Blog

diaries blog | Touareg Silver(トゥアレグシルバー) | Bangle 01 -plain bangle-&Bangle 02 -ebony wood bangle-&Bangle 06 -spoon bangle-

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「川の日」だそうです。

地元の方にね、天の川って川が流れてるんですよ。

七夕と関係あるか知らないですけどね。

そしてその隣には恋瀬川って川が流れてて、なんてロマンチックなんだろうとね。

さらにはその天の川と恋瀬川は合流するんですけど、

そこにモニュメントでも建てて、石岡盛り上げたいな~と思うんですよ。

こうやって自分が生まれ育った土地のルーツを掘ったりすると、

老化が始まった気がしますね!!!10年後には立派な老害老害ィ!





じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】Touareg Silver(トゥアレグシルバー)

【アイテム】Bangle 01 -plain bangle-

【価格】¥18,360-(税込)

【コメント】

七夕なんでキラキラしたものを紹介したいなと思います。

やはり夏はシルバー付けたくなりますね!

そしてdiariesのシルバーといえば?

インディアンジュエリーと、このトゥアレグシルバーです。

(あ、今季はインディアンジュエリーフェアできませんでした・・・)

久々のご紹介なので、じっくり説明してまいりましょう。




ブランド名でTouareg Silverと表記してますが、Indian Jewelryのような民族的(フォークロア)なのシルバージュエリーになります。

そこで気になる「Touareg(トゥアレグ)」という言葉。

トゥアレグとは、トゥアレグ族のことで北アフリカに住むベルベル人系の遊牧民だそうです。

ここでまた気になる単語が!?

洋服好きのみなさんなら、聞いたことありますよね?ベルベル人=ベルベルジン!

そう!あの日本一有名な古着屋と言っても過言ではないでしょう!

ちなみにサッカーフランス代表のジネディーヌ・ジダンもベルベル人です!

まあそんなわけで、北アフリカの砂漠を旅する遊牧民がトゥアレグ族。

また彼らは「青き民」、「砂漠の戦士」などとも呼ばれ、(ヤバイ!ナウシカみたい!森の人とか、ユパ様的な・・・)

旅団を襲撃したり警護したりするなどし、交易を行ってきたのだとか。

しかも戦闘民族で武器の扱いに長けており、ラクダに乗って行動するんだそうです。カッコイイ・・・

でもその戦闘力ってけっこうすごいみたいで、、、

非公式ながら、国を主張するレベルだとか!もはや 毐 国(あいこく)!www

さらには映画にもなってるみたい!?!?!?

ここにもありますね、Desert Warrior(砂漠の戦士)と。

トゥアレグ族は手先の器用な方が多く、武器の扱いをすぐに覚えるんだそうです。

おそらく、シルバージュエリーを作っているのも、手先が器用だからという理由もあるのでしょう。



また「青き民」と呼ばれるのはまた違う理由があります。

是非ともビジュアルも検索してご覧になっていただきたいのですが、

上半身を藍染の布で覆って行動するなど、

「青き民」という名に相応しい服装をしていて、これがまた殺風景な砂漠に映えるんですよ!!!!!

ホントに画像を検索すると、ため息が漏れるほどの美しさです。

それがカッコつけてるのかどうかは分からないけど、

その圧倒的な美意識には感服せざるを得ません。



そしてこのトゥアレグシルバーが一躍脚光を浴びることになった出来事があります。

それは、かのエ○メスが彼らにベルトのバックルを作ってもらったこと。

2000年代初頭の頃です。

最近はバングルとかも見ますね。

しかし、あまり多くの人に知られていないのは、遊牧民である彼らの生産態勢が不安定な事、

またはエル○スが求めるディテールやクオリティを、

彼らの性格上受け付けられるものではないことなどが考えられます。

そのせいで供給量が非常に少ないのではないでしょうか?

例えば、彼らは伝統的な柄・形状しか作らず、他のジュエリーのように新しいデザインを作ることはありません。

その家ごとに異なるデザインで、代々作り続けています。

そんな彼らが作るジュエリーがコチラ。

どうしてもインディアンジュエリーと比べてしまいますが、精巧に作られたあちらと比べ、

トゥアレグシルバーの方は素朴な雰囲気のシルバージュエリーです。

が、シルバージュエリーなのに素朴な雰囲気を感じるというミスマッチ感が、個人的には魅力であります。

インディアンジュエリーとは、全く別物だとお考えください。


またトゥアレグシルバーは素材がちょっと特殊。

なんと銀の純度がバラバラなんです!!!

写真だと伝わりにくいんですけど、右の方が若干黄色味がかってます。

これは真鍮がちょっと多くなってしまったんでしょうね。

こういうブレもトゥアレグシルバーの魅力の1つなので、

あまり細かい方にはオススメいたしません。おおらかにね!

だって作ってる環境はこんなんですからね!

このように土の上にゴザ敷いて作るくらいラフだから!

というわけで、なんとも味わい深いトゥアレグシルバーです。



次です。

【ブランド】Touareg Silver(トゥアレグシルバー)

【アイテム】Bangle 02 -ebony wood bangle-

【価格】¥18,360-(税込)

【コメント】

こちらは人気のエボニーウッドバングル。

注目したいのは、まさにデザインのアクセントとなる黒い部分。

なんとこの黒い部分は木を挟み込んで作られています。素材はエボニーウッド。

エボニーウッドとは黒檀という木のことで、アジアからインドを抜けてアフリカまで分布している銘木だそうです。

こちらは接着ではなく、ちゃんとシルバーの芯を通して丁寧に作られています。

なので水にはあまり浸けない方がいいですよ。



次です。

【ブランド】Touareg Silver(トゥアレグシルバー)

【アイテム】Ring 01 -plain rign- & Ring 02 -ebony wood ring-

【価格】¥9,720-(税込)

【コメント】

それぞれのバングルと対になるリングもございます。

揃えるとやはり見た目が締まりますね。

例えば革靴とベルトの色を合わせるように、統一感てのは大事です。



最後。

【ブランド】Touareg Silver(トゥアレグシルバー)

【アイテム】Bangle 06 -spoon bangle-

【価格】¥30,240-(税込)

【コメント】

こちらはいつも気に入って付けてるバングル。

スプーンの柄みたいに太さが変わるので、勝手にスプーンバングルと呼んでます。

単品で付ける時は、これくらいのボリュームが欲しいので。

ちなみにプレーンバングルを付ける時は、サーミブレスと重ね付けすることが多いです。

そういや久々にチープシックを読み返してたら、トゥアレグシルバー載ってたんですね!

放浪の民の中でいちばんエレガント!

やはり美意識が強いってのは、本当なんだと思います!!!



それではまた。お店で会いましょう。