーのような淡いブルーにドット柄。

しかもドット柄もプリントではなく織柄。

ドビー織で柄を出してます。

ドビー織のおかげで肌触りもザラザラして、梅雨時期とかも使えそうですね!



なかなかの人気なので、今季はようやくSとMだけ多めに在庫を用意しました。

それでも今月中は残ってるかな?って感じです。

お早めにどうぞ~~~~~!





それではまた。お店で会いましょう。