Blog

diaries blog | ROLEX WATCH COMPANY(ロレックス・ウォッチ・カンパニー)| Oyster Junior Sport

※8/25(火)~8/27(木)は、夏季休暇とさせていただきます。

※8/25(火)は、都合により休店日とさせていただきます。(夏休み返上しました。)

※8/27(木)は、定休日です。

※夜の自粛中につき、当面の間18:30閉店です。(割と19時まではいます。)

※つくばロックフェスチケット発売中です!(5日券・通し券は完売!)



ここで1つお知らせがございます!

先日のブログで、「夏休みをいただきます」と書いたのですが、

夏休みは無くなりました!!!

もう一度言います!夏休みは無し!!!!!!

とある事情で、馬車馬のように(豚だけど)働くことになりましたーーー!



原因は「車の買い替え」でございます!

オイラのポンコツ、とうとういかれちまったみたい!

もはや限界でございます・・・

エアコンが効かない旧車で移動中。

まさかの熱中症になってしまったのです・・・・・

これはさすがにまずい。生命の危機を感じました。

他にも車検がどうやっても通らないなど、色々問題が出て来てしまったので、

これは一旦ナンバーを外し、幸いにも実家にスペースがあったので、

現在の車は保管することになりましたとさ。

9月の中旬くらいには、お店の前に新しい車が停まってるかもしれません。




ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「愛酒の日」だそうです。

オススメの酒かあ。やっぱ「稲里」かな?

なんでかって?フジロック(ところ天国)に出てるから!

いやもちろん美味いからですよ!!!!!

そしてところ天国の稲里といえば?となりの煮干しラーメン「えにし」

なので、昨日の昼飯は喜元門の煮干しラーメンで再現。

さらに夜メシは、フィールドオブヘヴンのサクラグミのピザに代わって、

AMICIのピザ。

俺のフジロック準備はいつも完璧。

というわけで、3日目のTシャツはコチラ!

insonniaのRage Against The MachineTシャツです!

もちろんone day as a lionのせいと、レイジの来日を祈念して!

ザック・デ・ラ・ロッチャ!





それでは、このままだと長くなりそうなので、商品紹介に移ります。



先日のブログで、「上半期と下半期の間にハンパないの仕込んでる」と書きましたが、

秋服の紹介が始まる前に、そちらを数日に分けて紹介してまいりますね。

心してご覧ください。




ドウゾ!

【ブランド】ROLEX WATCH COMPANY(ロレックス・ウォッチ・カンパニー)

【アイテム】OYSTER JUNIOR SPORT

【価格】高いです。(ン十万くらい)

【コメント】

ついに!アンティークウォッチの取り扱いを始めることになりました!

コロナ禍だろうが、外に出ないから腕時計の売り上げがガクンと落ちていようが、

攻めの姿勢は崩しませんよ!いつもの「逆張り」だよコンチキショー!



お客様の中には、驚かれる方や戸惑いを隠せない方や、

待ってました!と喜んでくれる方など様々です。



今までも、なんとなく「扱ってみたいな~」とはぼんやり思ってましたが、

さすがに時計となると取り扱い方法や購入後のメンテナンスなど、次元が違ってきます。

私一人でそれを管理するのは不可能。服のセレクトが疎かになるほどパワーを使います。

なので最初から諦めてたんですよね。




なんですけど、テンダーの昔の時計(イギリス製のやつ)を買いそびれ、

1ST PAT-RNのクリスティアーノデザインのTIMEXのデザインを見て、

やっぱり古い時計はいいなあと、物欲がムクムクと頭をもたげ、

そこにきてASAYAKEさんから色々見せてもらって火が付いたところで、

まさかの信頼できるディーラーさんと出会ってしまったからには、

「ピースが揃った・・・」としか思わずにはいられませんよ!!!!!





それでも、本当に自分がやるべきかどうか半年くらい考えました。

そして出した答えは、「アンティークウォッチにもセレクトの余地はある。やろう。」というものでした。



アンティークウォッチというマニアックな世界の中で、

自分の好みの物にたどり着くまでは、途方もない時間と知識が必要となります。

例えばこの茨城県南で、ちゃんとしたアンティークウォッチが欲しいと思ったら、どこに行けばいいのでしょう?

それなら良いお店が揃う都内に行ったとして、アンティークの海の中から

自分が欲しい物を見つけられるでしょうか?

見つけたとして、「買う」という決断をその場でできるのでしょうか?



