Blog

diaries blog | M.F.SADDLERY(エムエフサドルリー) | 1.25 West End Buckle Belt

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「山の日」だそうです。

動かざること山のごとし。diariesです。

今年のお盆はいつになく静か。お店でほとんど動いてないですよ。

イベント多いわ暑さもひと段落したわで、出かけてーーー!

というわけで、先日行ったイベントでお勧めがコチラ。

水戸芸術館で行われている大竹伸朗の「ビル景」。

オシャレな人、サブカルな人ならみんな知ってる大竹伸朗。

ニューシャネルのアレですね!

だけどニューシャネルの人ではなく、そもそも何の人なの?

大竹伸朗が40年間描き続けてきたビルの景色。

何の人?の片鱗を感じるには、最適だと思います。

個人的には、絵そのものというよりも、

テクスチャーの選び方と、コラージュが抜群にカッコよかったです!

スチームパンクのような退廃的な雰囲気があるけど、あそこまで盛ってなくて絶妙なさじ加減。

横尾忠則のように描ききったものではなくて、途中で放り投げられたような感覚があります。

なんか・・・パンクなんですよね。


で、「大竹伸朗 パンク」で検索してみたら、ボアダムスのヤマタカEYヨとコラボしたこともあったのを知って、

ああ、もっと早く見ておけばよかったなと。

あとですね、フライヤーがあまりにもクオリティー高すぎでカッコ良すぎたので、

お店でも配って勝手に宣伝してます!!!

是非とも行った方がいいですし、行けなくてもこのフライヤーだけは手に入れた方が良いレベル!

このサイズで活版、そしてこの色。(中は蛍光イエロー)ヤバイ。




じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】M.F.SADDLERY(エムエフサドルリー)

【アイテム】 1.25 West End Buckle Belt

【価格】¥11,880-(税込)

【コメント】

今季も届いております。 マーティンフェイジーのセカンドライン・MFサドルリー 。

Jabez Cliff(ジャベツクリフ)倒産後(今のジャベツではなく、前のジャベツ。オリジナルの方ね。)、

白羽の矢が立ったシンプルなベルト。

ブランド名のM.F.というのは、デザイナーのイニシャル。そしてSaddleryは馬具という意味。

マーティンさんといえばファイヤーマンバックルベルトですが、

こちらはイギリスらしい馬具をデザインソースにしたブランドということですかね?多分。

ファイヤーマンバックルベルトとはまた違った、このようなシンプルなベルトも作ることで、

よりベルトの定番ブランドとしての地位が盤石のものになりそうです。



個人的には、ベルトはバックルが命だと思っています。

恐らく一般的にはレザーが命でしょう。

でもね、普通にセレクトショップで売っているベルトで、そんなに悪いレザー使ったベルトなんて見ます?

どこも良いレザーばかり。

だから、顔になるこの部分をどこまで考えているかにかかってきます。

そこには当然、「シンプルなほど難しい」という例の問題が出て来ますね。



バックルは正面から見た時の見た目はもちろん、

革の太さ・厚み・硬さに合わせて、微妙に変わってくるもの。

そんな中、このMFサドラリーのバックルは、シンプルながらその流線形が非常に素晴らしいと思います。

ちなみにWest End Buckleと名付けられたこのバングル。

ロンドンのとあるエリアを「ウエストエンド」と呼んだりするので、そのことなのかなぁと。

どんなエリアかって言うと、サヴィルロウ、オックスフォード、コヴェントガーデン、ピカデリーなどなど、

銀座と新宿と渋谷を回るような感じでショッピングなどができるエリアです。

というと軽く聞こえるかもしれませんが、古くからロンドンを盛り上げてきたエリアなので、

そのような歴史を含めてウエストエンドの名を冠したのかもしれませんね。

そうそう。もちろんレザーのクオリティも間違いないのでご安心を。

こちらはサドルレザーということで、

ブライドルレザーよりも柔軟性は劣りますが、その分耐久性が増します。

オイルもたっぷり入ってて、いつもと同じ素材に思えてしまいそうですが、

固い分オイルなどが抜けやすいので、いつものブライドルよりは

マメに手入れした方が良さそうです。乾燥を防ぐ意味で。

どうぞ、サイズが揃っている内にご検討下さい。

おおまかな傾向ですが、お客様を見ているとベルトって身に着ける物の中で、

つい後回しにしてしまう方が多いです。

ベルトだけ買い替えないという方も多数見受けられます。

洋服を買う予定が無い今の時期に、おさえておいた方がいいと思いますよ!





それではまた。お店で会いましょう。