Blog

diaries blog | LONGE ACT(ラウンジアクト)| Cotton Linen Silk Plain Shirt

※4/22(木)は、休店日とさせていただきます。

※夜の自粛中につき、当面の間18:30閉店です。(割と19時まではいます。)

※コロナ対策実施中です。




ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「郵政記念日」だそうです。

つくばでも、ちょっと小さい昔ながらの郵便局行くと、初代局長の写真が飾ってあったりしますからね。

タイムスリップしたような、なんとも言えない気持ちになります。田舎だ!




じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】LONGE ACT(ラウンジアクト)

【アイテム】Cotton Linen Silk Plain Shirt

【価格】¥36,300-(税込)

【コメント】

続々と大物の紹介が続きます!

本日ご紹介するアイテムもすごいですよ~!また当店のレベルが上がった気がします。

お客様には「国内のブランドなんて珍しいですね?」なんて言われておりますが、

個人的には、テンションが上がれば何でもいい!余計なこだわりは要らない!と思ってるので、

何が入荷するかハラハラしながら見てもらえたら幸いです!俺もハラハラドキドキだけど!www



それではまずは、ブランド説明からどうぞ。


LOUNGE ACT/ラウンジ アクトは天然素材を主にメンズ服を造っています。

服の持つゆとりを大切に、仕立ての良い服づくりを追求しています。

「人が服を着る」ということを追求し続けるテーラーの技術を取り入れ、

アイロンによる‘くせとり’や手縫いを施すことで可動部分にゆとりが生まれ、長く着られる、

着心地の良い服づくりを行なっています。

ものを大切につくる時間のゆとり、人が服を着てくつろげる気持ちのゆとり。

いろいろなゆとりを大切に洋服をお届けいたします。


というブランドです。

でもこれだけだとピンと来ませんかね?



ではもう少し掘り下げてみましょう。

現在デザイナーさんの年齢は42歳。ベテランですね。

文化服装学院を卒業した後、縫製会社に勤めます。

学生時代から独立を考えていたそうで、自身の技術を高めるために「金洋服店」の服部晋氏に師事。

そして2014年にLOUNGE ACTを立ち上げました。



このブログでまさか、「金洋服店」の名前を聞くことになるとは思いもしませんでした。。。

一言で伝えるなら、「天皇陛下のスーツを作っているテーラー」です。

まさかその技術に、自分の店で触れることができるようになろうとは!?と非常に興奮しております。



それを聞くと、先ほどのブランド説明に重みが増します。

「テーラーの技術」とは? 「くせとり」とは?

これはもう言葉では説明しずらしです。(俺もよく分かってない!wwwww)

なので、とりあえず着てみないことには始まりませんね。



ちなみに、LOUNGE ACTというブランド名は???

この金洋服店からニル○ーナへのふり幅の広さに、期待を膨らませずにはいられませんよおぉぉぉーーーー!



それでは、画像で見るのは無駄だと思いつつも、詳しく見ていきましょう!w


個人的に、LOUNGE ACTの入門編としてお勧めしたいのが、こちらのプレーンシャツ。

テーラリングの醍醐味を垣間見ることができます。

それは肩の部分。


よく見ると、異様に立体的。ジャケット見たいでしょ?と言われると、なるほど確かにと思うでしょう。

このディテールのきっかけは、「着心地の追求」にあります。

ではなぜこうしたのか?なぜこうすると着心地がいいのか?

前提として覚えておかなくてはならないのが、「日本人は前肩」であること。つまり猫背気味ってことですね。

その「前肩」の状態に立体的にフィットするシャツを作りたいと思ったのが始まり。

そこでまず考えたのが、ジャケットの型紙を使えないか?ということ。

しかし、さすがにシャツにそのまま流用することはできず試行錯誤していたところ、

1970年代の「シャツ製図」を発見。それを元にジャケットの製図を応用し、LOUNGE ACT独自のシャツ製図が誕生しました。


これね、平置きすると分かるんだけど、袖がすごく膨らむんです。イセがすごそうでしょ!?!?!?

どうやっても平面にならないの。(=オンラインショップの写真が撮りにくいったらありゃしない!w)

でも当たり前なんですよね、人間の体って曲線なんだから。



だけど布は初めは平面。

その平面と直線を、いかにして人間の曲線に近づけていくか。

これがテーラリングの入り口だと僕は考えています。

それを最も理論的に説明してくれるのが製図。



つまり、このアイテムは洋服の魅力を最も理論的に伝えてくれる、究極のシャツだと思います。


と、つい難しく?書いてしまいましたが、ディテールも素晴らしいです。

例えば袖付けと、衿付けはハンドステッチ。(ちなみにデザイナーさんが直接縫ってます!)


高級仕様っちゃあ高級使用なんですが、ちゃんと理由がありました。

この2か所のステッチは、肌への摩擦が最もある部分になります。

なので、ここをハンドステッチで仕上げることで、糸が肌にあたるのを最小限にしているんですね。

ちなみにここもハンドステッチでしたが?

ぶっちゃけここは、パーツが小さいからミシンじゃなくて手で縫った方が早いということでした!www

こんな緊張感あるシャツですが、そんな話一つでホッコリして、急に着やすくなります!

襟の形もホントすごい!寝かず浮かず、これが「襟」なんですね!覚えとこう!

ちなみに、タイドアップは考えてないとのことです。

あくまでもカジュアルに着て欲しい。良い物を普段からということですね。

なので、ネックは結構広いです。襟もフラシ芯でリラックス感ありますね。

ボタンの厚みもすごすぎて笑っちゃいました!3㎜厚の白蝶貝。ボタンもしっかり立ってるんですよねぇ。

バックヨークにはプリーツがないんです。それでも肩が張らないという不思議さ。

是非とも体感していただきたい。

最後に素材。

今回は、コットン×リネン×シルク生地です。

ヨコ糸に80番手のスーピマコットン、タテ糸に80番手のフレンチリネンと100番双糸シルクで高密度に織りあげています。

スーピマコットンの肌触り、リネンのハリ、シルクの光沢、全ての素材がその良さを覗かせています。



とまあ、DIARIESのラインアップにしては珍しく?「隙が全く無い」アイテムが登場しました!

ハッキリ言うと、これ以上の仕様は考えられませんね。それくらい「上」に行ってしまってます。

これだけ「上」の物があるという世界を、ウチみたいなカジュアルショップで伝えることができる、

そのことに僕は感動しています。

洋服ってすごい!洋服って面白い!あらためてそういう気持ちにさせてくれたLOUNGE ACTに感謝申し上げます。

これからが楽しみだーーーーー!





それではまた。お店で会いましょう。