このように、非常にハードルが高いのがアンティークウォッチの世界だと思っています。

であれば、予めDIARIESでセレクトしたアンティークウォッチがあってもいいのではないかと思ったわけです。

もちろん冷やかし程度で気軽に見られるのもDIARIESの魅力でもありますね!w



また、DIARIESのセレクトというからには、アンティークウォッチとしても正統派ではなく、

ちょっと首をかしげるけど、実はハイクオリティな物を用意してまいりたいと思います。



それでは詳しく見ていきましょう。

一言で言うとロレックスです。

ロレックスってどこにも書いてないロレックス。

こんなの誰が買うんだろう?と、仕入れた後に気づきました・・・・・

いや語弊があったな。時計の裏蓋を開けると、裏蓋の裏側にROLEX WATCH COMPANYて書いてあるんですよ。

でも専用の工具が無いと開けられないので、普段は見ることができません。

また、その裏蓋の裏側の写真を用意してもらおうと職人さんに頼んだら、

まさかのムーヴメントの写真しか送ってこないっていう、さすが職人的対応!ww

いやぁ~ロマンがあるね!wwwww



というわけで、いきなりひねくれたセレクトをかましてみました。カマシワシントン。

でもね、これは時計いやロレックスの歴史に翻弄された、

例によって蘊蓄がギュッと詰まった時計なのでございます。

長いのですが、勢いを付けて書かないと心が折れるので、駄文を綴りますが付いてきてください。



せーの!




「こちらのOYSTER JUNIOR SPORTは、1940年代に作られた手巻き時計になります。

まずこの時計を説明するには、ロレックスに関して説明せねばなりません。

そもそもなぜロレックスが素晴らしいか?

それを分かりやすく説明するには3大発明が挙げられます。

1.オイスターケース(世界初の防水ケースを作ったこと)

2.パーペチュアル(世界初の自動巻き時計を作ったこと)

3.デイトジャスト(世界初の日付表示機能を作ったこと)

なるほど、言われてみれば確かにすごい。

そして今回ご紹介する時計はOYSTER。

ロレックスが防水オイスターケースの特許を取得したのが1927年のこと。

しかしその1年前。ロレックスは、イギリスのOYSTER社を買収しているのです。

そうです。実はロレックスのオイスターケースを開発したのはOYSTER社だったのです!

しかしそれから20年近く経っても、OYSTERのブランドで販売していたという特異な時計。

ロレックスも、当時はまだ数ある優良時計メーカーの1つだっただけに、

おそらくイギリス市場(つまりカナダをはじめイギリスに関わる国も含め)に向けて、

販売しやすいOYSTERネームで流通させていたなんてことが想像できます。



次にご説明したいのは中身。先ほどの写真でムーブメントを載せましたが、

使用されているのはキャリバー59。

ここにも時計の歴史が詰まってます。

このキャリバー59を作ったのはフォンテンメロン社。

現在、世界最大の時計ムーブメントメーカーであるETA(エタ)社をご存知でしょうか?

ETAは様々な企業が統合しているのですが、その中でも最も古いムーヴメントメーカーがフォンテンメロンなのです。



そしてキャリバー59に話を戻すと、キャリバー59といえばTUDOR(チュードル、チューダー)で主に使われていました。

となるとTUDORのご先祖だったのかも?とまた想像が膨らみます。



ROLEXとTUDORとETAの系譜を遡ると、歴史の分岐点にポッと生れ落ちた時計。

それがこのJunior Sportだと思うのです。」



ハァハァ・・・・疲れた。一気に書いたわ。

間違えているとこあったら、優しく教えてください。詳しい人。



そんなウンチクはさて置き、(置くのかよ!)デザインを見てくださいよ!

ホントにキレイに焼けたアイボリーの文字盤。

綺麗にならんだ大き目のアラビア数字。

中心の円がちょっとだけ濃いブルズアイ仕様。

スモセコ(=スモールセコンド)

ブルースティール針(蓄光ラジウム塗料もギリギリ残ってます!)

使い込まれた感じはありますが、見た目は非常に上品な高級時計仕様。

サイズも男女問わず使えます。

ベルトは新品の物に変えてあります。

オーバーホール済でのお渡しです!

さらに6か月の保証も付いてます!

もちろんその後の定期的なメンテナンスも受け付けます!

今までアンティークウォッチを取り扱えなかったの、こういうところなんですよね。



念のため申し上げておきますが、他店様で購入された時計のメンテナンスは受け付けませんので、

悪しからずご了承くださいませ。





アンティークウォッチの世界へようこそ。





それではまた。お店で会いましょう。