Blog

diaries blog | S.N.S Herning(エスエヌエスハーニング)| Stark Cardigan

※12/24(木)12/25(金)は、休店日とさせていただきます。

※夜の自粛中につき、当面の間18:30閉店です。(割と19時まではいます。)

※コロナ対策実施中です





ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「日本人初飛行の日」だそうです。

久々にトビましたね~~~!!!!!!

通ってるなんて言いつつ、大分間が開いてしまったのですが、

やっぱり年内に体の疲れを取っておきたいなってことで、予約滑り込みセーフ!

いやホントすっかり人気店になっちゃってて、マジで予約が取れません!

そりゃあの腕だもんな。



そんな忙しそうなピカパウさんですが、新しいスタッフさんが居ました!

リンニャくん(サイベリアンフォレストキャット10か月)

ネコの手も借りたくて、ホントに借りているお店を始めて見た!wwwww

にしてもイケメンすぎるネコでしょ~!

まだ子供だから結構ヤンチャです!たぶん、自分がピカパウの主だと思ってるw

というわけで、年内はもう予約できないと思いますが、年明け狙って行ってみてください!





じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】S.N.S Herning(エスエヌエスハーニング)

【アイテム】Stark Cardigan

【価格】¥42,900-(税込)

【コメント】

今季のS.N.S. HERNINGの最後を飾るのはSTARKというモデル。

S.N.S. HERNINGの数あるニットアイテムの中でも、最も人気のモデルです。

Starkと書いてスターク。

ついスタルクと読んでしまう90年代フィリップ・スタルク世代。

良い得て妙ですが、スタルクのような硬質なインダストリアルさを感じるので、

このカーディガンはStarkって名前が相応しいなぁ~と思ってます!!!

まず目を引くのが大きなメタルボタン。

こんな攻めたデザインながら、実はS.N.S Herningでは1971年から作り続けられているクラシックモデル。

またこの編み柄も特徴的。

タテヨコ裏表?よく見るとケーブル編みのような模様を分解して再構築したような?

ニットブランドらしく、やってることはシンプルなんだけど、

典型的な編み方を駆使して見たこともないパターンを生み出しました。

これはまた機能的にも素晴らしく、空間を作ることで保温性が高まり、

また様々な方向に延びるのでストレッチ性が高まり、非常に動きやすいんです!

というわけで、着てみました。

Pants/MASSAUA(Pants)¥9,900-

Shoes/Schuh Bertl (Bertl Classic Low) ¥97,900-

カーディガンにしてはタイトシルエットなので、セオリー通りにいくと細身のパンツが合います。

でもあえて太目のストレートを履いて、男らしく着るのもいいですね。

素材が硬くて、襟を折り返すことが全然できないので、襟の上からマフラーを。

マフラーはANDERSEN-ANDERSEN(アンデルセンアンデルセン)のもの。

同じデンマークのニットブランド同士が茨城で邂逅。なんてことを考えながら着るのが楽しいんです。

最後に、このStarkカーディガンは、個人的にはインバー○ランの現代版と捉えています。

S.N.S Herning自体が、100年前にフィッシャーマンニットとして始まったという背景もあります。

なので中らずと雖(いえど)も遠からずなのです。

そう言われて見てみると、この幾何学模様はケーブル編みに見えて、

ボタンはウッドではなくメタルに変わってる。

アランニットカーディガンの現代版と考えると面白いと思ったんです。



またそのように考えると、最初はモードっぽい印象のStarkも、

途端にクラシックなフィッシャーマンセーターのように見えてくるので不思議ですね。

色落ちしたデニムや古着のスウェットなど、様々な服に合わせてみてください。





それではまた。お店で会いましょう。