Blog

diaries blog | POKIT(ポキット)| Classic Shoulder Capsule

※夜の自粛中につき、当面の間18:30閉店です。(割と19時まではいます。)

※コロナ対策実施中です。




ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「犬の日」だそうです。

今年も残りあと2か月。そろそろ本気だしてもいいかな?(入荷に関して)





じゃ、商品紹介です!本気です!

ドウゾ!

【ブランド】POKIT(ポキット)

【アイテム】Classic Shoulder Capsule

【価格】¥49,500-(税込)

【コメント】

すっごい久々になってしまいました!!!

ちょっとバッグが多かったので抑えてたら時間が空いてしまいました。

というわけなので、本気の説明しますね。最後までご覧ください。



まずはブランド説明からどうぞ。

pokitは1999年、バイオード・オデュオールとクレア・プリングルにより、

ロンドンで設立された高いデザイン性と品質を備えたラグジュアリーグッズブランド。

バックミンスター・フラーのジオデシック(Geodesique)ドーム理論に

影響を受けたショルダーバッグが、同ブランドを代表するアイテムです。

ジオデシックドーム理論とは、三角形・五角形・六角形の組み合わせで構成し、最小限の表面積で最大の空間を作り出す理論のこと。

ちなみに、ノースフェイスの75年に発表されたテント「オーバルインテンション」はこの理論を元に完成しています。

またデザイナー自身が元は大学の化学専攻であるため、分子の構造式から思いついたデザインだそうです。

またそのデザインは高く評価され、MoMA(ニューヨーク近代美術館)の永久収蔵品にも選ばれています。


というブランド。

アパレル関係にしては珍しく理系出身!?

個人的な意見ですが、ファッション好きには文系の人の方が多い気がします。

なので理系でファッション好きの人と話すと、観点が違ってて面白いんです。

それこそ正確なデータは無いので固定観念かもしれませんが、

このバッグを初めて見た時に感じた衝撃は、今でも忘れられません!!!

「なんじゃこりゃ!?!?!?」としか言いようがなかったですね。



ではそのなんじゃこりゃを、詳しく紐解いていきましょう。

まずはこれですね。この立体的なドーム型のフタ部分。

2本のダーツで形作られています。

なるほど言われてみるとジオデジックドーム、なのかな?

別確度からもどうぞ。

この形を思い付きた時、デザイナーさんはまず平面に下書きをし、紙でバッグの形を考えたそうです。

これが初めて見た時の衝撃といったら、新しい時代の到来を予感させるものでした。

例えばこのポキットのボディバッグは、トラディショナルとアバンギャルドの融合に思えたんです。

相反する要素が、見事に合わさってるんですね。

メインとなるボディは、例えばブ○ディに代表されるイギリスの古典的なフィッシングバッグに使われるラバーボンディング。

しかもイングランド北部で未だに作られている、天然ゴムを使用したバルカナイズドキャンバス生地。当然防水性があります。

さらにレザー部分も、こちらも英国伝統のブライドルレザーを使用しています。

そして形はこの近未来性を帯び、いわゆる古典や伝統とは正反対じゃないですか。

分子の構造式から始まりジオデシックを経て、それらが違和感なく結合しているんです。

そしてもちろんバッグとしてのクオリティも、そりゃ相当なもんです。

負荷のかかる場所にはレザーで補強してあったり、

裏張りもあり。フラップの開閉もマグネットというのもポイントです。

またジッパー付きのセキュリティポケットも便利ですね。

ジッパーの引き手もよく見ると面白いデザイン。

この六角形は、おそらくジオデジックドーム理論へのリスペクトでしょうか?

また先ほど「近未来」と書きましたが、昔ロンドンにあったPOKITのショップも近未来的でした。

2001年宇宙の旅かっつーのw

いや、でもキューブリックのあの映画を見た時のような、時代性を飛び越える発想かもしれません!!!

クラシックなのに新しい。初めて見たのに、もうずっと使っていたような気がする。

実際手に持ってみると、そういった実感が湧いてくるんです。

なぜか安心するんです。でもそう思ってしまうことに衝撃を受けるんです。

もうわけわからないでしょ!?俺も書いててよくわかんねーもん!!!www

で、このバッグの良い所はコーディネートにもつながります。

この手のバッグって、「スポーティじゃないもの」を探すのが意外と難しい。安易に有名ブランド物のボディバッグには逃げたくない。

しかし、このボンディングとブライドルレザーの組み合わせのおかげで、

こんなスーツスタイルにもいけちゃいます。

フライツォーリならではかもしれないけど、これで自転車とかカッコいいな~。

時間軸を飛び越えたアイテムなので、スタイリングのジャンルなんて簡単に飛び越えるわけです。

で、まあこれだけ素晴らしいアイテムなので、当然私も持ってるわけですよ。

初めて出会った頃に買ったやつをね。

ざっと15年近く前の物になりますかね。

昔すぎて、何色を買ったかよく覚えてません。

ベージュなのかカーキなのか。今は作ってない色なのかも?

実はマイナーチェンジを重ねているので、改良されています。

この擦り切れた部分には、今ではブライドルレザーで補強されていますね。

セキュリティポケットもまだ未熟だったな~

当時のはカードくらいしか入らない小さいポケット。

今ではパスポートくらい入るサイズになっています。

そしてこのPOKITのバッグは、私と一緒に生まれ故郷であるイギリスの地を踏んでたりします。

6年前のイギリス買い付けの時。

当時は経費を切り詰めて切り詰めて(むしろ借金して・・・)買い付けに行ってたんで、Wi-Fiなんか借りることもできなくて、

買付に行く場所の地図をプリントアウトして、マッピング(地図に印をつける)して持って行ってました。

大変だったなぁ~。雨でインクが滲んで分からなくなったりして。

いちいち傘なんて差してらんないので、やっぱり防水のハットは必要です。

そしてもちろんポキットは、中身をちゃんと保護してくれることも証明してくれましたよ!



このようにタフに使え、実用性にも優れ、なお且つカッコ良いバッグ!

もちろん容量も入ります!

持ちたくなるバッグでしょ~~~~~!?





それではまた。お店で会いましょう。