Blog

diaries blog | POKIT(ポキット) | Utility Capsule Medium

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「左利きの日」だそうです。

本日は、午前中にお墓参りを2件済ませてからのエクストリーム出社。

仏花と書いて「ぶつばな」かと思ったら「ぶっか」でした。

仏花ーTと覚えときます。




じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】POKIT(ポキット)

【アイテム】Utility Capsule Medium

【価格】¥32,400-(税込)

【コメント】

久々の入荷になります。ポキットのナイロンショルダー。

ユーティリティーカプセルのMサイズ。デイリーユースにちょうどいいサイズ。

少し前にポパイに掲載されたみたいで、ちょいちょいお問合せをいただいております。

が!掲載商品ではございません!!!

ポパイに載ってたのはLサイズのメッセンジャーバッグのタイプです!

あれは大きすぎて、茨城の車社会には合わないと思い、当店ではMサイズを取り扱ってます!

所変われば品変わる!

茨城のライフスタイルに合うよう、信念を持ってセレクトしてるつもりです!!!

あ、でもLが欲しいって言われて取り寄せましたけどね。ありがとうございます。

信念とか簡単に曲げるタイプです!www

柔軟に行きましょう~~~~


それでは久々の紹介なので、まずはブランド紹介から。


pokitは1999年、バイオード・オデュオールとクレア・プリングルにより、

ロンドンで設立された高いデザイン性と品質を備えたラグジュアリーグッズブランド。

バックミンスター・フラーのジオデジックドーム理論に影響を受けたショルダーバッグが、

同ブランドを代表するアイテムです。

ジオデシックドーム理論とは、三角形・五角形・六角形の組み合わせで構成し、

最小限の表面積で最大の空間を作り出す理論のこと。

ちなみに、ノースフェイスの75年に発表されたテント

「オーバルインテンション」はこの理論を元に完成しています。

またデザイナー自身が元は大学の化学専攻であるため、

分子の構造式から思いついたデザインだそうです。

またそのデザインは高く評価され、MoMA(ニューヨーク近代美術館)の

永久収蔵品にも選ばれています。


というブランド。


「最小限の表面積で、最大限の空間」

なるほど、当然バッグにも合いますね。

大小さまざまな「面」で構成されており、これが驚くほどの容量を生み出します。

またジオデシックドーム理論に基づいたポケットは、ポキットのアイコンでもありますね。

ポキットのポケット。(言いたいだけ)

でも1本のステッチと2本のダーツで、洋服的でもあるので「へぇ~」って思いますけどね。

実際に使ってみて思ったのは、このベルクロ(マジックテープ)の配置。

毎回ストラップをカチャカチャと開け閉めするのは面倒なので、

荷物を入れたり出したりするときは、このベルクロだけで抑えています。

それでもほとんど荷物がこぼれることはありません。





またご覧の通り、表地のナイロンだけでなく裏地も貼ってある二重構造で、

今のところ浸水の被害にあったこともないですよ!

さらにはジップ付きのセキュリティポケットもあるので安心です。

そして要所要所でレザーを使ってるのもカッコイイですね。

ストラップの付け根とか、ロゴとか。

そしてショルダーストラップは、シートベルト素材。

しなやかで丈夫でスベスベ。長さ調節も簡単なバックルを使用しています。

どこをとっても、使い易すぎてヤバイバッグです!!!!!

でもやっぱり何と言っても容量がすごいので、詰められるだけ詰めてみて欲しいです!

ちなみに私は札束夢を詰め込んでみたいです!





それではまた。お店で会いましょう。