Blog

diaries blog | Schiesser(シーサー) | Karl-Heinz Turtle Neck

-コムアーチのイベント開催決定!-

当日はデザイナーの高橋氏も在店いたしますので、是非ともお越しください。

当店でセレクトしている以外のコムアーチの商品も、
イベント中は店頭に並びます。

またデザイナーがピックしたアーカイブもございます。
コムアーチの初期のハンドニットや、
デザインソースの元になったデザイナーの私物まで
ご覧いただけます。

ニットの神髄に触れてください。

絶妙なタイミングで、コムアーチのブランドサイトがリニューアル!!!

http://www.joemc.jp/

是非ともご覧ください!




ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「鉄道の日」だそうです。

昨日のラグビーはすごかった。ラグビーやりたくなっちゃった。

ラグビーで日本が盛り上がる日が来たことに、ふと昔のことを思い出す。

今でも遊ぶ常総学院の時の同級生がいるんだけど、そいつ高校時代はラグビー部のキャプテンでした。

でも常総=野球のイメージでしょ?でもラグビーも強いんですよ。

毎年花園(←野球で言うところの甲子園)行けるかどうかってとこ。

必ず県大会BEST4に行くくらい強いんだけど、話してる時にふと

「俺らがいくら勝ったって、どうせみんな野球しか興味ねえんだもんな~」

ってボソッと言ったのが忘れられない。

チヤホヤされたくてやってるわけじゃないけど、でもその気持ちがなんかすごい人間臭くて良かった。

気は優しくて力持ちのあいつ。たまには飲みでも誘ってみるか。




じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】Schiesser(シーサー)

【アイテム】Karl-Heinz Turtle Neck

【価格】¥14,300-(税込)

【コメント】

またまたタートルです。気が付けば、今季のdiariesのカットソーはクルーネックがほとんどない・・・

やばい。バランス全く考えてなかったわ~。どうしましょ。

MDとか全く考えず、タートルネック&ハイネック見本市になってるので、

ピンポイントでお探しの方は、来た方が良いです。そんで着た方がいいです。

というわけで、シーサーのタートル。略してシートル。

久々の紹介なので、まずはブランド説明からどうぞ。


Schiesser(シーサー)は、1875年創業のドイツの老舗インナーウェアメーカー。

約130年間ヨーロッパ中で愛され続け、創業以来、生地やステッチ、ネームからパッケージに至るまで、

改良を重ね高品質な製品作りを追求し続け、そのクオリティの高さにより今では

ヨーロッパのアンダーウェアのシェアNO.1の18%を締める会社に成長しました。

戦時中はミリタリーサーマル、過去にはOEMでRalph Lauren、PUMA、

LEVIS等のアンダーウェアの生産も手掛けていました。

Schiesser Revivalシリーズは、1950年代のデザインを基本に

60年以上も前の古いニッティングマシーンで生産され、

伝統との豊かな融合、品質と価値、ハイファッションを補う存在として

非常に洗練されたコレクションとなっています。

大量生産の出来ない厳選された上質な素材を使用した製品は、

第2の肌といわれる程の着心地の良さと適度なフィット感。

着込むうちに馴染む素材感、何年経っても型崩れしない耐久性を持ち合わせています。

しかも、1つ1つがレトロなデザインのボックスに入り、製品に対するこだわりが感じ取れます。

SCHIESSER REVIVALにはBASIC LINEとSEASON LINEがあり、

BASIC LINEは定番色(白、黒,紺、グレー)の変わらないデザインのラインで、

SEASON LINEはその時にだけにしか作られない限定のデザイン、生地、色を展開するラインです。

生地は主にエジプト綿を使用し、スイスで糸は撚られます。

絹の様な光沢の撚り糸を使用した高品質のダブルリブや細いリブ、

薄手上質布の前立て部、折り返しのない縁など手間のかかる作業が施され、

カッティングも流行に対するこだわりから肩の凝らないものになっています。


というブランドです。

もはやdiariesには欠かせないカットソーブランド。

こちらはシーサーでは1923年から作られていた形だったのですが、

いつしか廃番となりタートルネックはラインナップにありませんでした。

そして約90年もの時を経て、ついに復刻されたんです!!!!!

スーパーコーマコットンを使用した極上の肌触り。

首まで包まれるとホント幸せな気分になる、というか妙な安心感が出ます。なぜか。

そしてシーサーなりの主張がコチラ。

首裏のタグと、タートル部分にひっそりとあしらわれたブルーのライン。

このさりげない感じがたまんない!ひっそりしすぎ!!!!!

引っ込み思案で心配だから応援したくなるディテールです!

他はこれと言って特筆すべきことはないかな?

あ、でもリブは丈夫で良いですよね。

ヴィンテージライクなライン入りリブ。全然伸びませんよ!

ドイツらしい、質実剛健なカットソーです。

こちらもまだ着たこと無い方は是非!





それではまた。お店で会いましょう。