Blog

diaries blog | Schiesser(シーサー)| HELENA Rib Turtle

※夜の自粛中につき、当面の間18:30閉店です。(割と19時まではいます。)

※コロナ対策実施中です。





ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「貯蓄の日」だそうです。

お金使っても体験・経験という貯蓄が残りますからね。安心して使いましょうね。

と、私も言い聞かせながら使ってますけど。

合言葉は「人生一度きり」。





それでは本日もまいりましょう。

商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】Schiesser(シーサー)

【アイテム】HELENA Rib Turtle

【価格】¥17,600-(税込)

【コメント】

今季はシーサーもだいぶ遅れちゃいました!でもいよいよ秋本番!

長袖の出番はこれからでございます!

というわけで、まずは今すぐ使えるアイテムからご紹介してまいりましょう。

さらに本日ご紹介するアイテムは、またれいによって過去2年間ブログで紹介する前に完売しているやつです。

それはコチラのアイテム。

シーサーのリブ編みタートルネックロングスリーブ。

まず特徴的なのが素材。

コットン50%、モダール50%のリブ編み。

リブなのでストレッチ性に富み非常に動きやすく、インナーに最適な素材。

そして気になるのがモダールという素材。

モダールはレーヨン(人工絹)の1種なのですが、ざっくり言うとレーヨンよりこだわったやつ!

レーヨンというのは、木材から人工的に取り出した素材のことで、

原料は天然素材と言えますが作り方は化学的。なので、半天然繊維であり半化学繊維ということです。

で、今回のモダールが何かというと、

レーヨンが「木材から」というざっくりとした原料に対し、モダールは「ブナの木」から取り出した素材なのだそうです。

だから何なの?ということになりますが、特性としてはレーヨンと同じようにシルクの肌触りはそのままに、

より吸湿発散性に優れているそうなんです。

ということは、肌に触れるカットソーとしてはこれ以上ないくらい最適な素材ということですね!!!!!

でもさすがにモダール100%にしてしまっては、耐久性や風合いを保つのが大変なので、

モダールとコットン半々の配合になったのかもしれません。

以上を踏まえまして、そりゃもうものすごく肌触りが良くて、気持良い素材とご理解いただければ幸いです。

またタートルネックもチクチクが苦手な方にはちょうどいいですね。

さらにタートル部分の構造は、袋状になったネックを折り返しているので、

合計4枚の生地が重なっているにも関わらず、膨らまないのはさすが。

また、それだけ生地が重なっていれば、長年使用しても伸びにくくなります。

気に入ってヘヴィーローテーションになってガシガシ着ても、ほとんどシルエットや風合いが変わりません。

これは便利ですよ!

そしてほんのひと添えの女性らしさを、袖口と裾で感じることができます。

そしてネックの後ろでは、さりげなくブランドロゴを添えて・・・

サイズ展開は、リブ編みで体に合わせてフィットすることを考えて、36=Sサイズを1種類としました。

身長でいうと、155㎝~165㎝くらいの方で大丈夫です。

プレゼントにもしやすいので、男性の方もご検討くださいね~!

それではまた。お店で会いましょう。