Blog

diaries blog | Perfection(ペルフェクション)| Shorts

※ただいま夜の自粛中につき、18:30閉店です。(19時までは割といます。)




ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「スイカの日」だそうです。

おかげさまで、無事に1ST PAT-RN ORDER FAIRを執り行うことができました。

ご来店いただいた皆様、誠にありがとうございます。

コロナ禍以降、初のイベント?となり、マスク・消毒・換気と試行錯誤しながらの運営となりました。

今回は4日間という日程のお蔭で、密を避けつつ遂行できたのではないかと思います。

デザイナーがZoomで参加してくれた時ですらお客様が4人しかおらず、

クリスティアーノも「えっ!?」って顔したのも、今となってはいい思い出です。



今後は、小さくて流行らない店だからこそできるイベント的なものとして、

落とし処はどのようなものなのか、模索してまいりたいと思います。

ゆるりとお付き合いくださいませ。




じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】Perfection(ペルフェクション)

【アイテム】Shorts

【価格】¥16,500~¥17,600-

【コメント】

イタリアのパンツ専業ファクトリーブランド・Perfection(ペルフェクション)でございます。

イージーパンツの方は、おそらくおなじみとなってます。

その証拠として、今年は色違いをお買い求めになるお客様も多く、

ああ~やっぱり履き心地がいいんだなと実感しております。

なので今季は、さらにバリエーションを増やしてみました。

というわけでショーツ!

気が付くと私のワードローブに多い柄ショーツ。

だって、手軽に簡単でオシャレになるアイテムだから。

サイズだけ気にすれば、テキトーな無地Tシャツに合わせるだけ。

足元は革靴でもスニーカーでもサンダルでもいい。

とにかく、「派手なショーツは何着あっても便利!」ということを知ってるから。

だから割と柄は直感的に選びます。

そんな直感を、改めて分析するとまた面白い。

よく見ると、迷彩柄の上にアロハ柄?のようなものが乗っている。

決して派手な色使いではないけれど、カモフラージュの土臭さを程よく中和してくれている。

きっとこれは、凄惨な戦いがあった南国の島を覆い尽くそうとする花の力、

時の流れの残酷さと人の世の儚さを感じつつ、私は平和を願うのだ。

この柄に名前を付けるなら、「トロピカルカモフラージュ」。

この柄を見ていると、なぜだか喉が渇く。

ご覧の通りの仕上げ。ペルフェクションなら間違いなし。



そしてもう1つ。

こちらはホワイト×ベージュのストライプ。

しかしストライプにしてはなぜだか柔らかい印象。

その秘密は・・・?

ストライプの稜線には織り柄でネイビーのラインが。

このおかげで線がボカされ、非常に柔らかい印象のストライプに仕上がっています。

履いてみると、シルエットはテーパードスラックスをそのままショーツに仕立てた感じ。

上品なショーツです。

Shirt/comm.arch. (Cool Seersucker S/S shirt) ¥19,800-

Shoes/Russell Moccasin (Sporting clays chukka) ¥90,200-

白とベージュのショーツには、サファリテイストのシャツと、

クロムエクセルレザーのチャッカブーツを合わせ、

アーバンサファリテイスト。(ナニソレ?wwwww)








それではまた。お店で会いましょう。