Blog

diaries blog | Thousand Mile(サウザンドマイル)| 12oz. Pocket T-shirt & Utility Shorts

※7/30(木)・7/31(金)は、休店日とさせていただきます。

※ただいま夜の自粛中につき、18:30閉店です。(19時までは割といます。)



ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「白だしの日」だそうです。

BEAMSのラファエルさんコラボはビックリした!

Twitterでプチ炎上してましたが、そもそもみんな何を期待してるのか?

そもそも期待に副うお金をBEAMSに使っているのか?

罪のない者だけが石を投げよ、というやつ。

ともあれ、4年前のムービーが腰抜かすほどカッコよかったというか、

サンチマンタリスムをビシバシ刺激されるものだったので、

そこからの落差は確かにショックではあります。

が、このムービーの最後にWhat’s next?とある通り、

次はユーチューバーだっただけのことですね!(ファッションではないけど)



実はですね、DIARIESはYou Tubeに動画を2010年11月にアップしてたりします。

ファッションユーチューバーの先駆け!www

さっき見たら12万回?再生されててビビった~w

たまに動画やらないんですか?って聞かれることあるんですけど、

正直テキストを読んで理解できる人じゃないと機微が伝わらなかったり、

動画だと分かりやすすぎて、想像力が欠如していくのが分かるので、やらないだろうな~?





じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】Thousand Mile(サウザンドマイル)

【アイテム】12oz. Pocket T-shirt

【価格】¥6,600-(税込)

【コメント】

なんと4年ぶりの入荷です!

まだ残っててくれました!サウザンドマイル!!!

実は前回セレクトした時、死ぬほど売れなかったのと、

ちょうど日本国内ライセンスで中国製のラインが始まってしまったので、

これはもう終わったかな・・・・・と考えてしまったんですね。

でも久しぶりに展示会で見て、MADE IN USAのタグが誇らしげについているのを見つけてしまったんです。

てっきりライセンスビジネスに魂を売り渡してしまったのかと思ったよ!涙

それがむしろ最高の形で、ライセンス料をしっかり受け取りつつ、

本国では昔ながらのこだわりを細々とだけど貫き続けている。

むしろ4年前よりクオリティは高まっている気がします!!!!!



そんな興奮冷めやらぬ内に、4年ぶりのブランド説明!

THOUSAND MILEは、1993年にアメリカ・サンディエゴに設立されたアウトドアウェアブランド。

アメリカ製であることに誇りを持ち、アメリカ国内で栽培され紡績されたコットンを使用、

さらにサンディエゴにある自社工場にて縫製を行っています。




意外と薄いです!wwwww

いや、この押しつけがましくないところがサウザンドマイルの良いところ。

Tシャツもホントそんな感じ。

もうね、フツーのアメリカ製ポケットTシャツ。

1000人中1000人持っていてほしいポケットTシャツ。

でもこの肌触りはヤバし。

アメリカ綿らしいドライタッチはもちろんあるんだけど、

エジプト綿のようなしっとり感をも感じることができるんです。

こんな良い素材をマイナーなアウトドアブランドであるサウザンドマイルが使っているてのが面白い。

また12オンスという絶妙な厚さ。

比較するなら、グッドウェア以上キャンバー未満て感じ。

中途半端すぎて、狙いが全く分からない。それがサウザンドマイル!www

だから絶妙!言い得て妙!



そして本日はもう1点!

【ブランド】Thousand Mile(サウザンドマイル)

【アイテム】Utility Shorts

【価格】¥12,100-(税込)

【コメント】

ナイロンショーツも届いています!!!!!

何を隠そう、個人的に最も思い入れがあるのがサウザンドマイルのナイロンショーツ!

おそらく、持っている服の中で、太った今も現役で着用することができる唯一の服かも?

というわけで私物。

当時の私といえば、足元は買ったばかりのレッドウイングで、

トップスはGoodwearやChumsばかりの分かりやすい90年代アウトドアスタイル。

基本的にはパンツはリーバイスの66でしたが、夏はさすがにな~と思いショーツを探し、

なんとなく立ち寄った先は、今は無き伝説のセレクトショップ・Labrador Retriever。

ラブラも懐かしいでしょーーーー!!!!!

そのお店で一目ぼれしたのが、サウザンドマイルのナイロンショーツでした。

これがまた履きやすくてね~。

免許合宿もエアジャムもスカオブイットオールもフジロックも、

夏は毎年ずっとそのショーツで過ごしてたから、思い入れがありすぎて。

その分耐久性・履きやすさ・合わせやすさ全て申し分ないのは実証済みです。

それくらいの付き合いなので、展示会で見た時は様々な思い出がフラッシュバックし、立っているのがやっとの状態でした。

思えば当時はこういうマニアックなブランドがたくさんありました。

たとえばPRANAやALTUSなど。

たまに思い出して、自分の店でやってみようかなと思ったりもするのですが、

結構どのブランドも無くなちゃってるんですよ。

そんな現状だからこそ、もうMADE IN USAで続いているっていうだけでありがたいんです。

ほらね、タグのデザインも20年前と全く変わりません。

腰のあたりなんて、ナイロンのくせにアタリ出ちゃってますからね!www



でも、このナイロンのくせに経年変化までしちゃうってのはポイントです。

商品紹介に戻ります。

モーシャンと同じサプレックスナイロンを使用しているので、履き心地も抜群。

先ほどの私物のように、アタリも出ちゃうのもこのせいで、

サプレックスナイロンというのは、ナイロン特有のガサガサ感を抑え、

コットンのような肌触りを狙った素材だからです。

またポケットの下部にハトメとメッシュが設けられていることかも分かるように、

リバーショーツとなっています。

ハトメとメッシュの部分から水が抜けるようになっています。

ガッツリ泳ぐのは難しいですが、川遊びくらいならOK。だからリバーショーツ。

これも非常に気持ちよくて機能的なので、モーシャンショックがちょっとだけ緩和されました。

さらに、私物の20年前のショーツと比べても、

デザインが全く変わってないのもウケますね~!!!

良い物は変わらなくていいんだなっていうのと、

ずっと昔から完成度高かったんだと思います!

何とか残ってくれよ~~~~~!



以上!サウザンドマイルでした!

連休をいただきます!





それではまた。お店で会いましょう。