Blog

diaries blog | LOCKWOOD(ロックウッド) | Solid stick umbrella & Super slim umbrella & Folding umbrella

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「路面電車の日」だそうです。

つくばに路面電車・トラム作った方が、絶対良いと思うんだけどな~!



というわけで、大盛況の内に幕を閉じたDIGSEUM Vol.2!

またまた今回も大成功でした!

多くの方にアメリカンオールドランプとcayaさんのお菓子を知ってもらうことができ、

なんとランプを購入した強者もいらっしゃいました!沼への入り口ですね!w

お菓子といった食品も初めての試みでしたが、いいもんですね~!

初めてお店の前にイスを出したんですが、cayaさんのクッキーとドリンクで、

初対面のお客様が酒井さんと話せるという光景も最高でした!!!

過去に靴のリペアしてもらったお客様も、酒井さんに会えてよかったみたい!




ホント忙しくて、写真がちょっとしかないんですけど、どうぞ。

前の日にお店(SECOND FIDDLE)で使ってる照明を全て外し、

車に積み込んできてくれた酒井さん。

「やるからにはガチで」と私がうっかり焚きつけてしまったばかりに、

今回一番大変な思いをさせてしまったかもしれません!!!

自前で用意したランプスタンドに、意気込みが感じられます!

オープン時間を気にしつつ、準備に追われる酒井さんと、

出店は手慣れたもので、テキパキと勧めていくcaya船串さん!さすが!

圧巻のランプとパーツ達!!!そのほとんどが1930年代以前の物!

約100年前の物ばかりが並びます!

cayaさんのお菓子も、まだ茨城県南ではなかなか口にできる機会がないので、

なんとか時間を調整して買いに来てくれたお客様もいらっしゃいました!

そして最初のお客様は、なんとASAYAKEオーナーのK林さんとY山くん!!!

しかもBMXで!アレ?もしかして次のDIGSEUM決まったぽい?w(未定です)

というか、前回のバンダナもアメリカンオールドランプも自転車も、

全部いつもASAYAKE(ひたち野うしく)にあるので、

イベントに来れなかった人は、ASAYAKEへGO!




改めまして、ご来店いただいた皆様、本当にありがとうございました。

自分自身本当に楽しませてもらって、俺も酒井さんも船串さんも、

あっという間に終わっちゃったなっていう同じ感想を持ってて、

まるでお祭りのような濃い一日でした。

今はガランとした自分のお店を眺めて、祭りの後の余韻を味わっています。

あと、cayaのクッキーも味わっています。

滋味深い・・・





じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】LOCKWOOD(ロックウッド)

【アイテム】Solid Stick Umbrella

【価格】¥59,400-(税込)

【コメント】

今週は父の日プレゼントへ向けて、また梅雨時期オススメアイテムとしてもご紹介してまいります!

そして本日ご紹介するのは、初めて取り扱うブランドであり、

さらに初めて傘というアイテムも初めてになります!

これもお店が広くなったからできるんですね!!!

それではまずはブランド説明からどうぞ。


LOCKWOODは、Moses ManleyとEdward Gucewiczにより2014年に設立されました。

2人はロンドンで1830年から続く老舗傘店で修業した後に独立し、

熟練した技術を元にロンドン北部のワークショップでハンドメイドにて傘を作っています。

世界各地から裁量の資材を調達し、何百年も伝わる昔ながらの技術で作られた傘は

強度・耐久性にも優れ、正しいケアをすれば末永く使うことができます。


というブランドです。

修行元はおそらくJames Smith & Sonsでしょう。

ロンドンで最も古い傘屋と言われています。あのFOXより古いです。

超老舗から独立した、新進気鋭の傘ブランドがLockwood。

またLockwoodという名前は、ロンドン北部にLockwoodという貯水池がありまして、

もしかしたらそのほとりにワークショップがあるのかな~なんて思ってます。

なぜ池のほとりにあるかって?

この木が必要だから。

どこに必要かというと、なんと!?!?!?

傘の柄が天然のオーク材なんです!!!!!

すごすぎる。でもそれだけじゃありません。

削りだした上で、さらに熱を加えて曲げているんですよ!!!!!

さらに柄の部分と持ち手に継ぎ目が無いのがヤバイ!

何がヤバイって、「歩留まり」の悪さです!www

家具屋さんにこの傘を見て言われたのが、まさにそれ。

これって恐らく、100%成功するものではないかもしれないとのこと。

製造工程で必ず割れてしまうものもあるそうです。

それでいえば奇跡の1本!!!



でも触り心地がすごくいいんだよなぁ。

それもそのはず。修行元でもJames Smith & Sonsでは、杖も作ってますからね。

手に持った時の馴染む感じは、「なじむ 実に! なじむぞ フハハハハハ」

といった気分になります。

また、柄に当たる部分は布で包まれていたりと、長く使うことを考えたディテール満載。

真鍮の留め具もカッコイイし、これをひっかけるボタンは水牛ボタンです。

というこだわりの傘ですが、さすがに日本の台風とかは無理だと思いますけどね。


なので、もうちょっと日本の気候に合いやすいのはコチラかもしれないです。

【アイテム】Super Slim Umbrella, Whangee

【価格】¥31,320-(税込)

【コメント】

こちらは取っ手がWhangee=Bamboo=竹。

柄はメタルです。

Super slimの名の通り、細くてメチャクチャカッコイイので、

畳んで持っていてもカッコイイ傘なんです!!!!!

ほらね、水牛ボタン。



そして最後にプレゼントにオススメで、実用的なのがコチラ。

【アイテム】Folding Umbrella

【価格】¥20,520-(税込)

【コメント】

持ち手がガンギー( 桓騎 )の折りたたみ傘もあります。

しかもジャンプ傘。ワンタッチで開きます。

さらにコチラは骨が太くて丈夫。

その分重いです。女性にはちょっと重たいレベル。

家と職場が駅近または車から近ければオススメ致します。

またサイズも、折りたたみながら直径60㎝くらいあって、かなり大き目なんで濡れにくいです。

なので実用的!!!

折りたたみのみ、トップにはブランドロゴが付きます。

傘を天秤に見立て、PondusとViribusという謎の単語?

なんだか分からないけどカッコイイって言っておきます。

ちなみにケースが付いてくるものの、素材はコットンキャンバス。

めっちゃ濡れます。海外ならすぐ乾くけど、日本では厳しいです。

でもカッコイイのでOK!知らんけど。www



ちなみに長い方はこんなケースに入ってきますよ!

酒好きの方に言われて気づいたんですけど、ウイスキーのデザインみたいです。

さすがイギリスのブランドですねーーー!

ウイスキーが好きなお父様へのプレゼントにもいかがでしょう???

酒じゃねーのかよ!ってツッコミがもれなくついてきますよ!





お父さん!今日も頑張ってね!と、傘のプレゼントはいかがでしょう?





それではまた。お店で会いましょう。