Blog

diaries blog | S.N.S. HERNING(エスエヌエスハーニング)| TENSOR Cardigan

※夜の自粛中につき、当面の間18:30閉店です。(割と19時まではいます。)

※コロナ対策実施中です。




ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「三つ葉の日」だそうです。

鯛だしラーメンに入る三つ葉最高!

というわけで、今年のフジロック開催が発表されたわけですが、さすがに迷うというのが正直なところ。

ですが、それなら100%行く!となる「それ」を考えてみました。



ブランキ―ジェットシティが復活するなら、絶対行くと思う!!!







じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】S.N.S. HERNING(エスエヌエスハーニング)

【アイテム】TENSOR Cardigan

【価格】¥27,500-(税込)

【コメント】

メチャクチャ楽しみにしていたニットが届きました!!!!!

当店ではおなじみ?のS.N.S. HERNING(エスエヌエスハーニング)から。

当店でS.N.S. HERNINGを知ったお客様からすれば、「春夏物もあったの?」と思われるかもしれません。



そうなんです。あったんです。過去に。

というのは、以前はウールもコットンも編んでいたのですが、

S.N.S. HERNINGが倒産の憂き目にあった時に、一旦ウール製品に生産を絞るんです。

そして工場も移設することになり、コットンニットの生産が中断しました。

それからなんとか立て直し、ウール製品も軌道に乗ってきたことから、

ようやくコットンニットも作れるようになったんです。



その期間、おそらく5,6年ぶりじゃないかな?

個人的には、待ちに待ったS.N.S. HERNINGのコットンニット再始動なんです!!!!!



それでは春夏としては初めてのブランド紹介になるので、まずはブランド説明をどうぞ。

1931年、デンマークでニットの生産を始めたS.N.S HERNING。

漁師のためのウェアとして製作され始めたニットは、冷たい外気を寄せ付けずに温かく体を包んでくれる、

非常に品質の高いもので、さらにパーツの美しさも他に類を見ない仕上がりです。

その製法や編地は多くのデザイナーたちに尊敬され、次第に世界でも注目されるニットブランドへと躍進していくことになりました。

現在でも伝統的な製法はそのままに、モード感も取り入れた完成度の高いニットを作り続けています。


というブランドです。



元々デンマークでフィッシャーマンニットのメーカーとしてスタートしただけに、

ウール物は現代的なデザインと伝統的なデザインの半々くらいですが、

コットンニットの方は、殆どが現代的なデザインのものばかり。

また、素材もミドル~ハイゲージのものが多くなっています。



それでは詳しく見ていきましょう。

Vネック・・・ではなく、クルーネックにさらに襟付きのカーディガン。

やりすぎてなくて、すんごい良いです。。。イイ。

そしてS.N.S. HERNINGといえば?おなじみのメタルボタンも健在!

そしてこちらもS.N.S. HERNINGとえいばの謎の切り替え。

肩と袖で、編地を変えています。

これは秋冬でも多用されていますが、理由が分かる時もあれば分からない時もある。www

(ちなみに理由を聞きたくても、私、基本的に英語は話せないので分かりません!w)

ですが今回は分かる気がするぅ~~~~~!

背中のラインの上は、「ミラノリブ」という編み方になっています。

コムアーチでも説明したことありますが、ミラノリブというのはニットの中では伸縮性が乏しい編み方。

なので、肩回りにミラノリブを用いると、生地が伸びにくくなって、結果ニットの寿命が延びるよってことなりますね。

そして上腕部。

最近ボクシングで鍛えられた腕にジャストフィットしておりますが、

こちらはリバースプレーンループといい、腕のラインの上は裏編みになってます。

こちらの機能は分かりません。

ね?分かる時と分からない時があるって言ったでしょ!wwwww



そしてデザインもさることながら、素材もかなりハイクオリティ。

実際に手に取った肩がみなさんおっしゃるのは、「光沢がすごいですね!」ということ。

これね、あまり耳慣れないんですが、「ELSコットン=純正エジプト長繊維」という素材を使用し、

おそらくタイトに撚りをかけ度詰めで編むことで、シャリっとする触感を出しています。



というわけで着てみました。

Pants/TENDER Co. (Type132D Wide straight with drivers pocket) ¥50,600-

Shoes/Aurora Shoe Co. (Middle english) ¥29,700-

178㎝ 85㎏の私でLサイズがほどよくフィット。

シャツの上からでも、半袖Tの上からでもOK。肌触りは抜群です!

あとネックの広さが気に入ってます!

一番上までボタンを留めても、ちょうどネクタイの結び目が出るくらい。

職場で着るにも良いと思います。

もったいないなんて思わないでください。

なんといっても、S.N.S. HERNINGの魅力は耐久性です。

これまで様々なニットを着てきましたが、こんな強いニットはあまり見たことありません。

マジで頑丈。(着てる人も頑丈)

そうそう。あとポケットのデザインも気に入ってるんですよね~


この四角くて、リブにくっついちゃってるところとか、テンダーぽくない?ぽくないこれ?

なので、今回のTENDER Co. Type132Dとの相性は最高でした!!!

完全な自己満でございます!wwwww



というわけで、来季からS.N.S. HERNINGの価格が爆上がりするので、気になる方はお早めにどうぞ~。





それではまた。お店で会いましょう。