Blog

diaries blog | Martin Faizey(マーティンフェイジー) | 1.25 Quick Release Belt

※11/27(水)及び11/28(木)は、休店日とさせていただきます。




ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「スリナム独立記念日」だそうです。

アムステルダムでいつも美味しくいただいているのがスリナム料理。

南米の国なのに、アジアっぽい感じがするので落ち着くんです。




じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】Martin Faizey(マーティンフェイジー)

【アイテム】1.25 Quick Release Belt

【価格】¥19,800-(税込)

【コメント】

今季も届きました。マーティンフェイジーのクリックリリースバックルベルト。

略してQRBB(とは誰も言いません。)

こちらもdiariesがオープン以来からずっと取り扱っているアイテム。

定番すぎる定番アイテムでございます。

diariesのベルトといえばまずはここから!いつもここから!

ベーシック、スタンダード、オーセンティック、トラディショナル、、、

そんな言葉が思い浮かびそうなdiariesのセレクトですが、

その中でもオープン時からずっと取り扱っているブランドは、

このMartin Faizeyだけとなってしまいました。

INDIVIDUALIZED SHIRTやJames Mortimerですら2年目からでしたし。

我々零細企業は、自然界で例えるなら小動物のようなもので、

生き残るために最も必要な能力は、強さよりも変化対応能力だったりします。

なので自分自身が絶えず変化し続けないといけません。

生き残るためには、変わり続けないといけません。

が、その中にありながらも変わらないものがあるって、なんかいいよね。

というわけで、前置きが長くなってしまい申し訳ございません。

イギリスの生粋のベルト職人・マーティンフェイジーさんの名を冠したブランド。

ご存じない方のために、まずはブランド紹介からどうぞ。

Martin Faizeyは、イギリス人の革職人。自らの名を冠したブランドは2011年秋冬から始まりました。

革職人として40年近いキャリアを持つ彼の代表的な作品が、

ヴィクトリア朝時代の消防隊員が使用していたバックルをデザインソースに使った「Quick Release Buckle Belt」。

クイックリリース=読んで字のごとく「素早く取り外し」できるベルト。

マーティン氏が「DAINES & HATHAWAY」(デインズ&ハザウェイ社)と共同制作し、世に送り出しました。

現在は、Martin氏がQuick Release Beltの全てを管理し、

英国ウォチェスター州の工房で、数名のスタッフと共に、オールハンドメイドにて制作しています。



というブランドなのですが、紹介文の中にもあるQuick Release Buckleをまずは知っておいてほしいですね。

ちなみに別名ファイヤーマンバックルベルト(Fireman Buckle Belt)とも呼ばれています。

ブランド説明にもある通り、もともとはヴィクトリア朝時代(1837~1901年)の消防隊員が使う備品の1つとのこと。

恐らく消防用ホースか何かの消防道具をまとめるために使われていたそうで、

普段はガッチリとホールドしつつも、緊急時には簡単に外せるようになっているのでしょう。

それをベルトに初めて応用したのがMartin氏だったというわけです。

何か緊急でベルトを外さないといけない時でもあったのでしょうか?(俺もよくお腹痛くなるし!)

ちなみにQuick(すぐに) Release(外せる)とはどういうことかというと、

ワンタッチでカチャっと外れて、バックルがパカっと開いて、

スパーンとベルトが外れる仕組みになっています。

これがクイックリリースベルト。

今回もおなじみの2色展開。ブラック×ピューターと、

A.nut(ブラウン)×ピューター。

ブラウンの方は、以前はブラス(真鍮)だったのですが、

シルバー系のバックルが欲しいという声を数件頂戴したので、最近はピューターです。

ピューターの良いところは、シルバーのようにくすんでいくところ。

ブラスと同じく、アンティークな表情に変わっていきます。



でもそろそろブラスを復活させようかな。迷う~。



そしてこちらが私物の20年物。

当時はMartin FaizeyではなくDaines&Hathawayでした。

さらに私のは、Daines&HathawayにネペンテスのNEEDLESが別注をしたもの。

なので、ニードルスのクイックリリースベルトになっています。

20年の蓄積は、主に体脂肪でした。

ゆえに、このように曲がってしまうというわけです。

嘘です。太ったからじゃありません。使い続ければみんなこうなる・・・はず?

全くと言っていいほど手入れをせず10年目に気づいたひび割れ。

いやはやなんという耐久性か。



それはやはり使用するブライドルレザーのクオリティも素晴らしいから。

このように、物によってはハッキリクッキリとブルームが浮き出てきます。

これぞブライドルレザー!

耐久性と柔軟性を兼ね備え、着用すればするほど身に着ける人の体に沿っていく。



レザーの質、デザイン、機能性、全てが完璧なバランスで成り立つ究極のベルトと思っています。

そのせいか、類似品はいたるところで見受けられます。

diariesでは、Daines&Hathaway時代に「クイックリリースバックルをベルトに落とし込む」

ことを考えたMartin Faizey氏に敬意を表し、Martin Faizeyのクイックリリースベルトを

セレクトし続けています。



そうそう!先日のイベント時も、クリスティアーノと私は偶然にも同じベルトを付けていました!

と思ったら、惜しい!写ってない!?!?!?

ホントなんだって!信じてくれよ!!!






それではまた。お店で会いましょう。